「ウクライナ南部クリミア半島」とは?

関連ニュース

クリミア攻撃されれば「核兵器使用の根拠になる」 ロシア前大統領 - 03月24日(金)20:36 

 ロシア国家安全保障会議副議長のメドベージェフ前大統領は24日、ロシアの記者らとのインタビュー動画をSNSに投稿し、ロシアが実効支配するウクライナ南部クリミア半島の奪還を目指してウクライナ軍が攻撃すれ…
カテゴリー:

クリミア併合9年で電撃訪問 ロシア大統領、実効支配誇示 - 03月19日(日)00:56  newsplus

3/18(土) 22:29 https://news.yahoo.co.jp/articles/d838b3e03f76945b0aab2faa47456f9dd46fdce2  ロシアのプーチン大統領は18日、ウクライナ南部クリミア半島を一方的に「併合」してから9年を迎え、現地の軍港セバストポリを予告なしに訪れた。 【地図で見る】ウクライナ戦況マップ  ウクライナ侵攻から1年が過ぎ、東・南部での戦闘が長期化する中、占領地の実効支配を誇示し、ゼレンスキー政権による奪還を許さない姿勢を強調した。  プーチン氏はこれまで併合記念日などの節目を含め、クリミア半島をたびたび訪問。昨年10...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍無人偵察機とロシア軍機が黒海上空で衝突 ロシア側が飛行妨害か - 03月15日(水)08:05  newsplus

 米軍は14日、黒海上空でロシア軍機2機が米国の無人機の飛行を妨害し、うち1機が無人機のプロペラにぶつかったと発表した。無人機は飛行や制御ができなくなり、米軍自ら公海上で墜落させざるをえなくなったという。米軍は「無謀な行為」だとロシア側を非難している。  ロシア側は接触を否定している。  米欧州軍によると、中央ヨーロッパ時間の14日午前7時過ぎ、米軍の無人偵察機MQ9が黒海上空の国際空域で通常任務をしていたところ、ロシア軍「スホイ27」2機の妨害に遭ったという。衝突前にもロシア機は無人機の前を飛行したり、...
»続きを読む
カテゴリー:

プーチン氏、マリウポリ訪問 一方的な併合宣言から9年のクリミアも - 03月19日(日)20:08 

 ロシアが2014年3月にウクライナ南部クリミア半島を併合すると表明してから9年を迎え、プーチン露大統領は18日、南西部にある特別市セバストポリを訪れた。また、翌19日には22年9月に併合宣言をしたウクライナ東部ドネツク州のマリウポリを訪れ、同地でもロシアによる統治の正統性をアピールした格好だ。昨年
カテゴリー:

ロシア軍が墜落米無人機を発見、引き上げ目指す 地元メディア報道 - 03月17日(金)11:01 

 黒海上空で米軍の無人偵察機がロシア軍機と接触した後に落下した問題で、ロシアが実効支配するウクライナ南部クリミア半島の地元メディアは16日、関係者の話として、ロシア軍が無人機を発見し、艦船を派遣して引…
カテゴリー:

こんなの見てる