「エールフランス」とは?

関連ニュース

KLMオランダ航空、創立100周年記念日100日前の祝賀イベントを開催 「Fly Responsibily」計画を発表 - 07月12日(金)11:58 

KLMオランダ航空は、10月7日に創立100周年を迎えるにあたり、残り100日となる6月29日に、アムステルダム・スキポール空港にて祝賀イベントを開催した。 この日同社は世界各国のメディアで意見広告を展開し、「Fly Responsibly(責任ある航行)」計画の下で、より持続可能な航空産業の未来を追求するためにあらゆる業界関係者に利害を超えた協力を求めた。同社が属するエールフランス・KLMグループは過去14年間継続してダウ・ジョーンズ・サステナビリティでトップ3の地位を維持しているなど、CO2削減の面で航空産業を牽引しており、最近では、デルフト工科大学と共同して「フライングV」と呼ばれる燃費効率の良い機体の開発に着手するなど様々な取り組みを行っている。 また、同社では創立100周年に関する最新ニュースや歴史映像を特設サイト上で公開するほか、記念グッズのオンライン販売なども行う。 ⇒詳細はこちら 投稿 KLMオランダ航空、創立100周年記念日100日前の祝賀イベントを開催 「Fly Responsibily」計画を発表 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

航空券に最大18ユーロ-仏政府の新税計画、エール.. - 07月10日(水)23:40 

航空券に最大18ユーロ-仏政府の新税計画、エールフランスが批判
カテゴリー:

航空券に最大18ユーロ-仏政府の新税計画、エール.. - 07月10日(水)15:20 

航空券に最大18ユーロ-仏政府の新税計画、エールフランスが批判
カテゴリー:

エイビーロード エアライン満足度調査2019、トップにシンガポール航空 2位はANAとJAL - 07月04日(木)12:14 

リクルートライフスタイルの研究機関、エイビーロード・リサーチ・センターは、2018年に渡航をした18歳以上の男女を対象に、国際線エアラインの満足度調査を実施し、結果を発表した。 総合満足度では、前年4位のシンガポール航空が、3年ぶり9度目の1位となり、2位には同1位の全日本空輸(ANA)、同2位の日本航空(JAL)が並んだ。4位には同3位のエミレーツ航空、5位には昨年調査対象外だったニュージーランド航空がランクインした。トップ20には格安航空会社(LCC)として唯一、バニラエアが16位に入った。 部門別では、「航空機の機材、設備」と「機内飲食サービス」はエミレーツ航空、「客室乗務員の接客サービス」と「空港内の航空会社職員の接客サービス」、「機内エンターテインメント」ではANAがトップだった。 最もコストパフォーマンスが良いと評価されたのは、カタール航空、ターキッシュ・エアラインズ、バニラエアの順。LCCでは、4位にピーチ、7位にタイガーエア・台湾、9位にスクート、10位にジェットスター航空が入り、LCC5社がトップ10に入った。 ■航空会社の総合満足度トップ20 1位:シンガポール航空 2位:全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL) 4位:エミレーツ航空 5位:ニュージーランド航空 6位:カタール航空 7位:ターキッシュ・エアラインズ、フィンエアー 9位:KLMオランダ航空 10位...more
カテゴリー:

長距離路線で過去最高実績 - 07月11日(木)18:00 

2019年7月9日 ローマアリタリア-イタリア航空 2019年6月、旅客収入は更に増収となりました。旅客収入は4.4%の増収を記録し、10.6%増を記録した2018年6月を上回りました。旅客数についても、対前年同月比2.2%の増加を記録しています。この成長は、今年上半期コーポレートセグメントが4.6%の増収を達成していることに示されている通り、高付加価値セグメントにおける新たなポジョニングによるものです。ここには、ビジネスクラスの旅客数の5%の増加が含まれています。また、中小企業向けプログラムも順調で、今年上半期50%の増収を達成しています。これらは運航ネットワークを広げ、長距離大陸間路線へ投資したことによる、ポジティブな成果と言えます。6月の長距離路線においては、 前年比4.7%旅客数が増加し、277,617人のご利用がありました。2009年以来最高の記録です。旅客収入も前年比 5.3%増の1億2,616万ユーロに達し、2018年8月以降過去10か月において最高です。アリタリアが提供するサービスに対する乗客の評価も良好に推移しています。2019年前半には、サービスに満足した乗客の割合(*電子メールでフォームを返信してくださったお客様による"優秀" "非常に良い"または "良い"という評価)は90%という高い割合となり、前年同期比4%増。実際に利用した旅客が、友人や親戚にその会社を...more
カテゴリー:

仏政府、航空運賃に環境税 最大18ユーロ、エール.. - 07月10日(水)18:36 

仏政府、航空運賃に環境税 最大18ユーロ、エールフランスが猛反発
カテゴリー:

フランス政府、国内出発便に最大18ユーロの環境税導入 航空業界は反発 - 07月10日(水)07:36 

フランス政府は、フランス国内を出発するフライトを対象に環境保護を目的とした税金を、2020年から新たに課す方針を決めた。 フランス国内とEU域内のエコノミークラスは1.5ユーロ、ビジネスクラスは9ユーロ。EU域外へのエコノミークラスでは3ユーロ、ビジネスクラスは18ユーロとなる。1億8,200ユーロの税収が見込まれ、鉄道などの環境負荷が少ないインフラの整備に充てる。 EU域内では、大手航空会社と格安航空会社(LCC)間の競争が激しさを増しており、特にフランスを拠点とするエールフランス航空にとって、競争力を失う可能性もある。 エールフランス航空は同日、導入に反対する声明を発表し、「国内GDPの1.1%を占める同社の競争力を著しく低下させる」と激しく非難した。年間6,000万ユーロ以上の追加費用がかかるほか、2018年に1億8,000万ユーロの損失を計上したフランス国内線にも影響が及びかねないとした。さらに、徴収した税金を陸上輸送などの競争力のある輸送手段の発展に充てることについても、「一層理解ができない」とした上で、二酸化炭素排出量削減に向けた取り組みを進めていることを強調した、 投稿 フランス政府、国内出発便に最大18ユーロの環境税導入 航空業界は反発 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

エールフランス航空、2億1,000万個の使い捨てプラスチック製品を廃止 年末までに - 06月29日(土)10:41 

エールフランス航空は2019年末までに、2億1,000万個の使い捨てプラスチック製品を廃止する。 世界環境デーの6月5日に発表したもので、1,300トンの使い捨てプラスチック製品の利用を止め、航空会社として遵守すべき規則や衛生上の決まりをクリアした、環境に配慮した代替品を提供する。1億個のプラスチックコップは紙素材、8,500万個のプラスチック食器はバイオ素材、2,500万本のプラスチックマドラーは木製になる。 同日のエールフランス航空のパリ発デトロイト行きAF378便では、使い捨てプラスチック製品の代わりにバイオ素材の製品を提供した。ボーイング787-9型機で運航する同便は、従来機と比べて、使用燃料を20%削減している。 2015年にはプラスチック製ストローを廃止し、2018年からは飛行時間が8時間半から10時間半までの長距離線で、軽食を食器を使わない「ボナペティ」バッグでサービスしている。 ⇒詳細はこちら 投稿 エールフランス航空、2億1,000万個の使い捨てプラスチック製品を廃止 年末までに は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

「エールフランス」の画像

もっと見る

「エールフランス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる