「イーサリアム」とは?

関連ニュース

仮想通貨取引所DMM Bitcoinの特徴は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説 - 11月18日(月)18:06 

現在仮想通貨取引所でトレーダーを行なっており日々他社の動向や機能、そして仮想通貨の市況をチェックしています。日々の仕事内容で他社の機能をチェックする機会も多いことから今日はDMM Bitcoinの特徴について徹底解説していきます。 筆者は前職で3メガ系証券会社で外国為替のスポット、フォワードトレーディング、そしてEM通貨建(トルコリラ、南アフリカランド、インドルピー、ブラジルレアル等々)クレジットトレーディングを行なっており、マーケットサイドで長年携わってきました。トレーディングの視点も盛り込みながらDMNコインの機能について解説していきたいと思います。 目次 DMM Bitcoinってどんな会社? DMM Bitcoinの取り扱い通貨 DMM Bitcoinの手数料は? DMM Bitcoinのスプレッドは? 4-1. 現物取り扱い通貨のスプレッド 4-2. レバレッジ取引通貨ペアのスプレッド DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinってどんな会社? DMM BitcoinはDMMグループの子会社として設立されています。DMMグループは未上場の企業でありがら売上高はグループ全体で2,000億円を超えるほどの大企業です。グループでは電子書籍から、FX事業まで幅広いジャンルで事業展開しており、その中に仮想通貨事業を展開するDM...more
カテゴリー:

TechCrunch Tokyo 2019バトル優勝は音声解析AI搭載IP電話サービスのRevComm - 11月15日(金)19:03 

11月14日、15日に開催されたスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2019」。設立3年未満、正式ローンチが1年未満のプロダクト/サービスを持つスタートアップ企業が競うピッチコンテストであるスタートアップバトル。今年は過去最多となる約130社の応募があり、最終的に20社がファイナリストに決定。初日11月14日のファーストラウンドを勝ち抜いたのは、Linc’well、オーティファイ、SE4、RevComm、KAICO、Bassetの6社だった。 この6社が11月15日にファイナルラウンドが開催され、最優秀賞に選ばれたのは、音声解析AIを搭載したクラウド型IP電話サービス「MiiTel」(ミーテル)を開発・販売するRevComm。同社は、B Dash Camp 2019 Springに続くダブル受賞となった。 関連記事:B Dash Camp 2019 SpringのPitch Arena優勝はAI搭載型クラウドIP電話サービスのRevcomm Linc’well Linc’wellがプロデュースする診療所であるクリニックフォア田町では、オンライン予約システムやAIを取り入れた問診システムの活用、院内のオペレーションを効率化する電子カルテの導入などを通じて、患者の体験向上とクリニックの経営効率化を目指す。患者は、診断...more
カテゴリー:

イーサリアム2.0は「証券である可能性」 CFTC委員長がPoS導入を巡り指摘【ニュース】 - 11月15日(金)10:40 

米商品先物取引委員会(CFTC)のヒース・ターバート委員長は、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を導入するイーサリアム2.0は証券として分類される可能性があると指摘した。仮想通貨メディアDecryptoが伝えた。
カテゴリー:

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:11月14日更新【フィスコ・ビットコインニュース】 - 11月14日(木)10:13 

11月中旬~12月にかけての仮想通貨関連イベントをまとめている。12月9日には、ニューヨーク証券取引所を傘下とする米インターコンチネンタル取引所の仮想通貨関連子会社Bakktが、ビットコインの先物取引を基としたオプション取引の提供を開始する。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)も来年1月にビットコインのオプション取引を提供すると発表しており、12月以降に新サービスの提供が続く形となる。 【仮想通貨のイベントスケジュール:11月14日更新】 10月28日-11月15日:FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)の対日審査(開催地:日本) 11月7日-11月8日:リップル「SWELL2019」(開催地:シンガポール) 11月13日-11月14日:ブロックチェーン・エキスポ—ワールド・シリーズ(開催地:北米) 11月29日ロンドン時間午後4時:CMEのビットコイン先物11月物SQ(日本時間11月30日午前1時) 12月3日-12月4日:フィンテック・コネクト2019(開催地:イギリス) 12月4日前後:イーサリアム大型アップグレード「イスタンブール」メインネットでの起動 12月9日:Bakkt、ビットコイン先物を基としたオプション取引を提供開始(開催地:アメリカ) 12月27日ロンドン時間午後4時:CMEのビットコイン先物12月物SQ(日本時間12月28日午前1時)
カテゴリー:

冴えない仮想通貨相場、トロンはポロニエックス効果で上昇 | 「イーサリアムをひっくり返す」との声も【仮想通貨相場】 - 11月13日(水)18:40 

仮想通貨相場は小幅な値動きとなっているが、トロンがポロニエックスへの上場効果で上昇している。
カテゴリー:

HashHub、レポート「Ethereum2.0 コンプリートガイド」を無料公開 〜2020年初頭の大型アップデートで何が変わるのかを解説 - 11月18日(月)15:30 

ブロックチェーン特化型のコワーキングスペース事業などを手がけるHashHubは11月16日、同社子会社d10n Labが会員向けに配信した、Ethereum(イーサリアム)2.0を解説するレポートを公開した。2019年7月時点でのEthereum 2.0に関する情報をまとめた、同書のPDFファイルを無料ダウンロードすることができる。
カテゴリー:

イーサリアム 2.0の新通貨が有価証券に該当する可能性 米CFTC会長が示唆【フィスコ・アルトコインニュース】 - 最新株式ニュース - 11月15日(金)17:33 

米CFTC(商品先物取引委員会)の会長Heath Tarbert氏は、PoS(トークンステーキングメカニズム)による通貨が有価証券に該当する可能性があると示唆した。CFTCの関係者はこれまで、イーサリアムのステータスとして、有価証券には該当しないとの見解を度々示していたが、アップデート伴うシステム変更で証券性に関する見解に変化が生じる可能性が見えてきた。大型カンファレンス「Invest: NYC」
カテゴリー:

TechCrunch Tokyo 2019スタートアップバトルのファイナル進出6社が決定 - 11月14日(木)22:53 

11月14日、15日に開催されるスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2019」。その中の目玉企画は、なんといってもスタートアップバトル。設立3年未満、正式ローンチが1年未満のプロダクト/サービスを持つスタートアップ企業が競うピッチコンテストだ。今年は過去最多となる約130社の応募があり、最終的に20社がファイナリストに決定。そして初日のファーストラウンドで6社が勝ち残った。 ファーストラウンド通過の順位はまだ明かせないが、実は審査員の総得点では、同得点で3位が3社、さらに同得点で6位が3社、そして2位から9位まで3点差というかなり熾烈な戦いだった。まず審査員の総得点でファイナル進出を決める5社は、1位、2位、3位3社の計5社で確定、残すは会場投票の1社。その会場投票でファイナル進出を勝ち取ったのは、同得点で6位に並んでいた3社の中の1社だった。結果的には、上位6社が選ばれたので順当な結果ともいえる。以下、ファイナルラウンド進出の6社を、ファイナルラウンドのピッチ順に紹介する。 チケット購入はこちらから Linc’well Linc’wellがプロデュースする診療所であるクリニックフォア田町では、オンライン予約システムやAIを取り入れた問診システムの活用、院内のオペレーションを効率化する電子カルテの導入などを通じて、患者の体験...more
カテゴリー:

イーサリアムのDappsゲーム “Gods Unchained” のトークンボリュームが急増 背景に香港問題か【ニュース】 - 11月13日(水)19:41 

イーサリアムベースのトレーディングカードゲーム“Gods Unchained”(ゴッズアンチェインド)のトークン取扱い量が急拡大している。
カテゴリー:

CryptoGTの評判は?メリット・デメリットを徹底解説 - 11月13日(水)17:57 

筆者は仮想通貨取引所でトレーダーを行なっていましたが今でも個人投資家として仮想通貨は毎日欠かさずチェックしています。日本のユーザーでも仮想通貨取引所は海外の仮想通貨取引所で行うのが一般的になりつつなる中、海外の取引所は抵抗がある方も多いことでしょう。しかし日本がこれだけハッキング等被害を受けている中「日本の仮想通貨取引所=安心」という方程式は成り立たないことをなんとなく察している方も多いのではないでしょうか。 今回は日本で1年ほど運営している実績のある取引所CryptoGTについてフォーカスし、メリット、デメリット等を詳細にご紹介していきます。 目次 CryptoGTってどんな会社? CryptoGTのメリットは? 2-1. レバレッジ500倍 2-2. 証拠金としての仮想通貨の種類が豊富 2-3. カスタマーサポートが日本語対応 2-4. 追証なし 2-5. 通貨ペアがレバレッジ取引所では世界一 2-6. MT5対応 2-7. 約定拒否が少ない CryptoGTのデメリット 3-1. 日本円での出金は不可 3-2. UI/UXに改善の余地 3-3. 証拠金維持率の設定が高い CryptoGTってどんな会社? 最初にCryptoGTってどのような会社なのかをご紹介していきます。CryptoGTの運営会社はHatio Ltdという会社が運営しています。CryptoGTはHati...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「イーサリアム」の画像

もっと見る

「イーサリアム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる