「インバウンド市場」とは?

関連ニュース

「インバウンド業界カオスマップ」2020年上半期最新版が公開、約1400サービスを網羅 - 02月18日(火)14:10 

今年は東京オリンピックが開催され、政府は年間で訪日外国人旅行者4000万人を誘致する目標を掲げている。そんな背景もあり、訪日外国人を受け入れる対策や環境の整備が進められ、ここ日本でも様々なサービスが誕生してきた。そんな数多くのサービスを、「訪日ラボ」を運営するmovがカオスマップにして、2月18日に公開した。 題して、「インバウンド業界カオスマップ 2020年上半期最新版」。movいわく、このカオスマップを作成した理由は「拡大を続けるインバウンド市場において、各事業者、自治体の担当者レベルでどのようなインバウンド対策ソリューションが存在し、サービス事業者がいるのかを把握するのは困難」なため、「インバウンド業界に乱立する様々なソリューションなどを把握出来るように」。 TechCrunch Japanでも様々なカオスマップを紹介してきたが、約1400サービスを網羅しているのは圧巻だ。こちらから無料でダウンロードできるこのカオスマップはよく工夫されていて、各サービスのロゴをクリックすることで、サービスの詳細を訪日ラボで見ることができるようになっている。 このカオスマップでは、サービスを「プロモーション」、「分析・マーケティング」、「受け入れ環境整備」の3つの大カテゴリに分類。MATCHA、Discover Japan、Time Out Tokyoなどの情報サイトから、荷物預かりのecb...more
カテゴリー:

参加無料のインバウンドセミナーを広島県で初開催 ~欧米豪から年間1万人以上の旅行客を呼び込むSDGsカンパニーが伝える秘話とは?~ - 02月04日(火)13:00 

株式会社テーブルクロス(東京都新宿区、代表取締役:城宝薫)が提供するフードツーリズムプラットフォーム『byFood.com(バイフードドットコム)』は、2020年2月19日(水)に初の主催セミナーを広島県で開催することをお知らせいたします。『byFood.com(バイフードドットコム)』は、訪日外国人向けに、料理教室やグルメツアー、テイスティングイベントなど、食に関わる体験(エクスペリエンス)を販売しているプラットフォームです。訪日の目的の上位を占めているのが飲食だとする調査結果もあるように、フードエクスペリエンスはインバウンド業界のなかでも注目されるコンテンツです。また、同社は訪日旅行客がエクスペリエンスを予約するだけで購入金額の一部がチャリティになるプロジェクトにも取り組んでおり、国内外のこどもたちの支援を通して、SDGsの達成にも貢献しています。会社としての寄付額は2019年12月末までに760万円を越え、SDGsカンパニーとして受賞するなど評価を高めてまいりました。本セミナーでは、「欧米豪から年間1万人以上の旅行客を呼び込んだSDGsカンパニーが直伝!インバウンドセミナー」と題し、インバウンド市場の最新情報や新しい観光資源を誘致するのではなく、既存の食文化に体験という視点を掛け合わせ、「ここだけしか体験できない」という付加価値を付けたコンテンツを開発する方法、佐賀県や福岡県...more
カテゴリー:

「インバウンド市場」の画像

もっと見る

「インバウンド市場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる