「インターネット接続サービス」とは?

関連ニュース

インターネットサービスプロバイダーに料金や速度などを一目でわかりやすく表示するよう義務づける規則が施行され各社のプラン比較がめちゃくちゃ簡単に - 04月11日(木)20:00 

インターネット接続サービスを消費者に提供するインターネットサービスプロバイダー(ISP)は、しばしば複雑極まりない割引制度を提示して正式な価格を消費者に誤認させたり、通信速度を曖昧にして消費者を混乱させたりすることがあります。こうした状況を改善すべくアメリカの連邦通信委員会(FCC)が施行した規則により、ISPにはサービスとパフォーマンスに関するわかりやすい情報を提示する義務が課せられることになりました。
カテゴリー:

ドコモの通信障害が復旧 ネットサービス「ぷらら」 - 04月03日(水)09:40 

 NTTドコモは3日、提供するインターネット接続サービス「ぷらら」で起きていた通信障害が復旧したと発表した。メールの受信が全国で遅れていた。  ドコモによると通信障害は3日午前7時21分ごろに発生し、同8時42分ごろに復旧した。ぷららの契約数は約300万件。ドコモが引き続き原因を確認している。【藤渕
カテゴリー:

IIJが新サービス品目「IT資産保護」のベンダーに統合サイバープロテクションのアクロニスを選定 - 04月02日(火)11:00 

アクロニスを採用した「IIJセキュアエンドポイントサービス」の拡充で迅速な事業再開を実現※本リリースは4月1日にスイス・シャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、以下 IIJ)のクラウド型総合エンドポイントセキュリティサービス「IIJ セキュアエンドポイントサービス」を拡充したバックアップとリストアによる端末復旧およびアンチウイルスによる防御機能を有する新サービス品目「IT 資産保護」のベンダーとしてアクロニスが採用され、本日より提供開始したことを発表します。アクロニスのネイティブに統合された高度なサイバーセキュリティ、およびデータ保護は、高度な攻撃を防止し、迅速かつ容易なリカバリでビジネスの継続性を確保するように設計されています。IIJによるAcronis Advanced Security + EDRの採用は、高度なサイバー脅威に対する強固な保護と、万一のサイバー攻撃やデータ損失の際の迅速なバックアップおよびリカバリ機能を提供するというコミットメントを示すものです。今回の採用について、IIJのセキュリティ本部 本部長 齋藤 衛氏は次のように述べています。「この度、外部脅威の防御と内部情報の漏えい防止に有効なエンドポイントセキュリティ機能を搭載したク...more
カテゴリー:

IIJエンジニアリング、イベント会場向けインターネット接続サービスを提供、衛星通信含めて回線を自動選択 | IT Leaders - 04月10日(水)13:55 

IIJエンジニアリングは2024年4月10日、イベント会場向けモバイルインターネット接続環境「マルチアクセスソリューション」を提供開始した。多くの人が集まって一時的に通信需要が増えた場合でも、複数の携帯キャリア回線や衛星ブロードバンド通信サービスを組み合わせ、適した回線で接続することで通信品質を担保する。
カテゴリー:

ドコモのネットサービス「ぷらら」で通信障害 メール利用しにくく - 04月03日(水)08:36 

 NTTドコモは3日朝、同社が提供するインターネット接続サービス「ぷらら」で通信障害が発生していると発表した。  メールが利用できなかったり、利用しにくかったりしている。影響が及んだ地域を確認している。【藤渕志保】
カテゴリー:

こんなの見てる