「インバウンド需要」とは?

関連ニュース

部位から選べる牛カツ、京都勝牛に登場 - 05月21日(火)17:00 

2014年に京都で創業し、現在では日本国内で54店舗、海外に20店舗と急成長している牛カツ専門店「京都勝牛」(本店:京都市中京区)。新メニューとして、部位から選べる牛カツの定食が登場した。 近年、インバウンド需要の増大や […]
カテゴリー:

シーエスアーキテクト、リユース業向けPOSシステムの「タロスPOS」に免税レジ機能を搭載。訪日外国人客向けの免税処理を手軽に。リサイクル店の中古品免税販売を推進 - 05月16日(木)14:00 

日本は今空前のインバウンドブーム。活性化しつつあるインバウンド需要に対応すべく、小売業向け業務パッケージの【タロス】に免税レジ機能を追加します。これまで免税販売に興味があったものの免税手続きに関する業務負担の大きさに導入を断念していた店舗様はもちろん、外国人観光客に人気のある中古商材の販売を行うリユース業の小売店様・リサイクルショップ様にも便利にご利用いただけます。
カテゴリー:

5/10の配信レポート一覧:伊藤忠テクノソリューションズ(4739)、竹内製作所(6432)、三菱電機(6503)、他 - 05月13日(月)09:17 

【企業調査】 6432 竹内製作所 企業調査 「販売が欧米中心の同社業績は底堅い見通し。会社計画は保守的な印象」 6503 三菱電機 企業調査 「足元は苦戦だが、下期からの回復により今期は増収増益を予想」 6902 デンソー 企業調査 「今期25%営業増益を予想。日系自動車メーカーの生産拡大を想定」 7205 日野自動車 企業調査 「米国など海外販売の伸長などから今期は7%営業増益を予想」 4739 伊藤忠テクノソリューションズ 企業調査 「高水準の受注残高を支えに20/3期も業績拡大見通し」 9437 NTTドコモ 企業調査 「今期営業利益は料金値下げの影響で16%減益予想」 【会社概要】 2412 ベネフィット・ワン 会社概要 「今期18%営業増益計画、働き方改革や健康経営など社会経済動向の追い風続く」 2492 インフォマート 会社概要 「受発注システムの顧客増加や費用後ズレで1Qは社内計画超過。通期計画維持」 3105 日清紡ホールディングス 会社概要 「1Qは大幅減益だったが、概ね予定通り。通期の回復見通しを堅持」 3341 日本調剤 会社概要 「医療従事者派遣・紹介の牽引で今期は7%営業増益を計画」 3612 ワールド 会社概要 「今期コア営業利益は成長投資先行で実質3%増にとどまる計画」 3668 コロプラ 会社概要 「19/9期上期は大幅減益。既存タイトルの落ち込み...more
カテゴリー:

【東京商工リサーチ特別レポート】百貨店の減収が止まらない インバウンド頼れぬ地域の「名門」苦境に【東京商工リサーチ】 - 05月07日(火)06:50 

 百貨店の減収に歯止めがかからない。街のランドマークだった百貨店の存在感が薄れ、2018年はインバウンド需要を取り込みにくい地場独立系の減収が8割に達した。現状を打開する経営改善が進まないと、地域の「名門百貨店」の看板を下ろすことも現実味を帯びている。
カテゴリー:

シーエスアーキテクト、リユース業向けPOSシステムの「タロスPOS」に免税レジ機能を搭載。訪日外国人客向けの免税処理を手軽に。リサイクル店の中古品免税販売を推進 - 05月16日(木)14:00 

日本は今空前のインバウンドブーム。活性化しつつあるインバウンド需要に対応すべく、小売業向け業務パッケージの【タロス】に免税レジ機能を追加します。これまで免税販売に興味があったものの免税手続きに関する業務負担の大きさに導入を断念していた店舗様はもちろん、外国人観光客に人気のある中古商材の販売を行うリユース業の小売店様・リサイクルショップ様にも便利にご利用いただけます。
カテゴリー:

【5月24日(金)開催 海外マーケティング無料セミナー】 「インバウンド対策の最適解は、なんと多言語SNS??」 ~グローバルSNSマーケティングセミナー~ - 05月16日(木)10:00 

海外デジタルマーケティングの支援を行う株式会社インフォキュービック・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:山岸ロハン、以下インフォキュービック・ジャパン)は、令和元年5月24日(金)14:00より「インバウンド対策の最適解は、なんと多言語SNS??~ グローバルSNSマーケティング特別セミナー~」を、関東ITソフトウェア健保会館 (大久保)にて開催いたします。今回は、グローバルユーザー数23億2,000万人を数えるSNS「Facebook」を始め、日本でもユーザー数2,800万人超となった「Instagram」、2014年にチャットアプリ「WhatsApp」を買収しさらにその影響度が増しているMessenger」を管轄するフェイスブック社から、特別講師を迎えてお送りするセミナーです。世界が注目する「東京オリンピック・パラリンピック」を来年に控え、インバウンド市場が右肩上がりで成長し続けている昨今、旅行者には欠かせないデジタルツールでもあるFacebook・Instagram・Messengerを通じたウェブ上の企業様のメッセージ配置を最適化し、「インバウンドビジネスを最大化する」ためのエッセンスをギュッと凝縮。 「高まるインバウンド需要」×「B2Cビジネス」×「多言語SNSマーケティング」というホットな切り口で、 国内企業のマーケター様に的確な施策のエッセンス・メソッドをお伝え...more
カテゴリー:

ついに日高屋、てんやも参戦。低価格とんかつ戦争が激化する理由 - 05月13日(月)05:00 

今、低価格とんかつ業態に、日高屋、丸亀製麺、てんやと言った有名店を展開する外食各社が次々と参入し話題となっています。なぜ今「とんかつ」なのでしょうか。今回、フリー・エディター&ライターでビジネス分野のジャーナリストとして活躍中の長浜淳之介さんが、様々な側面からその理由を分析するとともに、「低価格とんかつ業態の今」と今後の見通しを詳細に記しています。 低価格とんかつに新規参入が相次ぐわけ 外食で低価格とんかつ業態に新規参入が相次いでいる。「熱烈中華食堂 日高屋」を展開するハイディ日高が「とんかつ日高」を今年1月に出店。「丸亀製麺」のトリドールホールディングスが「豚屋とん一」を2015年から展開。「天丼 てんや」のテンコーポレーションが「とんかつおりべ」を昨年12月にオープン、などといった具合だ。 背景には、低価格とんかつ業態の急成長がある。この分野のパイオニアは、アークランドサービスホールディングスの「かつや」。1998年相模原市南区に1号店をオープンして以来、順調に店舗を伸ばし、国内367店(18年12月現在)を展開している。また、牛丼「松屋」の松屋フーズホールディングスが展開する「松のや」(松乃家、チキン亭と表記する店もある)も、190店(19年4月現在)まで増えてきた。 14年末には「かつや」は292店、「松のや」は60店だったので、それぞれ5年ほどの間に「かつや」は1.3倍...more
カテゴリー:

「インバウンド需要」の画像

もっと見る

「インバウンド需要」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる