「ウェアラブル」とは?

関連ニュース

大興電子通信株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:松山晃一郎)は、2020年2月12日(水)より開催される「第6回 ウェアラブルEXPO」に熱中症対策パッケージソフトを出展します。 - 01月21日(火)18:00 

「ウェアラブルEXPO」は、最新のウェアラブル端末から活用ソリューション、AR/VR技術、最新ウェアラブルデバイス開発のための部品・材料まで、世界最大のウェアラブル専門展です。大興電子通信は、作業現場での熱中症対策や安全管理をご検討中のご担当者さまに、大規模な投資をすること無くトライアルいただけるパッケージを出展いたします。お客さまが抱えている熱中症対策として、当パッケージがどの程度有効か、自社の運用に適用できるかなど、本格的にご検討いただく前にトライアルとしてご利用ください。その他、IoWに連携したデバイスを多数展示いたします。ぜひご来場の際には当社出展ブースにお立ち寄りください。ただいま、本展示会の招待券をプレゼントしております。以下よりぜひお申し込みくださいませ。https://www.daikodenshi.jp/event/20200212-wearable/皆さまのご来場を心よりお待ちしております。【開催概要】会期:2020年2月12日(水)から14日(金)会場:東京ビッグサイト出展場所:西展示棟 2ホール 小間番号:10-66出展製品:・IoW熱中症対策トライアルサービス工場・倉庫などの職場においても、熱中症による死傷対策が大きな課題となっています。熱中症対策では、暑さ指数の測定、定期的な休憩、水分補給の促進などの対策が推奨されています。温湿度センサから暑さ指数を取得...more
カテゴリー:

最先端のテクノロジーを堪能!RhizomatiksとPerfumeの展覧会が開催 - 01月18日(土)08:00 

渋谷パルコ4階のミュージアム「PARCO MUSEUM TOKYO」で、27日までライゾマティクス(Rhizomatiks)による企画展「Rhizomatiks inspired by Perfume 2020」が開催中だ。 ・ライゾマとPerfumeのコラボ 「Rhizomatiks inspired by Perfume 2020」は、先端テクノロジーを駆使した演出を得意とし、斬新なインスタレーション作品やミュージックビデオなどを生み出してきたライゾマティクスとPerfumeがコラボレーションした企画展。ライゾマティクスが手がけて来たPerfumeのステージ演出技術と、Perfumeのデータを二次利用し制作した新作を含む映像インスタレーションなどを楽しめる内容となっている。 拡張現実、フォトグラメトリ、マシンラーニング、ウェアラブル・コンピューティングといった最先端のメディア・テクノロジーを駆使して作られたコンテンツを通じて、舞台演出やアートワークの裏側を堪能することができる。 ・VRの世界でパフォーマンスを堪能 会場は4セクションに分かれ、それぞれ最先端テクノロジーを使った展示を、視覚や聴覚を使って体験できるのがこの展覧会の大きな特徴。 ヘッドマウントディスプレーを装着して体験する「Flash-Virtual Reality」は、楽曲『Flash』の映像演出のために取得した3...more
カテゴリー:

福祉領域の活用から普及?五感を補助するウェアラブルデバイスに注目 - 01月16日(木)10:59 

このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

《視点》BtoBの先を見る - 01月16日(木)06:23 

 国内ではウェルネス志向の高まりを受け、衣料で健康にアプローチする動きが目立つ。ウェアラブル事業もヘルスケアやスポーツなどへの提案が相次ぐが、苦戦している企業が多い。原因は、消費者目線の欠落かもしれない。 あるメー...
カテゴリー:

ミツフジ社長に聞くウェアラブルの今【後編】衣服.. - 01月15日(水)09:07 

ミツフジ社長に聞くウェアラブルの今【後編】衣服型の心電計で保険適用も視野に
カテゴリー:

4万円のヘッドバンド「Muse S」で安眠できるのか実際に試してみた - 01月20日(月)13:00 

睡眠はウェアラブル健康機器分野にとって次の戦場だ。スマートウォッチとフィットネスバンドが数年前に挙って手を染めたが、手首でできることには限界があった。 CESには、スマートベッドからアラームクロック、ジェルクーリング・ヘッドバンドまでさまざまなカテゴリーが参加していた。テクノロジー中毒のストレス満載な脳に一生に一度の安らかな眠りを与えるというシンプルな問題に、さまざまな会社がさまざまなフォームファクターでソリューションを見つけようとしている。 そんな中、Muse Sは私が最も注目する1台だ。理由のひとつは昨年発売されたこの会社の第1世代製品(Muse Softband)が驚くほど効果的だったことがある。瞑想が苦手だと自認している者として、この脳スキャン技術は本当に有効だ。瞑想が筋肉をほぐすのに似ているとしたら、Museのヘッドバンドはどの筋肉をほぐすかを知るために大いに役立つ。 Muse Sはその技術を睡眠以外へも拡張した。理にかなった方向だ。睡眠はマインドフルネス瞑想の論理的な延長であることに間違いない。また、両者は相互によく影響を与え合う。いい瞑想はいい睡眠を導き、その逆も真だ。 私はCES前にこの新ヘッドセットを入手し、ショウの最中に使いはじめた。厳しい試練だ。旅先で使ったのでいくつか新しいことが起きた。材質が硬質プラスチック製から布製材料に変わったことは、ヘッドセットをつ...more
カテゴリー:

ファッションテックの黎明期を支えた「エトヴァス.. - 01月17日(金)17:46 

ファッションテックの黎明期を支えた「エトヴァス・ボネゲ」が小売事業を終了。創立者のOlgaは現在"布スピーカー"のインスタレーションに向けたクラウドファンディングを実施中。今後ウェアラブルデザイン開発などに注力するそうです。
カテゴリー:

データドリブン医療に兆し スタンフォードが「2020 ヘルス・トレンド・レポート」発表 - 01月16日(木)09:00 

医療費3兆ドルのアメリカでは、慢性疾患の病状管理にAIを導入するなど、データ活用で医療を効率化しようとの動きがある。GoogleやApple、IBMなどの大手テックがヘルスケア関連システム/サービスを積極的に展開しているほか、23andMeなどのようなヘルステック系スタートアップの台頭もめざましい。 こうしたなか、現場の医療従事者も、デジタルヘルス化の波を歓迎し、積極的にキャッチアップしようとしているようだ。 スタンフォード大医学部による「2020 ヘルス・トレンド・レポート」からは、今後のデジタルヘルス浸透の傾向を占ううえで重要となる上流域、医療現場の実情が読み解ける。 ・医療従事者は統計やプログラミングの習得に高い関心 アメリカ在住700人以上の医師や研修医、医学生を対象とした調査からは、医療従事者がデータドリブンな医療の価値を実感し、データサイエンスなどの技術習得を求めていることがうかがえる。 医師の47%、医学生の73%が、ヘルスケア・イノベーションに向けて備えたいと考えており、とりわけ、高度な統計や遺伝カウンセリング、PHM(大規模かつ長期スパンでの健康リスクの管理)、プログラミング……といったデータドリブンなテーマに関心が高いようだ。 また、ヘルスケア・イノベーションに向けて備えたいと考えている医師のうち34%でAIについて学びたいと考えているとのこと。 ・自らもヘルス...more
カテゴリー:

HOYA株式会社、日本ライトハウスとの共催により、全国12盲学校対象に 暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」贈呈式を開催 - 01月15日(水)15:00 

HOYA株式会社メディカル事業部(以下「HOYA」)は、2019年8月2日から10月31日の期間において実施された、社会福祉法人日本ライトハウス(以下「日本ライトハウス」)が発起人となっているクラウドファンディング『盲学校の生徒に星空を。暗闇で見える暗所視支援眼鏡を届けたい。』プロジェクトに協賛しました。日本ライトハウスは、クラウドファンディング・システムを利用することにより、同期間において300万円を目標とした寄附金を集めることを目指しておりましたが、その結果、目標を大きく上回る348万円(達成率116%)の寄付が集まりました。HOYAは、プロジェクトの成功を受けて、日本ライトハウスと協議し、当初予定であった10校に更に2校加えて、合計12校の盲学校に、暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」を特別価格にて協賛することを決定しました。HOYAと日本ライトハウスは共同で、昨年12月以降、対象となった盲学校に「HOYA MW10 HiKARI」の贈呈式を開催してきましたが、2020年1月9日の大阪府立大阪南視覚支援学校を最後として全12校への贈呈式を完了いたしました。日本ライトハウス・サービス部長の岡田弥氏は以下のようにコメントしています。「私たち日本ライトハウスは、これから社会で活躍される生徒様の可能性を支援するため、この暗所視支援眼鏡を全国の盲学校へ、くまなくお届けした...more
カテゴリー:

ComcastはNASCARなどと共同でSportsTechアクセラレーターを発足 - 01月14日(火)19:45 

米国メディア企業のComcast(コムキャスト)とNBCUniversal(NBCユニバーサル)は、未来のオリンピックのゴールドメダリストを支援する革新的なスタートアップ企業の育成に自信を見せている。この米国のメディア大手は、一部その勢いに乗って米国時間1月13日にSportsTech(スポーツテック)アクセラレーターを発足した。 TechCrunchは、ニューヨークの30ロックフェラー・プラザにあるGEビルディングで開かれたComcastの幹部による説明会に参加し、詳しい話を聞いた。なおComcastとNBCUniversalは、NBC Sports、Sky Sports、Golf Channelの各スポーツ放送ブランドと提携している。さらに、NASCAR、米国スキー・スノーボード協会、米国水泳連盟といった業界パートナーとも手を結んでいる。これらはみな、ComcastのNBCチャンネルで競技が放映されている。 本日より、プレシリーズA(シリーズA投資を受ける前の段階)のスポーツ技術スタートアップの申し込みを受け付ける。参加できるのは10社だ。参加が認められたベンチャー企業には株式ベースで5万ドル(約550万円)が出資され、SportsTechの3カ月にわたり、スポーツ業界からの支援や指導が受けられるアクセラレーター・ブートキャンプを受講することになる。キャンプは、Comcastの...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ウェアラブル」の画像

もっと見る

「ウェアラブル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる