「オウム真理教」とは?

関連ニュース

【「カルト」はすぐ隣に:オウムに引き寄せられた若者たち】坂本弁護士一家殺害事件から30年 - 12月10日(火)01:01  newsplus

【「カルト」はすぐ隣に:オウムに引き寄せられた若者たち】坂本弁護士一家殺害事件から30年 "Z世代"がカルトから身を守るために知っておきたいこと 2019.12.3 11:35 「カルト」はすぐ隣に: オウムに引き寄せられた若者たち (岩波ジュニア新書) 江川 紹子 1995(平成7)年に発生し、当時の日本社会を戦慄させた地下鉄サリン事件。死者13人、6000人以上の被害者を出し、今もなお後遺症に苦しむ人が存在します。その一方で、平成生まれの若い世代の中には、事件の詳細を知らない方も多いのではないでしょうか?  そん...
»続きを読む
カテゴリー:

オウム事件受け成立の「団体規制法」 引き続き存続の方針 法相 - 11月29日(金)10:34 

森法務大臣は記者団に対し、オウム真理教による一連の事件を受けて成立した「団体規制法」が来月、見直しの期限を迎えることについて、引き続き活動状況を明らかにする必要があるとして、法律を存続させる方針を明らかにしました。
カテゴリー:

札幌の「アレフ」施設に立ち入り検査 松本元死刑囚の説法を収録した教材など保管 北海道 - 11月27日(水)11:38 

26日、公安調査庁が、札幌市白石区にあるオウム真理教の後継団体「アレフ」の施設に立ち入り検査を行いました。2019年11月27日(水) 11時37分 更新
カテゴリー:

死刑執行以降、オウム真理教の麻原彰晃を不当に貶める人が多くないか?もっと評価されてもいいはず - 11月25日(月)17:28  poverty

全く評価されないのは、おかしい。 https://www.youtube.com/watch?v=Oz3L8A08Zbg https://www.youtube.com/watch?v=b0IoNwfluT0 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「オウムと同一性がある」 アレフ観察処分取り消し認めず 東京高裁 - 11月20日(水)19:13 

 オウム真理教の後継団体「アレフ」が、団体規制法に基づく国の観察処分を取り消すよう求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は20日、1審判決と同様に「オウムと同一性がある」と認めて処分は適法だとし、アレフ側の請求を棄却した。
カテゴリー:

【アレフ】京都のアレフ信者を逮捕 銀行口座を不正開設疑い - 12月04日(水)22:34  newsplus

 京都府警は4日、他人に譲り渡す目的で不正に銀行口座を開設したとして、詐欺容疑でオウム真理教の後継団体「アレフ」の信者で職業不詳、村川奈々恵容疑者(40)=京都市南区=と、職業不詳吉田暁弘容疑者(41)=同市伏見区=を逮捕した。府警は吉田容疑者とアレフの関連を調べている。  府警は4日、京都市南区や大阪市生野区のアレフの関連施設など8カ所を家宅捜索した。  逮捕容疑は共謀して2015年10月、京都市内の銀行で、村川容疑者に譲渡する目的で吉田容疑者が口座開設を申し込み、通帳とキャッシュカードをだまし取った疑...
»続きを読む
カテゴリー:

【路上射殺】逮捕の男「30発くらい撃った」 神戸山口組幹部射殺事件 - 11月28日(木)21:50  newsplus

兵庫県尼崎市の路上で指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部(59)が射殺された事件で、 銃を所持していたとして京都府警に現行犯逮捕された男が調べに対し「全部1人でやった。30発くらい撃った」 と銃撃を認める供述をしていることが28日、捜査関係者への取材で分かった。 事件は山口組と神戸山口組の対立抗争の一環とみられ、兵庫県警はこの男が事件に関与したとみて殺人容疑でも捜査を進める。 逮捕された男は愛知県江南市の無職、朝比奈久徳容疑者(52)。捜査関係者によると、古川幹部は自動小銃で頭や腹などを狙い...
»続きを読む
カテゴリー:

オウム真理教後継団体「アレフ」施設に立ち入り検査 札幌の“全国最大規模”施設 公安調査庁 北海道 - 11月26日(火)17:15 

公安調査庁は26日、札幌市白石区にあるオウム真理教の後継団体「アレフ」の施設に立ち入り検査を行いました。2019年11月26日(火) 17時00分 更新
カテゴリー:

アレフの観察処分取り消し、2審も敗訴 東京高裁「オウムと同一」 - 11月20日(水)20:09 

 オウム真理教の後継団体「アレフ」が、団体規制法に基づく国の観察処分を取り消すよう求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は20日、1審判決と同様に「オウムと同一性がある」と認めて処分は適法だとし、アレフ側の請求を棄却した。
カテゴリー:

「ひかりの輪」の名誉毀損の訴え退ける 東京地裁 - 11月20日(水)00:14 

オウム真理教の元幹部が代表を務める「ひかりの輪」が、国による観察処分の更新の際、調査書でサリン事件を正当化する発言があったなどと書かれ、名誉を傷つけられたと訴えた裁判で、東京地方裁判所は訴えを退けました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「オウム真理教」の画像

もっと見る

「オウム真理教」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる