「インタヴュー」とは?

関連ニュース

大阪の番組「あさパラ」解説の宮沢孝幸が根拠0で感染はピークアウト済、WHOの空気感染可能性0、gotoキャンペーン最高、岡田晴恵に中傷 - 07月11日(土)13:16  poverty

ツイート あさパラ、いつもにも増してひどい。「カネ目当てで感染するやつが出る」の大合唱。解説の宮沢孝幸が根拠ゼロで感染拡大は既にピークアウト済み、WHOの空気感染云々は煽りであってほぼ可能性ゼロ、gotoキャンペーン良い、そして岡田晴恵氏への誹謗中傷。 yuuki@yuukim あさパラでも、維新の議員さんや百田尚樹さん、門田さん同様、 新宿区10万円の件、揶揄してるのか。 新宿の区議さんが、経緯を門田さんにコメントしてるけど、言いっぱなしだわ。 くりぼう@yFRNR1QowKcchA7 あさパラは大阪人の金に汚い...
»続きを読む
カテゴリー:

5年後、「移動」の体験はもっと向上する:Googleマップ事業トップへのインタヴュー - 07月08日(水)07:00 

「Googleマップ」がインターネットの世界に登場してから15年。静的なアプリケーションだったそれは、GPSによるカーナヴィゲーションに発展を遂げ、いまやAR(拡張現実)機能をも搭載している。「移動」のあり方が急速に変化していくなか、Googleマップの5年後の姿とはどんなものなのだろうか。広告表示やアップルのマップなどに触れながら、事業を率いるジェニファー・フィッツパトリックに『WIRED』が訊いた。
カテゴリー:

グーグルの「らしさ」は、いまも保たれている:スンダー・ピチャイが語るグーグルの現在とこれから(後編) - 07月03日(金)08:00 

グーグルとアルファベットの最高経営責任者(CEO)を兼務するスンダー・ピチャイのもとには、さまざまな難題が山積している。反トラスト法違反や企業方針に対する従業員からの抗議、多様性の実現、そして新型コロナウイルスの影響まで──。グーグルの現在とこれからについてピチャイが『WIRED』US版に語ったインタヴューの後編では、話題は中国やトランプ大統領への対応にも話が及んだ。
カテゴリー:

わたしたちは「ニューノーマル」に適応していく必要がある:スンダー・ピチャイが語るグーグルの現在とこれから(前編) - 07月02日(木)08:00 

グーグルとアルファベットの最高経営責任者(CEO)を兼務するスンダー・ピチャイのもとには、さまざまな難題が山積している。反トラスト法違反や企業方針に対する従業員からの抗議、多様性の実現、そして新型コロナウイルスの影響まで──。グーグルの現在とこれからについて、ピチャイが『WIRED』US版に語ったインタヴューの前編。
カテゴリー:

バーバラ・エーレンライクは楽観主義者ではないが、未来への希望は捨てていない(前篇) - 06月29日(月)07:00 

世界的ベストセラーとなった『ニッケル・アンド・ダイムド』で米国の下層労働社会の実態を暴いた作家のバーバラ・エーレンライクは、これまで尊大で視野狭窄なエリートたちが牛耳ってきた社会やメディアの構造を白日の下に晒してきた。インタヴュー前篇では、パンデミックによって露呈した個人主義の限界に触れながら、階級による分断が深まる社会にメスを入れていく。
カテゴリー:

【洋楽】ルー・リードとかいう嫌儲の神。流石に聞いたことがないモメンはいないよな??? - 07月09日(木)19:30  poverty

ルー・リード、ビートルズはゴミだとしか思ったことがないと語るインタヴューが公開に 2013年に他界したルー・リードが1987年に行ったインタヴューの一部が動画として公開されている。 動画はアメリカの公共放送局として知られるPBSが製作したもので、アーティストのインタヴュー音源とアニメーションを組み合わせた動画クリップとして公開するブランク・オン・ブランク・シリーズのひとつ。 今回の素材となった取材はワーナー・ブラザーズ、エレクトラ、キャピトルなどアメリカのレコード会社の幹部として活躍したジョー・ス...
»続きを読む
カテゴリー:

志村けんさんインタヴュー再掲載へ、『志村けんが愛したブラック・ミュージック』追悼特別企画 - 07月06日(月)15:37 

 音楽情報サイト MUSIC LIFE CLUBにて、『志村けんが愛したブラック・ミュージック』追悼特別企画として、志…
カテゴリー:

新型コロナウイルスはわたしたちの未来の想像力を書き換える:SF作家キム・スタンリー・ロビンソン - 07月03日(金)07:00 

地球上の人類を死滅させてもおかしくない病気の発生は、生物圏の調和を乱し続けてきたわたしたちの意識や行動様式を再構築した。そして、未来を暫定的にでも把握しようとする方向に人々の想像力を書き換えている。『WIRED』日本版デジタルの「Sci-Fiプロトタイピング」特集において、哲学者・篠原雅武へのインタヴューで触れられた、SF作家キム・スタンリー・ロビンソンによるエッセーをお届けする。
カテゴリー:

バーバラ・エーレンライクは楽観主義者ではないが、未来への希望は捨てていない(後篇) - 06月30日(火)07:00 

作家であり、アクティヴィストでもあるバーバラ・エーレンライクは決して楽観主義者ではない。であればいかにして、よりよい社会を構築するという希望をもち続けることができるのか。インタヴュー後篇では、ブルーカラーとしてのアイデンティティから毛沢東主義への共感まで、その半生をたどりながら彼女の訴える「階級の連帯」にフォーカスしていく。
カテゴリー:

【音楽】表紙・巻頭特集はスティーリー・ダン『Gaucho』  #AORマガジン 『AOR AGE』第18弾 - 06月29日(月)05:30  mnewsplus

表紙・巻頭特集はスティーリー・ダン『Gaucho』 AORマガジン『AOR AGE』第18弾 2020/06/28 18:35 amass http://amass.jp/136202/ Steely Dan / Gaucho @AOR_AGE https://twitter.com/AOR_AGE/status/1277127727569498112 AORマガジン『AOR AGE』第18弾の内容が変更され、表紙・巻頭特集はスティーリー・ダン(Steely Dan)の傑作『Gaucho』となっています。プロデューサーであるゲイリー・カッツの最新インタヴューや、識者による解説で徹底検証します。 第2特集は「1980」。日本でAORが大ブレイクした1980年から40年の節目...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「インタヴュー」の画像

もっと見る

「インタヴュー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる