「インターネット投票」とは?

関連ニュース

最凶バディが追う事件の顛末は「初めてシロクロつかずに終わった」清野菜名&横浜流星W主演『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』 - 02月10日(月)18:43 

清野菜名・横浜流星W主演の連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜よる10:30〜)の第5話が2月9日に放送された。驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る飼育員さんの最凶バディが追うのは、偽物のミスパンダによる死刑囚強奪事件。しかし今回の事件は予想外の顛末を迎え、Twitterでは「初めてシロクロつかずに終わってしまった」「かなりやばい展開」「びっくりすぎる!」といった声があがった。悪事を働く輩を懲らしめる、巷で噂のミスパンダ。その正体は、極端なネガティブ志向の囲碁棋士・川田レン(清野菜名)だが、彼女にその自覚はない。レンは医大生・森島直輝(横浜流星)により、催眠状態で別人格を刷り込まれていた。催眠の合図は、直輝による「これからパンケーキどう?」のメッセージだ。フリーディレクター・神代一樹(要潤)は、直輝に接触。ミスパンダの正体とその目的を問う。そして自分の手でそれを暴けば、将来は約束されたようなものだと神代は語る。「だったらミスパンダの正体よりも、もっと大きなスクープがありますよ」「コアラ男です。8年前に起きた、佐島あずさ誘拐事件の犯人です」こう答える直輝。そして続ける。「警察官だった父親は、コアラ男を追っている最中に何者かに殺されました。ミスパンダの正体が知りたいなら教えます。ただその前に、まだ見つかっていない...more
カテゴリー:

【総務省】インターネット投票の実証実験 「在外投票」で導入検討 - 02月05日(水)20:11  newsplus

インターネット投票の実証実験 「在外投票」で導入検討 2020年2月5日 19時14分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200205/k10012273981000.html 海外で暮らす有権者を対象に、国政選挙での導入が検討されているインターネット投票の実証実験が5日、都内で行われました。 国政選挙の投票率のアップにつなげようと、総務省は海外で暮らす有権者が行う「在外投票」に、インターネット投票を導入することを検討していて、必要なシステムの開発も進めています。 そのシステムの実証実験が5日、東京 世田谷区で行われ、有権者役...
»続きを読む
カテゴリー:

ネット在外投票「思ったより簡単」 福岡・小郡市で市長ら実証実験参加 - 02月08日(土)14:43 

 海外で暮らす有権者を対象に国政選挙での導入が検討されているインターネット投票の実証実験が7日、福岡県小郡市であり、加地良光市長ら職員26人が参加した。総務省が規模の異なる全国5市区町で担当職員の意見を聞きたいと1月末から実施していた。【安部志帆子】
カテゴリー:

インターネット投票の実証実験 「在外投票」で導.. - 02月05日(水)19:15 

インターネット投票の実証実験 「在外投票」で導入検討 #nhk_news
カテゴリー:

「インターネット投票」の画像

もっと見る

「インターネット投票」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる