「ウォーミングアップ」とは?

関連ニュース

再開されたJリーグの観客席がこわい - 07月04日(土)22:48  poverty

風呂おけ400個に選手が一礼 無観客試合のJ1川崎 新型コロナウイルスの影響で中断していたサッカーJ1リーグが4日、約4カ月ぶりに再開した。 全試合無観客試合で行われるなか、各クラブは応援を工夫。川崎―鹿島戦の会場の等々力陸上競技場には、試合前からサポーターのいないスタンドに水色の風呂おけが並んだ。 選手たちはピッチに入ると、ウォーミングアップ前に、そのおけの方向に向かって一礼した。 「桶(オーケ)ストラシート」と銘打たれ、クラブが1個3千円で400席を販売した。サポーターから顔写真のデータを受け付け、...
»続きを読む
カテゴリー:

KDDIと名古屋グランパス、ファンとチームをつなぐ新たな観戦体験を提供! - 06月30日(火)14:00 

KDDI株式会社と株式会社名古屋グランパスエイトは、2020年7月4日再開予定の「2020明治安田生命J1リーグ」において、ファン同士やファンとチームがインタラクティブにつながるリモート観戦体験を提供する。 3つのリモートで一体感を この新たな観戦体験は、両社で開発した2020年7月7日提供開始予定の「名古屋グランパス公式アプリ」を通じて提供される。そのなかで実施されるのは遠隔での3つの取組みだ。 まずは、選手のバス到着時や選手紹介、ウォーミングアップの様子、スタジアムDJ YO!YO!YOSUKE氏のコーナー、名古屋グランパスの2020シーズン クラブオフィシャルサポートソングを歌うバンド「クアイフ」の演奏などを配信し、スタジアムの空気感を感じてもらおうというもの。 こういった配信のほか、全13のチャント(リズムに乗せて選手やチームを応援する手段)の音源と歌詞をアプリ格納したり、ワンプレーごとの速報をテキストで流したりと、まるでスタジアムにいるかのような観戦体験を提供するという。 つぎに、ライブチャット機能を使い、一緒に応援しているファン同士やクラブマスコット「グランパスくん」など多彩なゲストとの交流を実現し、応援を通じて一体感を感じてもらおうというもの。 そして、事前に募集したファンが「ラ・マルセイエーズ」に乗せて歌ったチャントをつなぎ合わせて制作するチャントミュージックビデオ...more
カテゴリー:

「玉ねぎ」は相変わらず 日本武道館、改修工事が大詰め - 07月03日(金)18:00 

 東京五輪・パラリンピックの柔道や空手会場となる日本武道館(東京都千代田区)で、改修工事が大詰めを迎えている。 上空から見ると南側には選手のウォーミングアップなどに使うための「中道場棟」が完成。「玉ね…
カテゴリー:

ロッチ中岡のQtube in 栃木・千葉 - 06月29日(月)09:51 

やってきたのは栃木県那須町にあるアジアンオールドバザール。まずはウォーミングアップのチャレンジ動画!水を入れた器の上を、水面に足でタッチしながら飛び越えるジャンピング水面タッチ!中岡、1つ2つと順調に成功したが、3つ目でこぼれた水に滑り失敗。続いては腕の力を鍛えるムキムキ動画。身体が池ポチャしないように設置されたワニのテーブルの下を通って1周する。中岡、あと3センチが足りず落下。続いては腹筋を鍛える動画!那須の老舗温泉旅館、幸の湯さんに設置されたくねくね特設コースを腹筋ローラーで進むチャレンジ。そのコースを作ったのは新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなり、地元の那須でアルバイト生活をしているコーディネーター加瀬。中岡、踏ん張るが力及ばず源泉かけ流しの餌食に。元バスケットマン・加瀬も挑戦するが勢いよく落下。続いては体を張った動物動画。ゾウの鼻に乗ってダンクシュート!協力してくれるのは市原ぞうの国の人気者・ランディちゃん。だが、ランディちゃんとの連携がうまく行かずあと一歩が届かない。ということで、中岡はゾウの頭から鼻を滑り、その途中、パスを受け取りダンクを狙う作戦に。バスケ経験者の加瀬からのパスが飛ぶ!…が、まさかの加瀬、3ポイントシュート。次もゾウの国で、ゾウの大好物スイカを腹筋に落としてトレーニングをしながら加瀬と対決!先行中岡、痛みに耐えながら1個撃破!後攻加瀬・...more
カテゴリー:

「ウォーミングアップ」の画像

もっと見る

「ウォーミングアップ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる