「エクスプローラ」とは?

関連ニュース

ブロックチェーン領域に取り組みを進め始めたGoogle。ビットコインやイーサリアム、XRPなどの取引履歴を検索可能に - 02月14日(木)11:46 

Googleはビットコインとイーサリアムをはじめとする仮想通貨のトランザクションデータを検索可能にする「Blockchain ETL(Extract、Transdorm、Load)」の開発を始めている。米経済誌のForbesが2月4日付で報じている。 報道によると、GoogleのデータサイエンティストAllen Day氏とオープンソースの開発者のチームは同社のビッグデータ分析プラットフォーム「BigQuery」を利用して、ビットコインとイーサーリアムのブロックチェーン情報をすべて解析するソフトウェア「Blockchain ETL」を開発した。Allen Day氏が今回のツールをリリースする以前は、ブロックチェーンを検索するためには「block explorers(ブロックエクスプローラ)」と呼ばれるソフトウェアが必要だった。 当初はビットコインとイーサリアムだけを対象としていたが、現在ではライトコイン、Zcash(ジーキャッシュ)、DASH(ダッシュ)、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックも「BigQuery」に情報をアップロードしている他、XRPについては既にすべてのトランザクション履歴のアップロードが完了しているという。 「Googleはブロックチェーン領域の眠れる巨人だ」、そう語るのはGoogleと提携してブロックチェーンのエンタープライズアプリケーションを販売する...more
カテゴリー:

【IT】懐かしい「Windows ファイルマネージャー」がストアに登場 ~Windows 10に対応 - 02月06日(水)19:37  bizplus

昨年4月にオープンソース化された「Windows ファイルマネージャー」(winfile.exe)が、“Microsoft Store”から入手できるようになった。Windows 10の「Fall Creators Update」以降に対応しており、現在無償でダウンロード可能。  「Windows ファイルマネージャー」は1990年代初め、「Windows 3.0」とともにリリースされたファイル管理ツール。現在でも使われている「エクスプローラー」の先祖にあたる。  本ソフトは昨年4月、“GitHub”でソースコードが公開された。2007年11月時点の「Windows NT 4.0」からとった“オリジナル”のバー...
»続きを読む
カテゴリー:

Ginco、事業者向けにブロックチェーンサービスを提供開始 - 02月05日(火)15:30 

株式会社Ginco(以下、Ginco)は1月31日、自社ウォレットの機関技術を活用し、事業者向けブロックチェーンサービスの提供を開始した。 このほど発表されたソリューション事業では、Gincoがウォレットアプリの提供を通じて培ってきた基幹技術の提供、PoCコンサルティングなど、事業者がブロックチェーン技術を導入できるようなサポートを行う。ブロックチェーンの活用やサービス開発に取り組む事業者に向けて実証実験の受け入れ、新規事業開発コンサルティングを行うことで、事業者のインフラ整備を担っていく考えだ。 同社がソリューション事業を設立した背景には、「ブロックチェーンに関する知見や技術を持った人材の不足」「事業の初期段階で発生するインフラ開発のコスト」が挙げられる。業界全体でプロダクトの開発・運営実績を持った人材が少なく、実証実験に取り掛かろうにも、プロジェクトをスタートすることさえ難しいためだ。また、ブロックチェーンを用いたサービス開発に際して、ブロックチェーンごとの仕様に応じたインフラ(ノードやAPI)やウォレット(鍵管理・トランザクション制御)を開発する必要があり、事業者にとってハードルが高かった。 こうした課題に対し、Gincoは仮想通貨ウォレットアプリの開発を通じて培った、ブロックチェーンサービスに不可欠な「ブロックチェーンノード」「ブロックチェーンエクスプローラー」「ウォレット...more
カテゴリー:

米工場に1100億円投資 フォード、SUV生産増強 - 02月08日(金)09:18 

 米フォード・モーターは7日、人気が高まっているスポーツタイプ多目的車(SUV)の生産を増強するため、シカゴの工場に10億ドル(約1100億円)を投資し、500人を追加雇用すると発表した。新型を今年発売する主力SUV「エクスプローラー」などの生産に備える。
カテゴリー:

Windowsファイルマネージャー、Microsoft Storeで入手可能に - 02月05日(火)17:02 

headless曰く、エクスプローラーが導入されるまでWindowsの標準ファイル管理プログラムだった「ファイルマネージャー」がMicrosoft Storeで入手可能になっている(Microsoft Store — Windows File Manager、Neowin、Aggiornamenti Lumia)。 ファイルマネージャー(WinFile)は昨年オープンソース化されており、GitHubで実行ファイルも入手可能だが、Microsoft Store版は多言語化されている。アプリはOLEドラッグ&ドロップやファイルアイコン表示、コンテキストメニューに対応したv10.0ベース。バージョンは公開されている実行ファイルよりも新しい10.1.3.0で、「ファイル」メニューからCMDに加えてBashやPowerShellを起動することも可能だ。なお、ファイルマネージャー上で削除したファイルはごみ箱に移動せず、直接削除されるので注意が必要だ。 すべて読む | ITセクション | ソフトウェア | Windows | IT | 関連ストーリー: Python 3.7、Microsoft Storeで配布開始 2019年01月09日 Microsoft Storeでは「価値のない...more
カテゴリー:

「エクスプローラ」の画像

もっと見る

「エクスプローラ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる