「エルサ」とは?

関連ニュース

ダウン症の子どもたちが、アリエルやエルサに変身した写真がかわいすぎる…! - 12月07日(土)11:11 

「ダウン症の人々は、幸せな人生を生きているだけでなく、周りにいる人々の暮らしも豊かにする力を持っているんです」View Entire Post ›
カテゴリー:

プロ阿波踊り集団「寶船」、中米カリブ地域5ヶ国11都市17公演の大規模ツアーが決定!各国の国立劇場や中米最大のカーニバル、ホンジュラス外交85周年記念式典へ出演 - 12月06日(金)17:00 

年間300ステージ・累計世界16ヶ国47都市で活動を展開する日本唯一のプロ阿波踊りグループ「寶船(たからぶね)」をマネージメントする一般社団法人アプチーズ・エンタープライズ(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:米澤萌)は、2020年2月から3月にかけて中米カリブ地域5ヶ国11都市をめぐり17公演を実施する大規模阿波踊りツアーを行うことが決定致しました。本事業は国際交流基金文化事業部海外派遣助成プログラムの助成を受け、国際交流基金メキシコ日本文化センター、グアテマラ・ホンジュラス・コスタリカ・エルサルバドルの各国大使館や現地実行委員会との共催で実施されます。
カテゴリー:

『アナ雪2』感想漫画の投稿で、ウォルト・ディズニー・ジャパンが謝罪。「伝達上のミス」とステマの意図は否定(声明全文) - 12月06日(金)11:44 

ディズニー最新作『アナと雪の女王2』の感想を描いた漫画を複数の漫画家がほぼ同時刻に一斉に発信し、「ステルスマーケティングだ」などと批判が相次いでいたことについて、ウォルト・ディズニー・ジャパンが12月5日、公式サイトにお詫びを掲載した。事の発端は12月3日の午後7時頃、ディズニー最新作『アナと雪の女王2』を観たとみられる複数の漫画家が、「#アナ雪2と未知の旅へ」というハッシュタグとともに、ほぼ同時刻に一斉にツイッターで感想を描いた漫画を発信したこと。ウォルト・ディズニー・ジャパンは、「『アナと雪の女王2』感想漫画企画」と題し、クリエイター7人に映画を鑑賞させ、感想漫画をツイッターに投稿してもらう企画を宣伝PRの一環として実施していた。これに対しネット上では、報酬などを受け取った上で、何らかの宣伝・広報であることを消費者などに隠して行う活動である「ステルスマーケティング」ではないかなどと批判が相次いでいた。アナ雪2のエルサが可愛いすぎるとアレンデール国民の私が熱く語っているだけの漫画。(※エルサが可愛いというネタバレがあるので注意)#アナ雪2と未知の旅へ#アナと雪の女王2pic.twitter.com/UXXiHivXZ0— 道雪 葵@ 日曜日西地区 "ま "22a (@michiyukiaporo) December 3, 2019個人的なアナ雪2の...more
カテゴリー:

『アナと雪の女王2』はなぜ“大人向け”の作品だと感じるのか?「姉妹愛」のウラで描かれていたこと【考察】 - 12月06日(金)07:30 

11月22日に公開されたディズニー最新作『アナと雪の女王2』の勢いが止まらない。公開10日目での興行収入・40億円突破は、『トイ・ストーリー4』を超えて、ディズニー・ピクサー制作の全作品の中で最短記録となった。前作『アナと雪の女王』から5年。これから続編を観る人は、「アナとエルサの“姉妹愛”がどう描かれるのか」「また子どもたちを巻き込む社会現象になるのか」などと様々な期待を抱いて観ることだろう。だが、作品を見終えた後の私は、この続編は“大人のためのアナ雪”だったと感じた。ネット上の感想をみても、「前作より大人向けだった」との声はかなり多い。なぜなのだろうか?その理由を紐解くと、ディズニーが“裏テーマ”として作品を通じて伝えたかったメッセージが存在するように思えてくる。それは何なのか、考えてみた。(※ここから先は、内容のネタバレを一部に含んでいます)昨今のディズニー作品には、“ある共通点”が存在する『アナと雪の女王2』が描く最大のテーマは、「なぜ、エルサは力を与えられたのか」というもの。その謎に迫っていくという展開で、ハッピーエンドで終わった前作の3年後が舞台だ。自らが納めるアレンデール王国で平穏に暮らすエルサはある日、“不思議な歌声”を聴く。その歌声に自身の力の謎...more
カテゴリー:

エルサルバドル共和国へ水槽付き消防自動車と救急車を12月2日に寄贈 日本の救急車両が海外で活躍 - 12月05日(木)13:00 

宅配ボックス業界シェアNo.1の株式会社フルタイムシステム株式会社(代表取締役社長:原 幸一郎、本社:東京都千代田区 以下「フルタイムシステム」)は、社会貢献・国際援助事業の一環として2013年よりエルサルバドル共和国へ消防自動車と救急車を寄贈しています。今年の12月2日に、東京都の消防機関で更新時期を迎えた水槽付き消防自動車と救急車をエルサルバドル本国への輸送に協力しました。当社は、継続的に緊急車両の寄贈をしています。今回で8回目を迎え、合計輸送台数は救急車10台、ポンプ車4台、水槽付ポンプ車7台、化学消防車1台となりました。  今回の車両は東京都より譲渡を受け、フルタイムシステムがハンドル交換、装備品の充当等の車体整備費用を受け持ち駐日エルサルバドル共和国特命全権大使へ寄贈しています。■東京都より譲渡を受け、エルサルバドルへ寄贈 2013年より毎年(2016年を除く)、エルサルバドル共和国へ緊急車両を寄贈しています。日本消防協会や公共機関よりエルサルバドル共和国が寄贈を受け、弊社が車体整備費用を受け持ち、輸送しています。  今回、東京都より寄贈を受けた緊急車両は、2000Lの水槽付き消防自動車と救急車の計2台です。インフラ整備がされていないエルサルバドルの地域の消火活動において、大量の水を確保・積載して初期消火に対応できることから、大きな効果を発揮されることが期待されます。■エ...more
カテゴリー:

『アナ雪2』の見どころ QUEENオマージュや隠れキ.. - 12月06日(金)23:00 

『アナ雪2』の見どころ QUEENオマージュや隠れキャラ登場も 映画が始まった直後、幼いアナとエルサが遊ぶ氷の人形の中に、ベイマックスやダンボの姿が。さらに、一部の米国メディアによると“トトロ”も潜んでいるという。 #アナと雪の女王2 #アナ雪2 #QUEEN
カテゴリー:

プロ阿波踊り集団「寶船」、中米カリブ地域5ヶ国11都市17公演の大規模ツアーが決定!各国の国立劇場や中米最大のカーニバル、ホンジュラス外交85周年記念式典へ出演 - 12月06日(金)17:00 

年間300ステージ・累計世界16ヶ国47都市で活動を展開する日本唯一のプロ阿波踊りグループ「寶船(たからぶね)」をマネージメントする一般社団法人アプチーズ・エンタープライズ(所在地:東京都武蔵野市、代表理事:米澤萌)は、2020年2月から3月にかけて中米カリブ地域5ヶ国11都市をめぐり17公演を実施する大規模阿波踊りツアーを行うことが決定致しました。本事業は国際交流基金文化事業部海外派遣助成プログラムの助成を受け、国際交流基金メキシコ日本文化センター、グアテマラ・ホンジュラス・コスタリカ・エルサルバドルの各国大使館や現地実行委員会との共催で実施されます。
カテゴリー:

「アナ雪」は新しいプリンセス像を描いてるけど…。娘に絵本『村娘と王女』を読んでほしい理由 - 12月06日(金)07:53 

パートナーが異性でも同性でも、堂々と親のもとに連れてきてほしい。もし友人がパートナーを連れてきたら、相手の性別がどうあれ祝福できる人であってほしい。娘がまだ0歳のころから、こんな願いを抱いてきた。 娘は、セクシュアル・マイノリティかもしれない。娘は、同性を愛するかもしれない。もしそうだとしたら、きっと生きづらさを感じることがあるだろう。それでも、親が小さい頃から伝えていけば、自己肯定していけるのではないか。そう考えていた私が見えない壁の厚さに気づいたのは、娘が1歳になる前のことだ。娘を連れて通う児童館は、ディズニー作品などのプリンセスに憧れる幼女であふれていた。 瞬時に悟った。小学校入学前後の女の子にとって、おそらく「王子と姫の恋物語」は“絶対的正義”なのだ。そして娘は、そんな世界観に触れながら生きていく。3年以上、ずっと頭を悩ませてきた。かわいいプリンセスたちの魅力的な物語が、知らず知らずのうちに、子どもたちに価値観の呪縛を植え付けることにはならないだろうか。どうしたら、その呪縛を解くことができるのだろうか。プリンセスに熱狂する1歳児 娘が最初に好きになったプリンセスは、ディズニー映画の『アナと雪の女王』のエルサだ。1歳半のときだった。きっかけは、保育園の一つ年上の女の子。『アナ雪』ファンの彼女に憧れ、主題歌の「Let it ...more
カテゴリー:

【考古学】聖書の「悪役」イエスの処刑を認めたピラト総督、実は巡礼道を造っていた? 研究 - 12月05日(木)14:54  newsplus

■イエスの処刑を認めたピラト総督、神殿への階段を建造か、異論も ポンテオ・ピラトは、キリスト教徒とユダヤ教徒から大いに嫌われている。理由のひとつは、紀元30年頃に行われたイエスの処刑において、彼が重大な役割を果たしたからだ。また、その冷酷な支配は、およそ40年後にユダヤ人がローマ帝国に対して蜂起したユダヤ戦争につながった。  ところが最新の調査によると、ローマ帝国各地からの旅人やユダヤ人巡礼者を数多く惹きつけたエルサレムの整備に、ピラトがかなりの時間と金銭を費やしていたという研究結果が、10月21日付...
»続きを読む
カテゴリー:

田口(U18)、テクニカル準V  SUP世界選手権 オープンクラス 奥秋、2部門3位 - 12月05日(木)12:53 

 専用の細長いボードに立ちパドルを漕いで競うマリンスポーツのスタンドアップパドルボード(SUP)の世界選手権「ISAワールドサップアンドパドルボードチャンピオンシップ2019」が11月24日から12月1日まで、中米のエルサルバドルで行われた。5部門に出場した田口頼(16)=今帰仁村、八洲学園大国際高1年=がU18クラス...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「エルサ」の画像

もっと見る

「エルサ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる