「インスリン」とは?

関連ニュース

レナサイエンス---大幅に続伸、ニプロと共同研究契約、糖尿病治療でAI搭載医療機器システム開発 - 最新株式ニュース - 11月29日(月)10:42 

<4889>  レナサイエンス  946  +69大幅に続伸。ニプロ<8086>と糖尿病治療での最適なインスリン投与量を算出するAIアルゴリズムを搭載した医療機器システムの開発で共同研究契約を締結すると発表している。両社で新規医療機器システムの共同開発と事業化の可能性を検討する。レナサイエンスはニプロから共同研究費として0.10億円を受領する。レナサイエンスは現在、東北大学と共同でインスリン製剤の
カテゴリー:

非専門医でもインスリンを導入するコツ - 11月25日(木)10:00 

インスリンの導入は、患者さんも非専門の医師もハードルが高いかも知れません。しかし、ケースによっては良好な血糖コントロールを獲得できる期待があります。インスリンの導入のコツを本領域のエキスパート、稲垣暢也氏が解説します。
カテゴリー:

糖尿病治療に光を差す「人工すい臓」開発の歴史とは? - 11月24日(水)07:00 

体内でインスリンを生成できない糖尿病患者にとって、注射によるインスリンの投与や定期的な血糖値の測定は生存のために必要不可欠とされてきました。しかし、近年では血糖値測定やインスリン投与を自動的に行う人工すい臓が実用化されており、糖尿病患者のライフスタイルに変化が訪れています。そんな人工すい臓の歴史について人工すい臓開発プロジェクトの中心人物であるボリス・コヴァチェフ氏が解説しています。
カテゴリー:

2位のインスリンデグルデクがシェア続伸 - 11月21日(日)08:00 

日経メディカルOnlineの医師会員を対象に、持効型インスリン製剤のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、65.6%の医師がインスリングラルギン(商品名:ランタス他)と回答した。第2位のインスリンデグルデク(トレシーバ)は30.9%、第3位のインスリンデテミル(レベミル)は3.5%の医師が、最
カテゴリー:

2型糖尿病発症の兆候を19年前から予想できる血液検査が登場 - 11月16日(火)17:00 

Credit:Depositphotos 全ての画像を見る現在、世界中の約6%が2型糖尿病で苦しんでおり、食事療法や運動療法、またインスリン注射で生活を大きく調整しています。 彼らの多くが、「糖尿病が発症する前に、その傾向を知りたかった」と考えていることでしょう。 そして最近、スウェーデン・ルンド大学(Lund University)臨床科学部に所属するヤン・デ・マリニス氏ら研究チームは、2型糖尿病の兆候が表れるタンパク質を発見しました。 これにより、発症のリスクを19年前から血液検査で知ることができます。 研究の詳細は、11月10日付の科学誌『Nature Communications』に掲載されました。 目次 2型糖尿病の発症は予測できるのか?特殊なタンパク質が2型糖尿病のバイオマーカーだと判明 2型糖尿病の発症は予測できるのか? Credit:Depositphotos 糖尿病患者の95%は「2型糖尿病」に分類されます。 これはいわゆる「一般的な糖尿病」のことであり、遺伝的な要因に加え、運動不足や食べすぎなどの不健康な生活習慣が重なり発症すると言われています。 だからこそ、実際に発症する前に体重・食事・運動を適切に管理することで、発症リスクを大きく下げることが可能です。 しかし2型糖尿病の兆候を示す印(バイオマーカー)は見つかっていなかったため、「つい油断してしまい、気...more
カテゴリー:

24時間の不活動で筋肉に脂質が蓄積することを順天堂大が確認 - 11月26日(金)20:43 

順天堂大学は11月25日、不活動が骨格筋のインスリン抵抗性を生じさせる新規メカニズムを解明したと発表した。
カテゴリー:

ゼオライトが肥満モデルマウスの高血糖・高脂血症・肥満を改善することを発見 - 11月24日(水)13:13 

令和3年11月24日 国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学  岐阜大学教育学部家政教育講座 久保和弘教授は、美健産業株式会社(愛知県名古屋市)との共同研究で、富山県産の天然ゼオライト(写真)が肥満モデルマウスの高血糖・高脂血症・肥満を改善することを発見しました。また、ゼオライトの高い安全性も確認しました。食物繊維のような機能性成分としてその応用が期待されます。  本研究成果は、2021年11月6日(土)にJournal of Nutritional Science and Vitaminology誌のオンライン版で発表されました。   【発表のポイント】 ・急性経口毒性試験において、ゼオライトの最小致死量が雌雄マウスともに体重1kgあたり2,000mg以上であることが明らかとなり、高い安全性が確認されました(表1)。 ・高脂肪飼料(30kcal%脂肪)を用いた長期摂取試験(18週間)において、10%ゼオライト含有飼料を摂取した群は、対照群と比較して、飼料摂取量(図1)とエネルギー摂取量に差がないにもかかわらず、体重(図2)、肝臓重量および精巣上体脂肪(内臓脂肪)重量の増加が抑制されました(表2)。 ・血漿脂質(中性脂質(注1)、総コレステロールおよび非HDLコレステロール/HDLコレステロール比(注2))(表2)および空腹時血糖が、ゼオライト摂取量に依...more
カテゴリー:

糖尿病患者向けの体内に埋め込むロボット 体外から無線で操作し、自動で薬を注入 - 11月22日(月)08:00 

イタリアのサンターナ大学院大学などの研究チームは、糖尿病患者向けに、体内に埋め込んだロボットが薬を注入するシステムを開発。無線操作でロボット内の輸液ポンプからインスリンを注入や、充電を行う。
カテゴリー:

血糖値がインスリン打っても300平均なんだが - 11月20日(土)19:50  news4vip

2週間で正常に戻るとか言われたんだがこれ絶対嘘だよな そんな簡単に治るわけないとおもうんだが… ...
»続きを読む
カテゴリー:

【糖質カット】無糖飲料「血糖値は上がらないが…」 糖尿病リスク上昇!?かえって太る場合も - 11月16日(火)16:47  news

【11月15日 CGTN Japanese】11月14日は「世界糖尿病デー」です。中国国家衛生健康委員会の統計によりますと、中国では、成人の糖尿病の有病率が12.8%で、患者数は世界最多の約1億3000万人です。  糖尿病は中高年層に特有の病気ではなく、他の疾患や不健康・不規則な生活と密接に関係しています。中国ではここ数年、青少年の肥満や過体重が公衆衛生上の問題となっていて、無糖飲料を長期間継続して飲んだことで、かえって糖尿病を患う人が増え続けています。  中国人民解放軍総医院第一医学センター内分泌科の母義明(Mu Yiming...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる