「ウォークマン」とは?

関連ニュース

なぜ、スティーブ・ジョブズはソニーの盛田昭夫を訪ねたのか? - 04月08日(月)17:16 

経営者の皆さんはマネジメント書を多く読んでいますでしょうか。今回の無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』では著者の浅井良一さんは、後悔せずに経営を行う方法として、ドラッカーや多くの成功した経営者たちの例を挙げながら解説しています。 リスク(機会)にチャレンジ。利益をあげながらニーズを満たす 本好きの経営者はマネジメント書から多くを学び、中でも実行力ある者だけが果敢に実践して、失敗を繰り返しながらも修正し成果を得ます。後悔しないで経営を行うには、書を読むか助言を活かすかまたはその両方をを行うかで、なぜなら一人の知恵や知識には限度があるというのは分かり切ったことであり、自力を超える法を知ることは当たり前の見識です。 松下幸之助さんは書は読まなかったのですが、あらゆる人から知識と知恵を集めて自身の経営判断の材料にしました。これを称して「衆知経営」だとします。リクルートの創始者の江副さんや、星野リゾートの星野さん、ソフトバンクの孫さん、さらにユニクロの柳井さんなどは経営書を漁り読み、自身の革新的な事業を行なうに際しての拠り所とし、大きな成果に結びつけました。当たり前と言えば当たり前で、他を多く活用するのが賢さなのでしょう。 マネジメントと言えばドラッカーなのですが、賢くなるための必読書です。ところがほとんどの社会人は、その語るところを学びません。理由は、教える内容が原理的な考え方について...more
カテゴリー:

【経済】ドイツ人経済学者が解説 日本経済を世界4位に転落させた「自滅行為」とは - 03月28日(木)21:08  bizplus

低成長を続ける日本経済が回復する兆しはなかなか見えず、世界3位を維持してきた名目GDPも2024年2月にドイツに抜かれた。欧州議会の顧問などを務める経済学者ダニエル・グローは日本経済低迷の原因を独自に分析し、欧州諸国に「同じ失敗をするな」と警鐘を鳴らす。 日本はもっと、よくなっていいはずだ。 労働者の教育レベルは高く、かつよく訓練されているし、社会全体としての投資額は多くの先進諸国を上回っている。たとえば日本における研究開発費はGDPの3.3%を占め、最近まで米国よりも高かった。にもかかわらず、日本経済は...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】ドイツ人経済学者「お前らがGDP4位に落ちたのは単に自滅しただけw」 - 03月28日(木)22:51  poverty

ドイツ人経済学者が解説 日本経済を世界4位に転落させた「自滅行為」とは 3/28(木) 17:30配信 クーリエ・ジャポン Photo: bee32 / Getty Images 低成長を続ける日本経済が回復する兆しはなかなか見えず、世界3位を維持してきた名目GDPも2024年2月にドイツに抜かれた。欧州議会の顧問などを務める経済学者ダニエル・グローは日本経済低迷の原因を独自に分析し、欧州諸国に「同じ失敗をするな」と警鐘を鳴らす。 【画像】ドイツ人経済学者が解説 日本経済を世界4位に転落させた「自滅行為」とは 日本はもっと、よくなって...
»続きを読む
カテゴリー:

こんなの見てる