「エコノミークラス症候群」とは?

関連ニュース

「RehaVR」、「空港から始まる想い出の空想旅」がテーマの新コンテンツ開始 - 11月28日(土)13:00 

silvereye株式会社が提供するVRヘルスケアソリューション「RehaVR」に、同社とANAホールディングスが共同展開する新コンテンツが登場する。 また、「RehaVR」の開発・効果検証に携わってきた学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学の今泉一哉教授が新コンテンツに関しても効果検証を行うようだ。 世界の空港を起点とした映像コンテンツ 「RehaVR」は、VRヘッドマウントを装着した利用者が上映される360度動画を見ながら足こぎペダルで散歩運動を行うVRリハビリキット。利用者の見る映像がペダルの動きと連動しリアルタイムに変化していくというものだ。 現在提供されている動画コンテンツは、各地の観光都市や自然の景色、秋田犬との散歩など160個あり、楽しみながらリハビリを続けられるサービスとして全国13施設に提供中。 リハビリを継続するには「楽しさ」は必要不可欠であり、silvereyeは、利用者の楽しみを引き出すコンテンツを考えるなかで「旅行」というキーワードに行き着く。そしてANAHD独自制作の「空港から始まる想い出の空想旅」をテーマとした世界の空港を起点とする360度パノラマ観光映像コンテンツを「RehaVR」上で共同展開することとなった。 まずは、旭川空港を起点とした「ラベンダー畑、青い池を含む北海道 富良野・美瑛散歩」から順次開始していくとのこと。 引き続き「...more
カテゴリー:

エコノミークラス症候群対策 弾性ストッキング、災害時供給で協定 群馬県と協会 - 11月18日(水)16:39 

 群馬県は16日、エコノミークラス症候群の予防策となる「弾性ストッキング」を災害時に優先供給してもらうため一般社団法人「災害用弾性ストッキング協会」(東京都)と協定を締結した。人との接触を避けられる車中泊は、新型コロナウイルス対策で重要視されているが、通常の避難所生活以上にエコノミークラス症候群にな
カテゴリー:

「エコノミークラス症候群」の画像

もっと見る

「エコノミークラス症候群」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる