「ウイルス感染症」とは?

関連ニュース

日本人long COVIDの特徴は? - 02月03日(金)04:00 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症、いわゆる「long COVID」の日本人での実態が報告された。症状としては倦怠感や抑うつなどが多く、女性や就労が制限されている人および非就労者でパフォーマンスの…
カテゴリー:

【コロナ後遺症】謎を解く鍵?スパイクタンパク質が引き金の「毛細血管を詰まらせる微小血栓」分析研究中で治療法はまだ先 - 02月02日(木)21:51  newsplus

コロナ後遺症の謎を解く鍵? スパイクタンパク質が引き金の「毛細血管を詰まらせる微小血栓」 ウイルスのスパイクタンパク質が引き金に、通常より壊れにくい血栓 ナショナル ジオグラフィック 2023.01.31 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/23/013000047/ 走査型電子顕微鏡(SEM)による血栓の拡大画像。繊維状のタンパク質によってできた網に、 血小板(青紫)という小さな細胞片と赤血球が引っかかってできている。 毛細血管にできるものは微小血栓と呼ばれる。 健康な血液中の微小血栓(左)と、 新型コロナ後...
»続きを読む
カテゴリー:

都立中等教育学校等入学者決定 特例措置 - 02月02日(木)15:53 

令和5年度東京都立中等教育学校及び東京都立中学校(以下「都立中学校」という。)の入学者決定における新型コロナウイルス感染症対策として、新型コロナウイルス感染症の感染者等であったため、出願した都立中学校を受検することができなかった者に対する特例措置として以下のとおり、「特例による検査」を実施します。
カテゴリー:

【東京慈恵会医科大学研究】妊婦のコロナワクチン接種はオミクロン変異株による重症化や妊娠合併症のリスク低減に有効 - 02月02日(木)15:49  newsplus

東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座 助教 ??橋健らが参加する国際研究チームINTERCOVID-2022 International Consortiumは、 妊婦における新型コロナウイルスワクチン接種が、オミクロン変異株による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化や 周産期転帰に与える影響について世界18カ国・41の病院で調査を実施しました。 この結果、ワクチン接種によりCOVID-19から母児を効果的に保護できることが判明しました。 依然としてCOVID-19のパンデミックが続く中、今回の研究結果は妊婦への新型コロナウイルスワクチン接種の...
»続きを読む
カテゴリー:

初日からファンら続々「球音と選手に熱視線」 プロ野球・沖縄キャンプ - 02月02日(木)13:17 

 沖縄県内では1日、プロ野球7球団がキャンプをスタートさせた。新型コロナウイルス感染症の影響で昨年まで制限されていた観客の入場が緩和され、各球場には県内外から続々とファンが訪れた。各地で青空が広がり気温23度まで上がる陽気に包まれる中、活気に満ちた選手たちの練習にファンも球春到来を喜び、熱視線を送っ...
カテゴリー:

ロボコンベトナム、3年ぶり開催へ [社会] - 02月03日(金)03:55 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により2019年を最後に開催が中止されていた「ロボコンベトナム(Robocon Vietnam)」が、5月24日から28...
カテゴリー:

新型コロナ:2日の新規感染者14人・死者なし [社会] - 02月02日(木)20:14 

 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する2日の発表によると、国内で感染者14人が新たに確認された。<br /><br /> 2日午後の発...
カテゴリー:

都立高等学校入学者選抜 特例措置 - 02月02日(木)15:53 

令和5年度東京都立高等学校入学者選抜における新型コロナウイルス感染症対策として、新型コロナウイルス感染症の感染者等であったため、出願した都立高等学校を受検することができなかった者に対する特例措置として以下のとおり、「特例による検査」を実施します。
カテゴリー:

和歌山県が和歌山市・白浜町進出IT企業3社による座談会&Uターン転職者によるインタビュー動画を公開 - 02月02日(木)14:00 

  進出IT企業3社による座談会    和歌山県は、ビジネス環境の良さと安全で快適な生活環境の強みを生かした新しいワークスタイルをIT企業に提案するため、「アフターコロナ時代のNew Work×Life Style」動画を制作し公開しました。  新型コロナウイルス感染症の影響により、人々の働き方はドラスティックに変化。オフィスの在り方も見直され、在宅勤務が増え、社員は一箇所に集まらなくなりました。  しかし、オフィスは本当に不要でしょうか。私達は、社員同士のコミュニケーションや共同作業の場として、オフィスはこれからも必要であると考えます。  ただし、そのオフィスは、首都圏でなくても良いのです。自然豊かで快適な環境下にオフィスを置き、その周辺で生活をする。これこそが、これから求められるワークライフスタイルではないでしょうか。アフターコロナ時代に求められるビジネス環境が、和歌山にあります。     動画①「進出IT企業3社による座談会 New Work×Life Style」  和歌山市や白浜町にサテライトオフィスを設置済みの3社の担当者が集まり、前編では「なぜ和歌山を選んだのか(進出のきっかけや決め手)」、後編では「進出して分かった和歌山の魅力」をテーマに座談会形式で話し合いました。(各約15分)   前編:...more
カテゴリー:

3.11第9回 被災地復興支援チャリティ・コンサート開催 - 02月02日(木)11:00 

2023年2月1日(水) ミューザ川崎シンフォニーホールhttps://www.kawasaki-sym-hall.jp/calendar/detail.php?id=3116                 ミューザ川崎シンフォニーホール    3.11 第9回 被災地復興支援チャリティ・コンサート開催 川崎市内全世代によるチャリティ合唱団が歌うベートーヴェン「第九」ほか 2022年の被災地復興支援チャリティ・コンサートから 黙祷の様子 ©T.Tairadate     ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市幸区大宮町1310)は、2023年3月11日(土)に9回目となる「被災地復興支援チャリティ・コンサート」を開催します。 ミューザ川崎シンフォニーホールは2011年の東日本大震災で甚大な建築被害を受け、その復旧のために川崎市民やオーストリア・ザルツブルク音楽祭をはじめ国内外の多くの個人・団体の皆様からご支援をいただきました。3月11日はミューザ川崎シンフォニーホールにとって忘れてはならない日であり、音楽とともに震災犠牲者の皆様を追悼し、災害の復興に貢献するためにチャリティ・コンサートを開催しています。 コンサートでは、地震発生時刻にあわせて黙祷を行うほか、本公演のチケット収入と同額および会場の募金箱に寄せられた全額を、日...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる