「インド太平洋」とは?

関連ニュース

プーチン大統領 インド首相との首脳会談へ 米けん制する思惑か - 12月05日(日)19:02 

ロシアのプーチン大統領は6日、インドを訪問して、モディ首相と首脳会談を行います。アメリカがインドを含めた「クアッド」と呼ばれる枠組みでインド太平洋地域での連携強化を図るなか、ロシアは、伝統的な友好国であるインドとの関係をアピールし、アメリカなどをけん制する思惑があるものとみられます。
カテゴリー:

プーチン大統領「巨大な人口抱える中国の軍事費が増えるのは当たり前。むしろ欧米が地域の安定を妨害」 - 12月04日(土)22:07  news

プーチン大統領 中国の軍事力増強を擁護「AUKUS」を批判 ロシアのプーチン大統領は中国の軍事力増強について擁護する考えを示す一方、アメリカがイギリスやオーストラリアと立ち上げたインド太平洋地域の新たな安全保障の枠組みについて「地域の状況をむしろ緊張させる」と批判しました。 プーチン大統領は30日、国内外の企業経営者や投資家などが参加するオンラインのフォーラムに参加しました。 この中で、中国の軍備増強について、懸念はないのかと質問されたのに対し、プーチン大統領は、「中国は、巨大な人口を抱える国で、...
»続きを読む
カテゴリー:

対中国でベトナムと強める軍事的関係を日本のメディアが伝えぬ理由 - 12月04日(土)10:30 

11月24日、総理大臣官邸にてベトナムのチン首相との首脳会談に臨んだ岸田首相。共同声明では中国を念頭に置いた懸念が表明されましたが、日本国内において、ベトナムを始めとしたアジア各国と我が国の軍事的結びつきが大きく報じられることはありません。そんな状況に危機感を募らすのは、海外マーケティング会社の代表を務める大澤裕さん。大澤さんは自身のメルマガ『在米14年&起業家兼大学教授・大澤裕の『なぜか日本で報道されない海外の怖い報道』ポイント解説』で今回、香港のサウスチャイナモーニングポスト紙が伝えた日越首脳会談の内容を翻訳し紹介するとともに、国際関係をタブーなく議論する重要性を訴えています。 日本のマスコミが伝えない海外報道の読み解き方とポイントを解説する大学教授・大澤裕さん新創刊メルマガの詳細・ご登録はコチラから   軍事的な結びつきが強まる日本・ベトナム関係 しばしば、日本の戦略について、海外の報道の方が分かりやすく説明していると感じることがあります。 先週の岸田首相とベトナム首相の会談を報じた香港サウスチャイナモーニングポスト紙の記事(11月25日)もそうです。以下、記事を抜粋します。 日本とベトナム、南シナ海をめぐる「深刻な懸念」の中で安全保障協力を強化   岸田文雄首相とベトナムのファム・ミン・チン首相は22日、両国間の安全保障協力を強化することで合意した。   両首脳は、中国とは...more
カテゴリー:

軍事的冒険は経済的自殺への道...安倍元首相が中国に警告 台湾の地位向上と同盟国の連帯を呼びかけ - 12月03日(金)15:34 

安倍晋三元首相は1日、中国が軍事的な冒険を続ければ「経済的自殺への道」を歩むことになると警告し、中国共産党指導部が「判断を見誤まらないように」日本は確固たる意志を示すべきだと訴えた。成熟した民主主義と普遍的価値を有する台湾はインド太平洋地域の「キーストーン」であると強調した。台湾
カテゴリー:

米国防総省、在外米軍の態勢見直しを発表 優先地域はインド太平洋…中国は「迫りくる脅威」 - 12月01日(水)09:36 

米国防総省は29日、在外米軍の態勢見直し(グローバル・ポスチャー・レビュー、GPR)の結果を発表した。カーリン政策担当国防次官代理は同日の記者会見で、米国は中国を脅威とみなしており、インド太平洋を今後の「優先地域」として位置付けると語った。同盟国との秘密保持の関係上、具体的な内容
カテゴリー:

岸防衛相、米オースティン国防長官と電話会談 日米同盟強化を確認、燃料タンク投棄で申し入れも - 12月05日(日)10:57 

岸信夫防衛相は3日、米国のオースティン国防長官と電話会談を行い「世界的な戦力態勢の見直し(GPR)」に基づくインド太平洋地域の米軍事力の増強を歓迎するとともに、同盟関係を一層強化することを確認した。米軍機による燃料タンク投棄について円滑な対応を強く求めた。米国防総省、在外米軍の態
カテゴリー:

一連の麻薬捜査で協力を図る東南アジアの警察 - 12月04日(土)12:07 

情報収集と法執行機関の連携により、インド太平洋地域の麻薬密造地帯「黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)」で大量の違法薬物が押収された。これは今後の大規模な違法薬物捜査の基盤確立にも繋がる偉業である。当局の発表によると、インド太平洋史上最大の麻薬捜査により、薬物押収と容疑者
カテゴリー:

【米国・欧州連合】「台湾と協力深化」 高官協議で一致 民主主義を共有してきた欧州諸国との協力が不可欠 - 12月04日(土)05:20  newsplus

【ワシントン=中村亮】米国と欧州連合(EU)は3日、米首都ワシントンでインド太平洋政策に関する高官協議を開いた。台湾海峡の安定を促し、台湾と協力を深めていく考えで一致した。アジア諸国との協力強化を「戦略的利益」と強調した。 米国はシャーマン国務副長官、EUは欧州対外活動庁のサンニーノ事務局長が出席した。共同声明で「台湾海峡の安定と現状についての関心を再確認し、それぞれの『一つの中国』政策に沿って台湾との協力を深めるという共通の関心に言及した」と説明した。新型コロナウイルスや気候変動、人権などの分野で...
»続きを読む
カテゴリー:

岸田首相、カンボジア首相とテレビ会談 南シナ海の問題など協議 - 12月02日(木)10:42 

 岸田文雄首相は1日、カンボジアのフン・セン首相と約35分間、テレビ会談し、「自由で開かれたインド太平洋」構想の下で、世界と地域の平和と繁栄に貢献するため、引き続き協力していくことで一致した。
カテゴリー:

インド太平洋の米軍同盟諸国 現実的な環境で模擬訓練を実施 - 11月30日(火)22:07 

戦闘と任務の訓練に関しては、行う模擬演習がより現実的であるほど、戦場で課題や選択肢に直面した際の兵士の即応能力を高めることができる。同概念に従い、米国陸軍の統合太平洋多国籍即応センター(JPMRC/Joint Pacific Multinational Readiness Cen
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる