「ウェアラブル端末」とは?

関連ニュース

2020年のウェアラブル端末市場は急減速、その3つの理由 - iPhone Mania - 06月04日(木)18:09 

2020年のウェアラブル端末市場は急減速、その3つの理由 - iPhone ManiaApple WatchやAirPodsなどのウェアラブル端末の出荷台数は、順調に成長を続けてきましたが、2020年には新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的影響により、急減速するとの予測が発表されました。 2020年のウェアラブル出荷台数、前年比5%の伸びにとどまる 調査会社ABI Researchは、2020年のウェアラブル端末出荷...
カテゴリー:

検温可能なウェアラブル端末で学校再開を支援!体温測定システム「HESTA Smart Band」 - 05月31日(日)07:00 

株式会社大倉が、教育機関向け体温測定システム「HESTA Smart Band」の予約・問い合わせ受付をスタートした。なお、システムの提供開始は6月上旬を予定。 文部科学省が示した検温義務化への対応により、全国の教育機関における教育活動の再開を支援。また、教育機関以外での使用も想定し、さまざまな施設への展開を進めていく。 「HESTA Smart Band」の概要 教育機関向け体温測定システム「HESTA Smart Band」では、リストバンド型のウェアラブル端末とBluetoothルーターを活用。端末を着用した生徒がルーターの通信範囲に入ることで、体温を自動で測定し、クラウドへの送信・記録を行う。 導入に必要なのは、生徒へのウェアラブル端末配布と、施設の広さや特性に応じたBluetoothルーターの設置のみ。 ウェアラブル端末の重さはわずか20gで、温度測定精度は±0.1℃。ボタン型電池によって約180日間の連続使用が可能なことに加え、防水性能も備えた。 Bluetoothルーターは、異なるニーズに合わせた2つのモデルを用意。長期にわたる設置工事は必要なく、通常の学校生活を継続しながら設置可能としている。 学校の規模や施設の特性に応じて最適な導入方法が異なるため、システム導入にあたっては問い合わせを推奨。問い合わせの受付は既に始まっており、6月上旬からシステムの提供が開始される...more
カテゴリー:

「Fitbit Charge 4」は、機能豊富で価格が手ごろな優れたウェアラブル端末に進化した:製品レヴュー - 05月31日(日)11:30 

フィットビットの最新ウェアラブル端末「Fitbit Charge 4」は、旧モデルよりずっと実用的で、さらに高額なウェアラブル端末でしか見られないような新機能がいくつも搭載された。優れた睡眠分析機能や長いバッテリーの持続時間などを考えれば、素晴らしい選択肢になる──。『WIRED』US版によるレヴュー。
カテゴリー:

ガーミンのウェアラブル端末でSuicaの利用可能に 5月21日から - 05月21日(木)15:08 

JR東日本とガーミンジャパンは、Garminのウェアラブルデバイスで、5月21日よりSuicaの利用に対応する。 AndroidのスマートフォンかiPhoneとウェアラブルデバイスをベアリングし、Garmin Conne […] 投稿 ガーミンのウェアラブル端末でSuicaの利用可能に 5月21日から は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

「ウェアラブル端末」の画像

もっと見る

「ウェアラブル端末」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる