「インターネット広告」とは?

関連ニュース

AI開発を手掛けるグラッドキューブとアジアNo.1 PR会社ベクトルグループのオフショアカンパニーが戦略的業務提携 ~生成AI 領域におけるシステム開発体制を強化~ - 07月11日(木)15:00 

株式会社グラッドキューブ(本社:大阪市中央区 代表取締役 CEO 金島 弘樹 以下:グラッドキューブ)は、2024年7月11日 (木) 付けで、株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:西江 肇司、東証プライム:6058 、以下ベクトル)のグループ会社である株式会社オフショアカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役:野呂 健太、以下オフショアカンパニー)と戦略的業務提携を提携し、生成AI 領域におけるさらなる高品質な開発リソースの提供を目指してまいります。■提携の概要「世界で一番、やさしく、つよく、おもろいテックカンパニー」をビジョンに掲げるグラッドキューブは、このたび、オフショアカンパニーとの戦略的業務提携を提携したことを発表いたします。グラッドキューブは AIカメラを活用した導線分析サービスおよび顔認識を活用した特定検知を大手小売業へ提供した実績があります。顧客の滞留時間分析等を行い、売り場レイアウトの最適化や店員の配置効率化、顧客導線の改善及び属性別の広告配信など、行動パターンに基づいたマーケティング効果の最大化が可能です。これら生成AI における実績や知見を活かし、2024年4月より、生成AI を用いた業務効率化を目的とした、生成AI オンライン学習プログラム「リスナビe-ラーニング講座」を開始し、開発に加えて、生成AI 活用の促進してきました。オフショアカ...more
カテゴリー:

2000人超えの部署が一枚岩に。サイバーエージェント組織文化の浸透術「ほんさぽ」の威力(Forbes JAPAN) - 07月08日(月)15:30 

同社の屋台骨であるインターネット広告事業部は、国内外6拠点にある子会社を含め約2300人。根底にある「広告効果の最大化」の浸透を促す施策の数々とは。 サイバーエージェントが好調だ。2024年9月期第
カテゴリー:

クラファン開始12日目で目標達成!Nextゴールに向けて稼働! - 07月02日(火)09:00 

6月14日、ソラコマ株式会社がオンラインフリースクール開設に向けて実施していたクラウドファンディングが、目標金額200万円を達成した。開始から10日間で200名近くの方々からの支援が集まった。現在、Nextゴールとして、若者の『自立支援ホーム』をつくることを掲げている。(自立支援ホーム:事情があって親元に居られない15歳~22歳までの若者たちが自立を目指して共同生活をするグループホームのこと)Nextゴールの目標金額は400万円。ソラコマ株式会社CEOのすぎやまは次のように語っている。「おかげさまで、まずは第1目標である200万円を達成したのですが、実はこの夢の先にはもうひとつの夢があります。それは行き場のない子どもたちの『居場所』をつくること。具体的には若者の『自立支援ホーム』をつくることです。あまり知られていませんが、今、日本には居場所のない子どもたちがたくさんいます。実は今進めている『フリースクール→通信制サポート校』構想の伏線として、そういう計画も進めていました。この仕組みが完成したら、不登校だけでなく、虐待や貧困が理由で学びを諦めていた子たちを救うことができます。貧困の『負の連鎖』を止めるのは教育です。そして、教育のゴールは『平和』です。不登校、虐待、貧困。そういう苦難に苛まれている子どもを一人救うことで、世界は一歩平和に近づきます」すぎやまは静岡県内で中学校教諭として1...more
カテゴリー:

GMO-AP---GMO-IGのインターネットインフラ事業及びインターネット広告・メディア事業を承継 - 最新株式ニュース - 06月27日(木)18:07 

<4784> GMO-AP 507 +80GMOアドパートナーズ<4784>は25日、親会社のGMO インターネットグループ(GMO-IG)<9449>のインターネットインフラ事業(ドメイン事業、クラウド・ホスティング事業、アクセス事業)及びインターネット広告・メディア事業を、同社が承継する吸収分割契約を締結したことを発表。同吸収分割効力発生日は、2025年1月1日(予定)である。承継する部門の経
カテゴリー:

ディーエムソリュ---成長を持続し、他に類を見ないソリューションカンパニーへ進化 - 最新株式ニュース - 06月26日(水)14:58 

<6549> ディーエムソリュ 1350 -10ディーエムソリューションズ<6549>は、ダイレクトメール(DM)やインターネット広告などを通じて、広告主である顧客企業やEC事業者とエンドユーザー(消費者・企業)をつなぐ事業を行っている。ダイレクトメール事業では、ダイレクトメールの企画から印刷、封入・封緘、配送といった作業をワンストップで行うDM発送代行サービスと、宅配便の一括大量発送及びEC通販
カテゴリー:

未認知層へのリーチに手ごたえ【小川吉宏社長に聞く ショップチャンネルの現状と今後㊥】 グーグル広告が新客獲得に成果 - 07月11日(木)12:00 

 前号に続き、通販専門放送を行うジュピターショップチャンネルの小川吉宏社長に現状と今後について聞いた。                                                                       ◇  ――2024年3月期はファッション関連品が好調だったとのことだが他の商材についてはどうか。  「化粧品や旅行の売れ行きも好調だった。アパレルでも言えるが、昨年5月に新型コロナウイルス感染症が5類に移行し外出機会が増加したことは大きいのではないか。特に化粧品はその恩恵を強く受けた。また、22年度から番組の画面上にQRコードを表示し、お客様がスマートフォンで読み取るとメッセージを送れ、番組画面にそのメッセージを表示する取り組みを行っているが化粧品は特にリピーターも多いため、特にこの取り組みとの相性が非常によい。メッセージを通じて出演者とのコミュニケーションでき、それによって購買につながってい...more
カテゴリー:

住友不動産販売の不動産売却査定の評判・口コミは?申込み手順も - 07月03日(水)07:06 

住友不動産販売は、不動産仲介サービスの「すみふの仲介 ステップ」を提供する住友不動産のグループ企業です。2024年4月時点で全国に200以上の営業センターを展開しており、大手ならではのネットワークを活かしながら早期の売却につながる特徴的な売却活動を行っています。 今回は、住友不動産販売の仲介売却サービスの特徴や、不動産査定の評判や口コミ、申し込み手順についても紹介します。住友不動産販売で仲介依頼を検討されている方はご参考ください。 住友不動産販売のサイトを見る[PR] 目次 住友不動産販売の特徴やサービスのメリット 1-1 業界大手の不動産会社、国内トップクラスの実績 1-2 専属の営業担当体制で責任感のある売却活動 1-3 インターネット・実店舗の両面から売却活動を実施 1-4 豊富な顧客数を背景にスピーディーな売却が期待できる 1-5 早期売却をしたい人は「ステップオークション」の利用も可能 住友不動産販売の不動産査定を利用するデメリット・注意点 2-1 複数の不動産会社に査定依頼ができる「一括査定」ではない 2-2 不動産査定・売却依頼可能な対象エリアが限られている 2-3 社員数が多く、担当者によって経験やスキルが異なる 住友不動産販売の不動産売却査定の評判・概要 住友不動産販売の不動産売却査定に申し込む手順 まとめ 1 住友不動産販売の特徴やサービスのメリッ...more
カテゴリー:

【 SPAIA 】糸井嘉男さんに聞きた~い50の質問 プライベートから現役時代のエピソード、引退後の野望までNGなし! - 06月28日(金)14:00 

株式会社グラッドキューブ(本社:大阪市中央区 代表取締役 CEO 金島 弘樹 以下:グラッドキューブ) が運営するスポーツメディア「 SPAIA(スパイア)」は2024年6月28日(金)、SPAIA 公式シニアアンバサダー(SA)糸井 嘉男氏による、「糸井嘉男さんに聞きた~い50の質問 プライベートから現役時代のエピソード、引退後の野望までNGなし!」を公開いたしました。かつてプロ野球の日本ハム、オリックス、阪神でプレーし、SPAIA公式シニアアンバサダーを務める糸井嘉男氏に、SPAIAユーザーなどから集まった50個の質問にお答えいただきました。題して「糸井嘉男さんに聞きた~い50の質問」。最後には、糸井氏から豪華プレゼント企画のお知らせも・・?!ファンなら見逃せない!ボリューム満載の内容は必見です!ぜひ動画も合わせてお楽しみください。【ゲスト紹介】糸井嘉男氏 略歴:1981年7月31日、京都府出身。京都府立宮津高から近畿大に進み、投手として関西学生リーグで通算9勝をマーク。2003年ドラフト自由獲得枠で日本ハムに入団後、野手転向。2013年にトレードでオリックスに移籍、2017年からFAで阪神に移籍し、2022年に現役引退した。通算1727試合出場、打率.297、1755安打、171本塁打、765打点、300盗塁。SPAIA ならではのコンテンツを是非お愉しみください。▼糸井嘉男...more
カテゴリー:

【グラッドキューブ】SiTest の新機能「ノーコードウィジェット」提供開始のお知らせ - 06月26日(水)16:00 

株式会社グラッドキューブ(本社:大阪市中央区 代表取締役 CEO 金島 弘樹 以下:グラッドキューブ)は、2024年6月26日(水) より、ウェブサイト解析・改善 SaaS「 SiTest(サイテスト)」 の新たな機能となる「ノーコードウィジェット」サービスの提供を開始いたします。1.本サービス提供開始の背景マーケティング活動のオンライン化が進行していく中、企業は消費者との接点をデジタル空間に移行させ、新たなビジネスチャンスを探求しています。マーケティング活動は、SNS の活用、SEO 対策、コンテンツマーケティング、データ分析など、デジタルマーケティングの手法は多岐にわたり、その中でも重要な位置づけとなるコーポレートサイトや ECサイト、そして LP(ランディングページ)などは、消費者と企業をつなぐ接点としてのサイトの重要性は高まっています。このような状況下、コーポレートサイト等のサイト内のバナーやテキストひとつを変更するにしても都度システム部門や外部の制作会社への依頼や調整、さらにはそれに付随する様々なオペレーションが発生し、多くの時間やコストがかかっていることが現状です。そのため、サイト等の管理担当者はそのような日々の煩雑な作業に追われ、本質的なサイト改善に向き合う時間を確保できなかったり、改善すべき箇所に気づいているのにシンプルに実行する手段がなかったりという、日々の更新業...more
カテゴリー:

GMOアドパートナーズに広告事業を承継 新社長に伊藤氏 - 06月26日(水)12:43 

GMOインターネットグループ社は6月25日、インターネット広告事業などを分割し、2025年1月1日付で傘下のGMOアドパートナーズに承継すると発表した。GMOインターネットグループ社は持株会社に移行する。同社はGMPアドパートーナーズを上場廃止させる考えはないとした。 The post GMOアドパートナーズに広告事業を承継 新社長に伊藤氏 first appeared on AdverTimes.(アドタイ) by 宣伝会議.
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる