「ウォレット」とは?

関連ニュース

仮想通貨ウォレットのメタマスク、新しいアップデートでプライバシーを強化 - 07月03日(金)17:21 

仮想通貨(暗号資産)イーサ(ETH)のウォレットでブラウザ拡張機能であるメタマスク(MetaMask)が、メジャーアップデートをリリースし、プライバシー機能などを強化した。
カテゴリー:

アルトコインを豊富に取り扱っている取引所はどこ?アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所4選 - 07月01日(水)16:53 

仮想通貨(暗号資産)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。仮想通貨取引所によって取扱いのあるアルトコインは異なり、各社サービスの差別化要因の一つとなっています。 注意すべきことは、ある仮想通貨取引所が特定のアルトコインを取り扱っていると思っても、「レバレッジ取引」しか利用できないケースもあることです。レバレッジ取引というのは、資産価格の変動に賭けて決済時に現金をやりとりするものです(差金決済と言います)。そうした場合、目的のアルトコインの現物資産を所有して自分の手元のウォレットや他の取引所に送金することはできません。 ここではHEDGE GUIDE編集部がおすすめするアルトコインを豊富に取り扱っている仮想通貨取引所について、ピックアップします。現物とレバレッジ取引とで取扱通貨が異なる企業もありますので、ぜひ参考にしてみてください。 目次 アルトコインを豊富に取り扱っている仮想通貨取引所・販売所4選 1. 現物取引のみ!国内最多12種類の仮想通貨を取り扱うCoincheck 2. アルトコインのレバレッジ取引銘柄なら国内最多!DMM Bitcoin 3. 現物取引で9種類の仮想通貨を取り扱うbitFlyer 4. 7種類の現物、5種類のレバレッジ取引を備え...more
カテゴリー:

Kyash、総務省のマイナポイントに対応して7月1日から申込受付を開始 - 06月30日(火)17:22 

ウォレットアプリ「Kyash」を提供するKyashは、総務省が主導するマイナポイントの登録キャッシュレス決済サービスに加わり、マイナポイントの申込受付を7月1日から開始すると発表した。利用にはアプリをバージョン6.8.0以降にアップデートする必要がある。
カテゴリー:

オンライン決済大手PayPal(ペイパル)が仮想通貨売買サービスを計画か - 06月29日(月)10:47 

オンライン決済サービスを提供するアメリカの大手企業PayPal(ペイパル)が、仮想通貨(暗号資産)の売買サービスを3か月以内に開始すると報じられた。事情に詳しい3人の関係者が明らかにしたとして、ビットコイン・デジタル通貨ニュースメディアのCoinDeskが6月22日、伝えている。 情報提供者によると、3億2500万人の顧客ベースを抱えるPayPalと同社子会社で5,200万アカウントを有す若者向け送金アプリVenmo(ベンモ)から直接、仮想通貨の売買ができるようになるという。提供者の一人は、Paypalが暗号資産を保管するための内臓型ウォレットを備える仕組みを推測している。 取り扱う仮想通貨(暗号資産)の種類は不明だが、別の情報提供者はPaypalの新サービスは3か月以内のリリースが期待できるとしている。Paypalは仮想通貨の流動性を確保するために複数の取引所と協業すると見られ、アメリカのCoinbase(コインベース)やルクセンブルクのBitstamp(ビットスタンプ)が有力視されている。Coinbaseは2018年にアメリカのユーザー向けにPayPal口座への現金の即時出金サービスを開始するなどビジネス関係を築いているが、PayPalと仮想通貨取引所2社はCoinDeskに対してコメントを控えている。 2020年初めにPaypalはブロックチェーンリサーチ組織を設立するために...more
カテゴリー:

200億円近くの仮想通貨イーサ、”史上最大の出資金詐欺”プラストークン関連アドレスから移動 - 06月25日(木)08:03 

史上最大の仮想通貨出資金詐欺と言われるプラストークンの資金が再び動き出した。79万ETH(200億円)近くがプラストークン関連のウォレットから移動。昨年の12月以来初めてとなる資金移動とみられる。ホエールアラートが24日に指摘した。
カテゴリー:

みんな電力がブロックチェーン電力取引とトレーサビリティで特許取得、現在はIBMのStellarを採用 - 07月02日(木)11:00 

電気生産者や空気の「顔の見える化」プラットフォームを提供するみんな電力は7月2日、ブロックチェーン電力取引およびトレーサビリティシステムに関する特許に関する発表を行った。3件の申請のうち2件の特許権を取得。残る1件については特許審査を終了し、設定登録待ちとしている。 取得した特許は、「特許第6630425号 電力取引履歴生成システム」「特許第6675717号 電力取引履歴生成システム」。出願中のもの(特許審査終了・設定登録待ち)は「特願 2020-1771 電力取引支援システム」。 保有知的財産は、現在以下のとおり。需要家とは、電気供給サービスを受け使用している者を指す。またPPAは、Power Purchase Agreementの略称。発電事業者と、電気を利用者に売る小売電気事業者との間で結ぶ電力販売契約(電力購入契約とも訳される)のこと。 電源・需要家間の電力取引をブロックチェーントークンのウォレット間移動にて記録する方法 複数の電源からの電力を複数の需要家に分配する方法 需要家が特定の発電所から購入した電力に応じてプレミアムを支払う方法 電源と需要家との直接電力売買を可能とするPPAの実現方法 みんな電力は2018年、ブロックチェーンを活用した電力取引・トレーサビリティシステムを業界に先駆け商用化。インターネット上で広く公開されているパブリックチェーン(型のブロックチェ...more
カテゴリー:

ビットコイン投資を始めるなら仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめな理由 - 06月30日(火)20:57 

ビットコインは2020年5月に4年に1度の半減期を迎えました。マイニング報酬が半分になり、2100万枚に発行枚数が制限されているビットコインの希少性はますます高まっています。 アメリカでは有名なファンドマネージャーがポートフォリオにビットコインを含めたというニュースが報じられ、個人サイドでも現金給付として一人当たり1200ドル配布された時期に仮想通貨(暗号資産)取引所で同額の入金が増加したというデータも出ています。投資家が仮想通貨を取り入れる動きは着実に拡大しています。 ここでは、今改めて注目されているビットコイン投資についてご説明します。また、ビットコイン投資を始めるのにおすすめの仮想通貨取引所bitFlyerについてご紹介します。是非チェックしてみてください。 目次 ビットコインの3つのポイント 1-1. 個人間で直接取引できる 1-2. デジタルゴールドとしての性質 1-3. インフレヘッジへの期待 bitFlyerの3つのポイント 2-1. ビットコイン取引量国内No.1の「bitFlyer Lightning」 2-2. 二種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約 2-3. ポイント交換でビットコインを獲得できる bitFlyerの口座開設プロセス ビットフライヤーでビットコインを売買する方法 まとめ ①ビットコインの3つのポイント 1. 個人間で直接取引できる ビ...more
カテゴリー:

【みんな】VIP発の仮想通貨『VIPS』作ったったwwwwwww【あつまれ】2020.06.30- - 06月30日(火)09:25  news4vip

!extend:checked:vvvvv:1000:512 !extend:checked:vvvvv:1000:512 !extend:checked:vvvvv:1000:512 VIPSTARCOIN導入方法:http://wiki.vipstarcoin.jp/doku.php?id=wiki:pc_wallet ↑とりあえずこれ見てウォレット導入してアドレス貼れwwwwwwwwwwww どこからともなくVIPS飛んでくるからこれでお前もVIPSホルダーwwwwwwwwwwwwww http://wiki.vipstarcoin.jp/doku.php?id=wiki:news ↑テンプレなげーよと思った人用or久しぶりに来た人用 wiki見ろ ※前スレ 【みんな】VIP発の仮想通貨『VIPS』作っ...
»続きを読む
カテゴリー:

リップル、送金用のユニバーサルID「PayID」を発表へ - 06月25日(木)11:52 

「Internet of Value(価値のインターネット)」の実現を目指すRipple(リップル)は6月19日、業界をリードするテクノロジー企業、金融機関、非営利団体とともに、あらゆる送金ネットワークと通貨に対応し、グローバルな送受金プロセスをシンプルにする、ユニバーサルな送金ID「PayID」を発表した。 リップルは、GoPay、Blockchain.com、BitPay、Brave、Flutterwave、Mercy Corpsなどの業界をリードする企業とグローバルアライアンス「Open Payments Coalition」を結成し、PayIDの開発において協業している。 PayIDは、単一の規格で従来の金融関連サービスと新しいフィンテックを融合させ、あらゆる業界の企業を支援する、オープンソースのユニバーサルな送金IDだ。リップルがGoPay、Blockchain.com、BitPay、Brave、Flutterwave、Mercy Corpsなどの業界をリードする企業とグローバルアライアンス「Open Payments Coalition」は、送金分野における独自規格やサイロ化した現状を打破すべく、デジタル決済の採用を加速させて、今日の世界中の送金方法を変革することを目指しており、全世界で1億人以上の利用者にサービスを提供する40以上のグローバル企業と非営利団体が参加して...more
カテゴリー:

bitFlyerとGMOコインの違いとは?手数料から取扱銘柄・サービス内容を徹底比較 - 06月23日(火)20:32 

bitFlyerとGMOコインは両社とも知名度の高い日本国内の大手仮想通貨(暗号資産)取引所です。bitFlyerは国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けている信頼度の高い取引所です。GMOコインもまた、国内大手のインターネット企業のグループであり、金融サービスを提供してきた実績があります。 国内でも複数存在する仮想通貨取引所は、取扱銘柄やサービス内容など、各社それぞれの独自性を打ち出しています。そこで、今回はbitFlyerとGMOコインのサービスを分析してみましょう。皆様の投資目的に合った仮想通貨取引所探しの一助になれば幸いです。 目次 初心者から上級者まで対応!bitFlyerの3つの特徴 1-1.利用率で国内No.1のスマホアプリ 1-2.高機能な取引ツールbitFlyer Lightning 1-3.No.1評価のセキュリティ 金融サービス提供のノウハウを活用!GMOコインの3つの特徴 2-1. トレードと資産管理ができるスマホアプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」 2-2. 仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」でFX取引が可能 2-3. 「両建て」で損失を最小限に抑えられる bitFlyerとGMOコインの取扱通貨・手数料・その他サービスを徹底比較 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-2. 取引所方式と販売所方式の比較 3-3. 各種手数料の比較...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ウォレット」の画像

もっと見る

「ウォレット」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる