「エクスペリエンス」とは?

関連ニュース

無料で4K解像度や空間オーディオを体験できるMicrosoft公式デモアプリ「Insects: Xbox One X Enhanced エクスペリエンス」 - 12月04日(金)23:00 

2020年11月に発売されたXbox Series Xや2017年発売のXbox One Xでは4K(3840×2160ピクセル)解像度・HDRの高画質でゲームや映像を楽しむことができます。4K映像とこれまでのフルHD(1920×1080ピクセル)映像を比べることができる、Microsoft公式のXbox One X専用デモアプリケーション「Insects: Xbox One X Enhanced エクスペリエンス」が無料で配信されています。HDから4Kになってどれだけ映像が進化しているのか、その違いを体感すべく実際にInsectsを使ってみました。
カテゴリー:

ウイブシステムズのCodeMeterの機能が、SAP Entitlement Managementと連携 - 12月04日(金)10:00 

<報道関係者各位> 2020年12 月4 日 ※ こちらは2020 年12 月3 日にドイツ本社で発表されたプレスリリースの翻訳です。   ウイブシステムズのCodeMeterの機能が、SAP Entitlement Managementと連携 スマートかつ安全なエンタイトルメント管理ソリューションで、新しいデジタルビジネスモデルを可能に   (カールスルーエ、ドイツ) –  WIBU-SYSTEMS AG(以下、ウイブシステムズ)は本日、エンタイトルメントとライセンス管理の機能 を組み合わせて、デジタル経済における新しいビジネスモデルを強化すると発表しました。SAP®シルバーパートナーであり、ソフトウェア保護、ライセンス、セキュリティの先駆者であるウイブシステムズは、最先端のITソリューションで数十年の経験を持ち、ドイツのバーデンヴュルテンベルク州に根ざしています。ウイブシステムズは、CodeMeter(コードメーター)を使用して、エンタイトルメントを管理するためのSAP Entitlement Managementを強化する安全でユーザーフレンドリーなソリューションを提供し、ソフトウェア企業のデータドリブンな経済活動の更なる成功を実現できるようにするという同社の取り組みを強化します。   2018年に最初にリリースされたSAP ...more
カテゴリー:

RADWIMPSの楽曲世界をヴァーチャルで旅する<SHIN SEKAI>、開催決定 - 12月03日(木)18:07 

メジャーデビュー15周年を迎えたRADWIMPSによる新プロジェクトが発表された。彼らの楽曲の世界をオンラインで体験できる“ヴァーチャルライブ・エクスペリエンス”、<SHIN SEKAI>が「VARP」にて12月2...
カテゴリー:

Microsoft、Windows Feature Experience PackをWindows Insider Programのベータチャネルで提供開始 - 12月02日(水)14:03 

headless 曰く、Microsoftは11月30日、Windows Feature Experience Pack 120.2212.170.0をWindows Insider Programのベータチャネルで提供開始した(Windows Experience Blogの記事)。 Microsoftでは新しい機能改善を年に2回の大型機能アップデート以外で提供する新しい方法をテストしているのだという。Windows Feature Experience Packを用いることで、OSから独立して開発されている機能やエクスペリエンスの改善を提供可能になる。このような形態で開発されている機能は現在のところ限定的だが、将来的には提供範囲と頻度を拡大し、オプションの更新プログラムの提供プロセスに組み入れてWindows Updateで提供する計画とのこと。 本バージョンでは、Windows+SHIFT+Sキーを押して「切り取り&スケッチ」ツールを実行した場合に切り取った画像を直接エクスプローラー上でフォルダーに貼り付け可能になり、2-in-1デバイスを縦画面で使用している場合にタッチキーボードの2分割モードが使用できるようになる。 Windows Feature Experience Pack 120.2212.170.0はWindows Updateで提供され、Windo...more
カテゴリー:

【千葉】森田知事「ポルシェが木更津市を選んでくれた…私たちの誇りだ」 - 12月01日(火)19:26  newsplus

ポルシェジャパン(東京都港区)は、千葉県木更津市内に開設する体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター(PEC)東京」の概要を発表した。オープンは来年夏の予定で、PECとしては世界で9番目となる。既存のサーキットなどを活用せずに整備するのは初めてという。 木更津市伊豆島の43ヘクタールの敷地に全長2・1キロの走行コースを設置。地形を生かした高低差があり、オフロード体験などもできる。併設の建物はレストランや会議室、レーシングシミュレーターなどを備え、建設費を含む総投資額は約50億円としている。...
»続きを読む
カテゴリー:

SCSK、顧客接点の高度化に特化したCX領域の新サービス - 12月04日(金)10:55 

SCSKは12月3日、顧客接点の高度化に特化したCX(カスタマーエクスペリエンス)領域の新サービス「altcircle(オルトサークル)」の提供を開始した。
カテゴリー:

AndroidユーザーがGoogleのストリートビューへ画像投稿可能に - 12月04日(金)08:15 

Google(グーグル)のAndroid(アンドロイド)向けストリートビューアプリがアップデートされ、Googleマップを向上させるためにユーザーなら誰でも自身の写真を提供できるようになった。グーグルが米国12月3日朝に発表した(Googleブログ)。新バージョンのストリートビューアプリの「コネクテッドフォト」ツールを使って、ユーザーは通りを移動しながら一連の画像を撮影できる。この機能はARCoreに対応するデバイスで使える。さしあたって、選ばれたいくつかの地域でのみ画像の撮影とアップロードができる。 ARCoreはARエクスペリエンス用に構築されたグーグルのプラットフォームだ。さまざまな種類の物体の表面のサイズやロケーションといった周囲の状況、デバイスのポジション、明るさのコンディションなどをデバイスに検出させることで機能する。Android 7.0(Nougat)かそれ以上のOSで作動するAndroidデバイスで利用できる。 一方、グーグルのストリートビューアプリは5年ほど展開されている。当初はGoogleマップでのエクスペリエンスを向上させるためにユーザーが自分のパノラマ写真を共有できるようにデザインされていた。しかしスマホの進化にともない、アプリも進化した。 ストリートビューアプリのアップデートされたバージョンでは、ユーザーはARCoreを使って画像をとらえることができる。...more
カテゴリー:

RADWIMPS、視聴者が主人公となる新次元ヴァーチャルライブ【SHIN SEKAI】開催 - 12月03日(木)17:45 

 RADWIMPSが、世界各国が対象となる新次元ヴァーチャルライブ・エクスペリエンス【SHIN SEKAI(シンセカイ…
カテゴリー:

ブラザー販売、Genesys Cloudによってアフターコロナを見据えた ニューノーマルなコールセンターの運用体制を確立 - 12月02日(水)13:00 

ブラザー販売、Genesys Cloudによってアフターコロナを見据えたニューノーマルなコールセンターの運用体制を確立在宅とコールセンターのハイブリッド運用、コールバック予約などの新しいサービス戦略によって事業継続性とサービスレベルを両立したサービスを提供東京 - 2020年12月2日 - クラウド・カスタマーエクスペリエンスおよびコンタクトセンター・ソリューションのマーケットリーダーであるジェネシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・伊藤・リッチー)は、ブラザー販売株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:三島 勉、以下、ブラザー販売)が、クラウド型コンタクトセンター・ソリューションのGenesys Cloud(R)を利用することによって、既存のコールセンターと在宅コールセンターをミックスしたハイブリッド運用への移行をはじめ、ニューノーマルに向けたコールセンターの運営体制を整備したことを発表いたします。今年に入り他のコールセンターと同様、ブラザー販売でも新型コロナウイルスの感染拡大に伴った対策が必要になっていましたが、コールセンターのIT基盤をクラウド化していたことで、短期間で実現しました。ブラザーグループの国内マーケティングカンパニーとして、プリンターや複合機の販売などを行うブラザー販売。コールセンターでは一般消費者からのプリンターや複合機に関...more
カテゴリー:

乗用車および小型商用車の量産EV(電気自動車)について車両機能、充電インフラ、環境に及ぼす影響や政策状況などの最新動向をまとめた「EV最新動向ガイド 2020年Q3版」をリリース - 12月01日(火)15:00 

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveジャパン(名古屋市)では、欧州、米国、中国で展開するEVに関する調査を継続的に行っており、最新動向と各モデル仕様をまとめたレポート「EV最新動向ガイド」を四半期ごとに更新、その最新版を2020年11月13日に発行しました。中国CATL(寧徳時代新能源科技)がミリオンマイルバッテリーの開発に成功し、テスラがそれを製品に採用することが発表され、GMでも同じレベルのバッテリー開発を宣言しています。こうした革新的なバッテリーの登場により、バッテリーの長寿命化や低コスト化に加え、発電施設用の蓄電池としての再活用などが期待されます。各国ではEV購入に対する政府の補助金制度が継続しているなか、COVID-19の影響を鑑みて補助金を拡大した国もあります。また自動車メーカーの競争がハードウェアからソフトウェアに移行しようとしている中で、ビークルOSや新たなE/Eアーキテクチャの導入にも、EV開発は大きく影響しています。本書「EV最新動向ガイド」はEV動向をまとめたレポートとEVモデル別データファイルの2部構成です。レポートでは、充電インフラ、ビジネスモデル、環境への影響、関連政策や、EVがもたらす現在および今後の機会についての最新情報、EVモデル別データベースでは、仕様や特性を確認、比較できる調査データ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「エクスペリエンス」の画像

もっと見る

「エクスペリエンス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる