「ウェアラブル」とは?

関連ニュース

劣化しない自発光型ディスプレイ「Micro LEDディスプレイ」! - 10月16日(水)09:35  news

京セラ、次世代技術「Micro LEDディスプレイ」を展示 #CEATEC 10月15日に開幕した技術展示会「CEATEC 2019」より。 京セラは次世代ディスプレイ技術「Micro LEDディスプレイ」の試作機を展示しています。 Micro LEDディスプレイ技術は、簡単に言うと超小型のカラーLEDをそのまま並べてディスプレイに使用するというもの。 有機ELと同様に自発光型(画素そのものが光る)ですが、有機ELディスプレイ以上の高輝度が実現可能。 さらには有機ELと異なり部材の劣化が遅く、長寿命という特徴があります。 国内では京セラ、ソニーや...
»続きを読む
カテゴリー:

ザクティ(旧三洋電機)から「驚くほどブレない」ウェアラブルカメラが発売🙃 三洋電機って懐かしい響きだな - 10月16日(水)06:08  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/kaminari.gif 株式会社ザクティが、“驚くほどブレない” (自社開発「エクスタビライザ」搭載)業務用ウェアラブルカメラを発売 品名 業務用ウェアラブルカメラ 品番 CX-WE100 希望小売価格 オープン 発売日 2019年11月 ※2019年10月15日(火)~18日(金)に幕張メッセで開催される CEATEC2019のザクティブース(B021)にて、 揺れ補正機能エクスタビライザを体感いただけます。 https://xacti-co.com https://xacti-co.com/pdf/info20191010.pdf ...
»続きを読む
カテゴリー:

網膜投影式のメガネ型ウェアラブルデバイス「RETISSA Display II」 - PC Watch - 10月15日(火)16:53 

網膜投影式のメガネ型ウェアラブルデバイス「RETISSA Display II」 - PC Watch
カテゴリー:

国際会議「ポイントオブケア・バイオセンサー・モバイル診断学会欧州大会:2020年」(Select Biosciences, Ltd.主催)の参加お申込み受付開始 - 10月11日(金)12:30 

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2020年6月23-24日 オランダ、ロッテルダムにて開催されますSelect Biosciences, Ltd.主催 国際会議 「Point-of-Care, Biosensors & Mobile Diagnostics Europe 2020-ポイントオブケア・バイオセンサー・モバイル診断学会欧州大会:2020年」の代理店として参加のお申込み受付を10月11日より開始致しました。SELECTBIO主催のPoint-of-Care, Biosensors & Mobile Diagnostics Europe 2020には、研究機関や製薬会社に所属する主要なオピニオンリーダーが顔を揃え、成長を続けるポイントオブケア診断とウェアラブル機器の分野をめぐって議論を展開します。会期中は、この分野の主要な研究者による最新のデータを盛り込んだ講演を聞きながら、世界各地から集まるさまざまな組織の代表と人脈を構築し、関係を深めることができます。この学会は、最新の技術や規制機関の承認などを含むポイントオブケア (POC) 検査分野の全体像を示すもので、生物学、化学、技術開発が接する部分に携わっている生命科学分野の研究者が一堂に会し、さまざまな問題について議論しながら解決策を探ったり、協...more
カテゴリー:

【朗報!】ハゲ頭に毛が生えた!電気刺激の発毛技術 米大学が開発(動画) - 10月06日(日)06:03  newsplus

https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/1/31431.html 朗報!ハゲ頭に毛が生えた!電気刺激の発毛技術 米大学が開発(動画) 2019年10月06日 06時00分  世の男性のなかには、「抜け毛」以上に怖いものなど地球上にないという人がいるそうだが、米ウィスコンシン大学マディソン校のエンジニアが、ラットを使った実験で、低周波の電流を流すことで、眠っていた毛包細胞を刺激し、発毛を促進する夢の技術を開発した! 非常に小さなナノ発電機  米国化学学会が発行する学術誌『ACS Nano』に先月10日に掲載された論文によ...
»続きを読む
カテゴリー:

サムスンのGalaxy Watch Active 2はAndroidユーザーに最適なスマートウォッチ - 10月16日(水)08:15 

Samsung(サムスン)製のスマートウォッチは、実はなかなかよくできているのだが過小評価されている。1人のプレーヤーがほぼ完全に支配しているカテゴリーで、大きな注目を集めるのは難しい。それでも最近の調査結果によると、サムスンは世界市場のシェアで2位の座を維持している。シェアは11.1%で、Apple(アップル)の数字の3分の1よりもちょっと少ないといったあたり。 Galaxy Watchシリーズは、アップルの製品との違いがかなり際立つものとなっている。サムスンのスマートウォッチに流れる哲学は、同社の他のモバイル製品と共通している。つまり、バラエティに豊んだ製品を提供し、新しいことに挑戦するのを恐れないというもの。これは、Apple Watchの毎年の変化の少なさと好対照だ。アップルの場合、1種類のキーとなる製品を提供し、それを少しずつ改善していく方針を採用している。 Galaxy S10が発表された2月のUnpackedイベントでは、簡略化されたGalaxy Watch Activeも登場した。シンプルになり、そして何よりも安価になったシリーズは、TizenベースのOSを搭載するウェアラブル製品のラインアップに組み込まれた。正直に言って200ドル(約2万1600円)という価格は重要だった。比較的最近になって、このカテゴリでシェアを急拡大したFitbitと競える価格帯に、このデバ...more
カテゴリー:

ANAHD、アバター本格展開へ 綾瀬はるかさんが操作体験 - 10月15日(火)20:26 

ANAホールディングス(ANAHD)は、遠隔操作ロボットによる瞬間移動技術「ANAアバター」を提供するためのプラットフォームとなる「avatar-in」をローンチし、2020年4月のサービス化を目指すと発表した。 ANAHDのアバター事業は、2018〜2022年度中期経営計画において、内閣府が提唱する未来社会のコンセプト「Society5.0」の実現に向けた取り組みのひとつ。仮想現実(VR)、ロボティクス、センサー、触覚技術(ハプティクス)等の最先端テクノロジーを用い、遠隔地のアバターロボットを操作することで、あたかもそこに自分自身が存在しているかのようにコミュニケーションや作業を行う「瞬間移動」の実現を目指す。 10月15日に開幕した情報技術(IT)の見本市「CEATEC 2019」で基調講演を行なったANAHDの片野坂真哉代表取締役社長は、「アバターの進化」をこう見通す。 「2025年までに、介護士と同じ動きをするアバターが誕生する。2030年までにはレスキュー隊と同じ動きができるようになる」 さらに、2040年までには脳からの指示でアバターを操作できるようになり、2050年には五感を通じて全く同じ体験ができるようになるという。 講演の後半では、片野坂社長が普及型コミュニケーションアバター「newme」を発表した。10.1インチディスプレイに操作者の顔を映し出し、遠隔操作によ...more
カテゴリー:

夜のアクティビティを安全に!ウェアラブルガジェット「ECLIPSE」 - 10月11日(金)19:00 

視認性を高めるプロダクトは「装着」する時代へ──。常に危険が潜む、夜間のウォーキングやランニング、サイクリング。可能な限り自分の存在を相手に発信するために、こんなプロダクトを身に付けるのがイイかもしれない。スウェーデン発の「ECLIPSE(エクリプス)」。クリップで簡単に取り付けできる小型LEDライトだ。自身が発光するため、リフレクターと比較してもさまざまな角度・距離からの視認性が高い。直径3.5cm、重さ14gと超軽量。生活防水仕様なので、多少の雨ならものともしないだろう。本体カラーはブラックとグレーの2色展開。フロント用の白色LEDとリア用の赤色LEDに切り替えが可能だ。冬場になると太陽が一日も上らない「極夜」があり、自分の存在をアピールする必要があるという北欧ならではの事情から生まれた本プロダクト。現在、「Makuake」にてクラウドファンディングを実施中!Top image: © Makuake
カテゴリー:

スタイリッシュな見た目も魅力!健康をサポートしてくれるリストバンド「weara」 - 10月10日(木)16:00 

健康管理ツールとしてウェアラブルデバイスを日常的に使用している人も増加している中、見た目もスタイリッシュなウェアラブルデバイスが新たに登場。「weara」は、毎日24時間365日の活動と睡眠を記録し、改善提案を行なうリストバンド型ウェアラブルデバイスだ。 ・データをもとに健康管理 「weara」を身につけることで、複数のセンサーによって、消費カロリーをはじめ、歩数・距離・心拍、睡眠の時間や質の記録が可能に。 データは、クラウドで管理されビッグデータとして機械学習や統計的手法により、活動、睡眠、バイタル情報との相関関係を解明。連動するアプリを介して健康のための改善提案やミッションを得ることができる。 ・毎日つけるものだからこだわりたいファッション性 これまでにないデザインが特徴的なweara。小型でシンプルなリストバンド型ウェアラブルデバイスなので、活動量計としての存在感を隠し、ワンポイントのアクセサリーのように装着できる点が特徴。 バンド部分はシーンにあわせ付け替え可能なので、仕事用、カジュアル用、スポーツ用と用途に合わせ選択することができる。時計用交換バンドを使用することで、コーディネートは無限に。 ウェアラブルデバイスに興味はあるものの、デザインが気に入らず購入に踏み切れない、という声はよく耳にする。コーディネートの幅が広い「weara」ならそんな悩みも解決。新たな健康管理ツー...more
カテゴリー:

リアルな触感!柔らかい人工皮膚をスイスの大学が開発 - 10月03日(木)17:00 

触覚は私たちの五感のひとつであり、モノを知覚するのに重要な役割を果たす。今回、スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究チームが、シリコンと電極でできた、リアルな触感をもつ柔らかい人工皮膚を開発した。 ・アクチュエータとソフトセンサーを使用 この人工皮膚は、空気圧アクチュエータとソフトセンサーのシステムを使用し、着用者の指の形状に正確に適合して、圧力と振動の形で触覚フィードバックを提供してくれる。 空気圧アクチュエータは、さまざまな圧力と周波数に合わせて調整でき、アクチュエータが形成する膜層が膨張収縮すると、皮膚が振動する。 そして、膜層の上にある柔らかい電極を含むセンサー層は、以下の働きをする。電極が皮膚の変形を連続的に測定して、データをマイクロコントローラーに送信すると、マイクロコントローラーが着用者の動きや外的要因の変化に応じて着用者に送信する感覚を微調整するのだ。 ・リハビリや仮想現実と拡張現実のアプリケーション向けの開発を予定 この人工皮膚は最大100万回、元の長さの4倍まで伸ばすことができ、医療分野などにおけるウェアラブルアプリケーションに最適だという。 現在、科学者らは人工皮膚を指でテストしながら、技術改善を行っている。今後は、リハビリテーションや仮想現実と拡張現実のアプリケーション向けに完全にウェアラブルなプロトタイプを開発していく予定。 EPFL
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ウェアラブル」の画像

もっと見る

「ウェアラブル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる