「エイブラムス」とは?

関連ニュース

装甲車市場―プラットフォーム別(戦闘車両、戦闘支援車両、その他)、動き別(車輪付き、追跡付き)、役割別、エンドユーザー別、装甲別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2023-2035年 - 02月06日(月)16:00 

Research Nester Private Limitedは、装甲車市場の予測評価を提供する調査レポートを2023年02月 06日 に発刊しました。これは、装甲車市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。装甲車市場は、2023年に約180億米ドルの市場価値から2035年までに約300億米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2035年の予測期間中に6%のCAGRで拡大すると予測されます。市場の成長は、防衛費の増加に起因する可能性があります。その金額の大部分を装甲車両の製造または輸入に費やして、大規模または小規模な戦闘状況に対して防御システムを堅牢にします。一方、軍事および民間の不安を抑えるために世界中で戦闘車両の使用が増加していることも、予測期間中に市場の成長を促進すると推定されています。米国政府説明責任局によると、防衛費は 2020 年に約 7,140 億米ドル、2021 会計年度には 7,300 億米ドル以上になりました。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-4586自動車やトラックなどの防弾車両は、指導者などの著名人の保護に使用できます。また、装甲車両は一般的に国家の防衛システムで使用されます。装甲車は戦場で重要な役割を果たしま...more
カテゴリー:

バイデン大統領、プーチン大統領に「ウクライナ領土20%受けて終戦を」提案するも交渉不成立。 - 02月04日(土)15:13  news

バイデン米大統領が先月、プーチン露大統領にウクライナ領土の20%を受ける条件での終戦を提案したが、実現しなかったという報道があった。 2日(現地時間)、ドイツ語圏メディアのノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(NZZ)はドイツ高官の発言を引用し、米中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官が先月、極秘でモスクワを訪問し、バイデン大統領の平和提案を伝達したと報じた。 これに先立ちワシントンポスト(WP)はバーンズ長官がウクライナを訪問し、ゼレンスキー大統領と会った事実を伝えていた。しかしバ...
»続きを読む
カテゴリー:

側近や副首相含む幹部の大量解雇。今ウクライナで何が起きているのか? - 01月31日(火)16:24 

ロシアによるウクライナ侵攻開始からまもなく1年、ドイツがついに戦車「レオパルト2」の供与を認めると表明しました。こうしたウクライナ支援の気運を削ぎかねないのが、援助物資や支援金で不正を働く一部の人たちの存在です。今回のメルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』では、著者で国際政治経済学者の浜田和幸さんが、ウクライナの政治家が国外で贅沢三昧との情報を紹介し、支援側の厳しい目に、ゼレンスキー大統領も政権幹部の解雇や公務員への海外旅行禁止などで反応したと解説。こうした難しい情勢下でウクライナ訪問の話が浮上した岸田首相の対応には不安があると記しています。 この記事の著者・浜田和幸さんのメルマガ購読はこちら 腐敗の収まらないウクライナ:岸田首相はいいカモにされるかも ぶっちゃけ、ウクライナへの軍事支援は強化される一方ですが、援助物資や支援金の横流しや私的流用といった問題が一向に改善されていません。 ドイツはドイツ製の戦車「レオパルト2」を、またアメリカは米軍の主力戦車「M1エイブラムス」を供与すると相次いで発表しました。バイデン大統領はウクライナ軍によるロシアに対する反転攻勢を支援するためと説明。これによって、ウクライナ戦争はますます長期化することが決定的となりました。 ウクライナでもロシアでも被害者は急増しています。なぜ停戦や休戦に向けての交渉が進まないのでしょうか。要は、戦争...more
カテゴリー:

「米戦車撃破に1900万円」 ロシア俳優、企業出資の報奨金を公表 - 01月31日(火)06:30 

 ロシアの有名な俳優イワン・オフロビスチンさんが、米国がウクライナに提供する戦車「エイブラムス」を撃破すれば、1両あたり1千万ルーブル(約1900万円)の報奨金がロシア企業から支払われると明らかにした…
カテゴリー:

ウクライナ「えっとね、F-35、ユーロファイター、トルネード、ラファール、射程300kmのミサイルがほしいな」 - 01月31日(火)02:58  poverty

ドイツのオラフ・ショルツ首相は29日、ウクライナへ戦闘機を送る考えはないと述べた。ドイツは4日前に戦車の供与を約束したばかり。 ショルツ首相は独紙ターゲスシュピーゲルのインタビューで、ドイツ製戦車「レオパルト2」の納入に焦点を置いていると語り、兵器の入札合戦に警告を発した。 ウクライナは同盟国に対し、戦闘能力を強化するための「戦闘機連合」の創設を求めている。 アメリカは26日、戦闘機供給のためのアイデアをウクライナ政府と「非常に慎重に」議論する方針を明らかにした。 こうした状況に、ショルツ首相...
»続きを読む
カテゴリー:

J・J・エイブラムス製作のスーパーナチュラル西部劇、ジェイソン・ベイトマンが監督 - 02月06日(月)11:00 

J・J・エイブラムスがプロデュースする新作「The Pinkerton(原題)」を、ジェイソン・ベイトマンが監督することがわかった。米Deadlineによれば、新作「The Pinkerton(...
カテゴリー:

【悲報】ウクライナ「おい、フランス!お前も戦車よこせ!」 - 02月01日(水)09:16  poverty

ウクライナのクレバ外相は31日、公開した動画で「第1弾として、最新型の欧米の戦車120から140両を受け取る」と述べました。 この中にはドイツ製の戦車「レオパルト2」のほかイギリスの「チャレンジャー2」、それにアメリカの「エイブラムス」が含まれるということです。 クレバ外相は「フランス製戦車『ルクレール』の供与にも大いに期待している」としています。 また、クレバ外相は戦車の供与に加わるのは正式決定に至っていない国も含め12か国に上るという見通しを示し「参加国を増やすとともに、すでに表明した国から供与...
»続きを読む
カテゴリー:

欧米の戦車が届く前に。プーチンがラスボスと仕掛ける「最終決戦」 - 01月31日(火)15:53 

ドイツの決断でウクライナへ供与されることとなった、世界最強の戦車とも言われるレオパルト2。プーチン大統領はこの決定をどう受け止め、そしてロシア軍はこの先どのような戦術を展開するのでしょうか。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、次の負けが許されなくなったプーチン氏が大攻勢を仕掛ける可能性を指摘。全世界が歴史に残る戦いを目撃することになると予測しています。 戦車大量供与~米英独もウクライナ―ロシア最終決戦に備えはじめた 「現代ビジネス」1月19日付に、「『ロシア・ウクライナ最終決戦』の予兆…! 歴史の教科書に載るであろう『大きな戦い』が近づいている」という記事が掲載されました。今回の話と関係があるので、まだの方は、是非ご一読ください。 プーチンが、ロシア軍のトップ・ゲラシモフ参謀総長を、ウクライナ特別軍事作戦の総司令官に任命した ウクライナの北隣、ロシアの西隣にあるベラルーシで、ロシア軍とベラルーシ軍の合同軍事演習が行われた これらのファクターは、ロシア軍が大規模な攻勢を計画していることを示しています。しかも、総司令官はゲラシモフ。ロシア軍のラスボスが指揮して負けたら、後がありません。だから、予想される大規模な戦闘は、「最終決戦」になる可能性がある。 ウクライナに戦車を供与するアメリカ、イギリス、ドイツ ウクライナ軍が善戦している。...more
カテゴリー:

イランにミサイル攻撃か。中東に波及するウクライナ戦争の火の手 - 01月31日(火)04:45 

ようやく重い腰を上げ、主力戦車のウクライナへの供与決定を発表したドイツ。他の欧米諸国からの供与分も含め300両以上の戦車がウクライナへ送られるとの報道もありますが、今後戦局はどう変化してゆくのでしょうか。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では日本国際戦略問題研究所長の津田慶治さんが、プーチン大統領が実現を狙う「ロシアにとって有利なシナリオ」を推測。さらに米中の今後の関係が、ウクライナ戦争の行く末を大きく左右する理由を解説しています。 この記事の著者・津田慶治さんのメルマガ初月無料で読む ロ軍の人海戦術に対抗し、ウ軍に戦車「レオパルト2」供与決定。今後の戦況を予測する ロ軍が人海戦術でウ軍を押し、それに対抗するためにウ軍に欧米戦車が供与されることになった。今後の戦況を検討しよう。 ロ軍本体も、1ケ所に大量の歩兵を集めて、波状攻撃をする人海戦術を実行し始めた。ウ軍も対抗上、戦闘員を集めているが、人命重視のウ軍は押されている。ロ軍より優秀な兵器が必要であり、ゼレンスキー大統領は、欧米戦車、欧米戦闘機、長距離弾道弾などを切望していた。 この内、欧米戦車の供与が決まった。ロ軍はウ軍に戦車到着までに大規模攻勢を仕掛けて、ウ軍を攻撃する必要になっている。 バフムト方面 ロ軍・ワグナー軍はソルダーを占領し、ウ軍は撤退している。ソルダーの西にあるシイル鉄道駅を中心としたエリアに陣地を作ったが、ワ...more
カテゴリー:

【ウクライナ侵略】米国がウクライナに供与する戦車「M-1エイブラムス」と自国仕様の違い - 01月31日(火)01:38  newsplus

米国がウクライナに供与する戦車「M-1エイブラムス」と自国仕様の違い Forbes David Axe 2023.01.30 https://forbesjapan.com/articles/detail/60488 ウクライナが米国から供与される初のM-1A2エイブラムス戦車31両を受け取るのに数カ月、もしかすると半年以上かかるかもしれないのには理由がある。 米戦車メーカーのGeneral Dynamics Land Systems(ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ、GDLS)は戦車からウランを取り除き、タングステンと交換する必要がある。どちらの金属も問題になる可能性がある。 GDLSがオハイ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる