「エコノミークラス」とは?

関連ニュース

成田―ローマ、またローマ経由イタリア26都市、ローマ経由ヨーロッパ主要都市往復が20%オフ - 01月27日(月)09:00 

アリタリア-イタリア航空では、成田発ローマ行き直行便往復、および、ローマ経由でイタリア国内1都市往復、ローマ経由ヨーロッパ主要都市往復の航空券を期間限定で20%割引で販売します。成田―ローマ間は3クラス制で、マニフィカ・ビジネスクラス、プレミアム・エコノミークラス、エコノミークラスがありますがすべてのクラスが対象です。対象便:AZ785 成田 9:55 ローマ 15:55(同日到着) 水金日出発AZ784 ローマ 11:00 成田 6:20(翌日到着) 火木土出発および、上記フライトとローマ経由で乗り継ぎするイタリア国内線とイタリアーヨーロッパ線販売期間: 2020年1月24日日本時間9:00~2020年1月28日23:59まで旅行期間: 2020年4月1日~2020年7月20日のフライトが対象です。販売クラス: マニフィカ・ビジネスクラス、プレミアム・エコノミークラス、エコノミークラス販売はアリタリアの日本語ホームページ オンライン・ブッキング限定です。ホームページで公開するEクーポンコードを入力してご購入ください。https://www.alitalia.com/ja_jp/offers/all-offers/special-deal-ciao20.htmlお問合せ先:アリタリア広報・宣伝 03-5413-8138アリタリア・コールセンター(03-4589-4629)コールセン...more
カテゴリー:

エアバス、ANAへ引き渡しのA380型機3号機、塗装完了 サンセットオレンジ塗装 - 01月24日(金)22:38 

エアバスは、現地時間1月25日、ドイツ・ハンブルクで、全日本空輸(ANA)が導入するエアバスA380型機の3号機の塗装を完了し、工場からロールアウトした。 ANAが3機導入する、エアバスA380型機の最後の機体で、生産中止が決まっている同型機をエミレーツ航空を除いて最後に受領する航空会社になる。「空飛ぶウミガメ」を意味する「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」の愛称で、それぞれ異なるウミガメの塗装を施しており、3機目はハワイの「夕陽」をイメージした、サンセットオレンジの塗装を施した。17日間で約120人が塗装作業を行ったといい、930種類のステンシル、16色の塗料を使用した。 初号機はハワイの「空」をイメージしたブルーの機体で、2019年3月20日に引き渡され、5月24日から路線投入を開始した。2号機はハワイの「海」をイメージしたエメラルドグリーンの機体で、2019年5月17日に引き渡され、6月18日から路線を投入を開始した。就航当初は週3便体制で運航していたものの、機材の拡充とともに運航便数を増やしており、現在は週10便を運航している。発注した3機がすべて揃うことから、7月1日からは1日2便体制で運航する。 客室1階には全席をエコノミークラスで338席、2階にはファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席の計520席を配置。 ファーストク...more
カテゴリー:

ソラシドエア、大分〜台北/桃園線でチャーター便 3月に2往復 - 01月24日(金)16:51 

ソラシドエアは、大分〜台北/桃園線で3月にチャーター便を運航する。 運航日は3月19日・22日で、それぞれ1往復を運航する。エコノミークラス174席を配置したボーイング737-800型機を使用する。 大分発のツアーは、ツアー・ウェーブが企画・販売する。台北/桃園発のツアーは、現地販売販売総代理店を通じて販売していく。 ソラシドエアの営業担当者は、「2018年7月に実施した大分〜台北/桃園の国際線チャーター便は、大変ご好評いただきました。今回は、学生やファミリー層の方にもご利用いただきやすい春休みの時期に設定し、大分空港から直行で「台湾旅」をお楽しみいただけます。今年10月、弊社は大分空港就航10周年を迎えます。今後も海外のお客様へ大分の魅力を発信できるよう努めてまいります」とコメントした。 ■ダイヤ 6J9167 大分(08:20)〜台北/桃園(09:55)/3月19日 6J9167 大分(12:40)〜台北/桃園(14:25)/3月22日 6J9168 台北/桃園(11:25)〜大分(14:35)/3月19日 6J9168 台北/桃園(15:55)〜大分(19:05)/3月22日 ⇒詳細はこちら 投稿 ソラシドエア、大分〜台北/桃園線でチャーター便 3月に2往復 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ソラシドエア、東京/羽田〜長崎線で臨時便 2月に4日間 - 01月23日(木)20:00 

ソラシドエアは、東京/羽田〜長崎線で2月に4日間、臨時便を運航する。 運航日は、2月14日・16日・21日・23日の計4日間で、いずれも各日1往復を運航する。機材はエコノミークラス174席もしくは176席を配置した、ボーイング737-800型機を使用する。 特定便割引運賃のバーゲンシリーズや特売りシリーズも設定する。航空券の販売は、1月24日午前9時30分から開始する。 ■ダイヤ SNJ41 東京/羽田(15:40)〜長崎(17:40)/2月14日・16日・21日・23日 SNJ32 長崎(18:25)〜東京/羽田(20:00)/2月14日・16日・21日・23日 ⇒詳細はこちら 投稿 ソラシドエア、東京/羽田〜長崎線で臨時便 2月に4日間 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ANA、東京/羽田〜青島線を開設 3月29日から1日1便 - 01月23日(木)15:12 

全日本空輸(ANA)は、東京/羽田〜青島線を3月29日に開設する。 機材は、ビジネスクラス42席、エコノミークラス198席の計240席を配置した、ボーイング787-8型機を使用する。合わせて、東京/成田〜青島線の機材を、ボーイング787-8型機からエアバスA320neoに、5月、7月、8月を除いて小型化する。 東京/羽田〜青島線は、ANAのみが運航する路線となる。航空券の販売は、1月27日午後2時より順次開始する。 ■ダイヤ NH949 東京/羽田(09:55)〜青島(12:30) NH950 青島(13:30)〜東京/羽田(17:35) ⇒詳細はこちら 投稿 ANA、東京/羽田〜青島線を開設 3月29日から1日1便 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

スターラックス航空、運航開始 まずは東南アジア3路線、22年に北米線開設へ - 01月25日(土)16:12 

台湾の新規航空会社、スターラックス航空は、1月23日に運航を開始した。 台北/桃園〜マカオ・ダナン・ペナン線の3路線を展開し、台北/桃園〜マカオ線は1日3便、台北/桃園〜ダナン線は1日2便、台北/桃園〜ペナン線は1日1便を運航する。エアバスA321neoを3機保有し、まずは東南アジアに路線を展開。2022年にもエアバスA350型機で北米路線を展開する見通し。 A321neoには、フルフラットになるビジネスクラス8席と、エコノミークラス180席の計188席を配置。ビジネスクラスには15.6インチ、エコノミークラスには10.1インチのモニターを設置し、Wi-Fiも提供する。著名ジャズミュージシャンのピーター・ホワイト氏による搭乗時の音楽、3Dアニメーションの機内安全ビデオ、ミシュランのスターシェフによる機内食など、高品質なサービスで差別化を図る。 スターラックス航空は、エバー航空を傘下に持つ長栄集団の創業者で、2016年1月に死去した張栄発氏の四男である張國煒氏が設立した。長距離路線用機材として、エアバスA350型機17機を、2019年3月に確定発注している。 ■ダイヤ JX201 台北/桃園(07:30)〜マカオ(09:25)/月・火・金 JX201 台北/桃園(07:25)〜マカオ(09:25)/水・木・土・日 JX203 台北/桃園(13:15)〜マカオ(15:10)/月・火・水...more
カテゴリー:

ANA、東京/成田〜成都線を増便 2月18日から1日1便 - 01月24日(金)19:05 

全日本空輸(ANA)は、東京/成田〜成都線を2月18日より増便する。 毎年、需要が低い冬期スケジュール中は減便しており、今冬スケジュール期間中は週4便を運航している。機材はビジネスクラス35席、エコノミークラス167席の計202席を配置した、ボーイング767-300型機で運航する。 ■ダイヤ NH947 東京/成田(17:25)〜成都(22:25) NH948 成都(09:00)〜東京/成田(15:20) ⇒詳細はこちら 投稿 ANA、東京/成田〜成都線を増便 2月18日から1日1便 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

JAL、東京/羽田〜ロンドン線の機材大型化 羽田深夜早朝発着便に777、ファーストクラス設定 - 01月24日(金)11:52 

日本航空(JAL)は、東京/羽田〜ロンドン線の一部便の機材を大型化する。 東京/羽田を深夜に出発し、ロンドンには早朝に到着するJL041便と、ロンドンを朝に出発し、東京/羽田には早朝に到着するJL042便に、ファーストクラス8席、ビジネスクラス49席、プレミアムエコノミークラス40席、エコノミークラス147席の計244席を配置した、スカイスイート仕様のボーイング777-300ER型機を投入する。 JALの空席照会画面によると、投入期間は3月30日から8月31日まで。 なお、現在はビジネスクラス38席、プレミアムエコノミークラス35席、エコノミークラス88席の計161席を配置した、スカイスイート仕様のボーイング787-8型機を使用している。 ■ダイヤ JL041 東京/羽田(01:55)〜ロンドン(06:25) JL042 ロンドン(09:40)〜東京/羽田(05:25+1) ⇒詳細はこちら 投稿 JAL、東京/羽田〜ロンドン線の機材大型化 羽田深夜早朝発着便に777、ファーストクラス設定 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

シンガポール航空、大阪/関西〜シンガポール線にエアバスA380型機投入 年末年始に - 01月23日(木)19:53 

シンガポール航空は、大阪/関西〜シンガポール線にエアバスA380型機を、12月1日から2021年1月3日まで投入する。 ボーイング787-10型機で運航する、大阪/関西を午前11時に出発するSQ619便、シンガポールを午前1時30分に出発するSQ618便の機材を置き換える。 スイート12席、ビジネスクラス86席、プレミアムエコノミークラス36席、エコノミークラス245席の計379席を配置した機材で運航する。ファーストクラスとプレミアムエコノミークラスのサービスを提供することになり、期間中、約3,000席を追加供給することになる。 ■ダイヤ SQ619 大阪/関西(11:00)〜シンガポール(17:00) SQ618 シンガポール(01:30)〜大阪/関西(08:45) ⇒詳細はこちら 投稿 シンガポール航空、大阪/関西〜シンガポール線にエアバスA380型機投入 年末年始に は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ANA、東京/成田〜ウラジオストク線を増便 3月29日から週3便 - 01月23日(木)15:08 

全日本空輸(ANA)は、3月16日に週2便で開設する東京/成田〜ウラジオストク線を、3月29日から週3便に増便する。 当初運航する月・金曜の週2便に、水曜の運航を加える。機材はビジネスクラス8席とエコノミークラス138席の計146席を配置した、エアバスA320neoで運航する。 ウラジオストクを含むロシア極東地域への訪問は、2017年8月から日本人などを対象とした電子ビザにより簡単に渡航できるようになった。観光など一部のと項目的に限られ、有効期限は入国から8日以内となる。 ■ダイヤ NH883 東京/成田(10:10)〜ウラジオストク(13:30)/月・水 NH883 東京/成田(12:10)〜ウラジオストク(15:30)/金 NH884 ウラジオストク(14:35)〜東京/成田(15:50)/月 NH884 ウラジオストク(14:45)〜東京/成田(16:00)/金 NH884 ウラジオストク(16:30)〜東京/成田(17:45)/水 ⇒詳細はこちら 投稿 ANA、東京/成田〜ウラジオストク線を増便 3月29日から週3便 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「エコノミークラス」の画像

もっと見る

「エコノミークラス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる