「アルゴリズム」とは?

関連ニュース

オーストラリア内務省がユニシスのStealth(identity)™とアイデミアのバイオメトリック機能を用いた新しい生体情報システムの運用を開始 - 06月05日(金)13:02 

豪キャンベラ & 米ペンシルベニア州ブルーベル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- ユニシス・コーポレーション(NYSE:UIS)とアイデミアは本日、オーストラリア内務省の新しいエンタープライズ生体情報本人確認サービス(EBIS)システムが、運用を開始したと発表しました。EBISは、多要素アイデンティティ管理・認証ソリューションのUnisys Stealth(identity)™を基盤とし、アイデミアの顔/指紋認識アルゴリズムを使用するもので、世界で最も正確な生体本人情報管理システムの1つです。ビザや国境審査に使用され、オーストラリアの国境を守ると同時に、合法的な移動者の速やかな流れを促進します。 内務省はEBISを使用して、ビザ申請者などオーストラリアへの渡航を希望する方々などの顔画像や指紋、市民権申請者の顔画像を照合します。本システムは合法的な移動者の審査を容易にすると同時に、今後10年間に増加が予想されるビザ申請、国境審査、市民権申請に対応できるように設計されています。 2019年に、オーストラリアへの訪問者は過去最高の950万人に達し、10年前より39
カテゴリー:

ウェルスナビとTHEOどっちが良い?利回りや手数料、実績を徹底比較 - 06月04日(木)19:15 

近年、ウェルスナビとTHEOは、投資一任型ロボアドバイザー(以下、ロボアド)の代表格として注目されており、ロボアド業界を牽引する存在として競い合っています。しかし、投資一任型のロボアドサービスを始めたい場合に、どちらを選べば良いのかで迷っている方も多くいるでしょう。 そこでこの記事ではウェルスナビとTHEOのどちらを選べばよいかについて、「利回り」「コスト」「最低投資額」などさまざまな視点から徹底的に比較します。ロボアド選びの参考としてぜひご活用ください。 目次 ウェルスナビとTHEOの概要 1-1.ウェルスナビとは 1-2.THEOとは ウェルスナビとTHEOを徹底比較 2-1.投資戦略の比較 2-2.ポートフォリオの比較 2-3.コスト面(手数料)の比較 2-4.利回りの比較 2-5.最低投資額の比較 2-6.節税機能の比較 どっちのロボアドを選べばいいの? 3-1.ウェルスナビが向いている人 3-2.THEOが向いている人 まとめ 1 ウェルスナビとTHEOの概要 まずは、ウェルスナビとTHEOのサービス概要、それぞれの運営企業について簡単にご紹介します。 1-1 ウェルスナビとは ウェルスナビは投資一任型のロボアドで、ウェルスナビ株式会社が提供しているサービスです。投資一任型とは、顧客の年収や資産額などの投資環境、投資を行う場合のリスク許容度を自動的に判定、個人に最適な...more
カテゴリー:

ウェルスナビ、預かり資産2400億円突破。口座数は31万超に - 06月04日(木)18:52 

ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供するウェルスナビ株式会社は、6月2日時点でウェルスナビの預かり資産が2400億円、 口座数が31万を突破したと発表した2016年7月の正式リリースから約3年10カ月での達成となる。 ウェルスナビは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を 自動で実現するサービス。世界の富裕層や機関投資家が実践するといわれる長期・積立・分散の資産運用を、スピードと効率が優先されがちな自動化サービスで普及させた。 6~7つのETF(上場投資信託)を通じて、 世界約50カ国1万1000銘柄に分散投資する。 資産配分の決定から発注、積立、リバランス、税金最適化まですべて自動で行う機能性、透明性、シンプルな手数料で差別化して、働く世代に支持を拡大。 強固な顧客基盤を持つパートナー企業を通じた利用も広がっており、“預かり資産・運用者数ナンバーワン”をうたう。 主要顧客は20~50代の働く世代は中心。スマホやパソコンから5つの質問に答えるだけで一人ひとりに合った運用プランを提案し、 いつでも資産の状況を確認できる。忙しく働く世代でも、すきま時間で将来に向けた資産運用を手軽に行う便利さが評価されている。資産運用の目標達成をサポートする「ライフプラン」、少額でも最適なポートフォリオを実現する「ミリトレ(少額ETF取引機能)...more
カテゴリー:

【AFP=時事】ツイッター検索、「人種差別主義者」の結果トップにトランプ氏 - 06月04日(木)13:28  newsplus

6/4(木) 13:22 AFP=時事 ツイッター検索、「人種差別主義者」の結果トップにトランプ氏 ドナルド・トランプ米大統領のツイッターページが表示されたパソコン画面と、ツイッターのロゴが表示されたスマートフォン(2020年5月27日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】米ツイッター(Twitter)の検索ボックスに「racist」(人種差別主義者)と入力して検索をかけると、3日現在、ユーザー検索結果の最上位にドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領のアカウントが表示されるようになっている。トランプ氏を取り巻...
»続きを読む
カテゴリー:

モルフォ、エッジAIの国際業界団体のアワードを3年連続で受賞 自動画像領域分割&レタッチ技術が「ベストAIソフトウェア/アルゴリズム賞」に選出 - 06月04日(木)10:00 

【概要】 株式会社モルフォ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀 督基、以下 モルフォ)は、エッジAIにおける世界のリーティングカンパニー100社以上が参画する業界団体のEdge AI and Vision Allianceが主催するVision Product of the Year Awardsにおいて、モルフォのAIを用いた自動画像領域分割およびレタッチ技術『Morpho Semantic Filtering(TM)』が「ベストAIソフトウェア/アルゴリズム賞」を受賞したことを本日6月4日に発表します。世界中でエッジAI業界を牽引する多くの企業がエントリーする中で、モルフォは3年連続の最多受賞となりました。『Morpho Semantic Filtering』は、AIを用いて画像の各ピクセルが何を意味するのかを判別するセマンティックセグメンテーション技術を使い、画像内の各ピクセルをカテゴリごとに分類し、それぞれのカテゴリに合わせてノイズ除去、ダイナミックレンジ補正、エッジ強調、ボケ加工などの画像処理を行います。それにより、物体ごとに残したいディテールや質感を失うことなく、よりクリアな画質の向上を実現する技術です。 Edge AI and Vision Allianceの創設者 Jeff Bierは、今回の選出について次のようにコメントしています。「モルフォが、Edge...more
カテゴリー:

「不安のアルゴリズム」を実際に開発して走らせることで不安の原因と解決法を探る - 06月05日(金)06:00 

日常的に抱いてしまう「不安」をコントロールするにはどうすればいいのか、ということを探るため、2020年1月にサービスが終了した旅行検索エンジン「Hipmunk」の共同創業者であるアダム・ゴールドスタイン氏が、「不安のアルゴリズム」を開発し、実際にシミュレーションを行うことで不安の原因や解決策を説明するという試みを行っています。
カテゴリー:

ウェルスナビの評判は?メリット・デメリットをわかりやすく解説 - 06月04日(木)18:58 

『ウェルスナビ(WealthNavi)』は、働く世代から支持されて拡大を続けているロボアドバイザーサービスです。ユーザーは投資の手間がなく、ほとんど自動で資産運用を行ってくれるため、投資や資産運用に詳しくない方や、仕事で忙しくて時間が取れない方でも気軽に始めることができます。 この記事では、ロボアドバイザーによる資産運用に興味がある方のために、ウェルスナビのメリット・デメリット、評判などについて詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。 目次 ウェルスナビとは?6つの特徴・メリット 1-1.長期的な資産形成ができる 1-2.各ユーザーに適したプランを提案してくれる 1-3.サービス開始からの積立投資のリターンは+9.5%~+11.9% 1-4.時間・地理・投資対象など投資リスクの分散ができる 1-5.運用もほとんど自動で行ってくれる 1-6.スマホ1台で運用できる ウェルスナビのデメリット・注意点は? 2-1.元本割れのリスクがある 2-2.最低投資金額は10万円 2-3.手数料がかかる ウェルスナビの評判・口コミ ウェルスナビの口座開設までの流れ 4-1.メールアドレスの登録 4-2.認証コードとパスワードの入力 4-3.お客様情報の登録 4-4.本人確認書類のアップロード 4-5.規約等への同意 4-6.開設口座の種類決定・申込み まとめ 1 ウェルスナビとは?...more
カテゴリー:

事故対応を迅速に!ボッシュが二輪車向け自動緊急通報システム「ヘルプコネクト」を開発 - 06月04日(木)16:00 

ボッシュは、二輪車向けの自動緊急通報システム「ヘルプコネクト」を開発。交通事故の発生時、ライダーが迅速に救助を受けられるようなシステムとなっている。 なお、日本での展開は未定で、まずはドイツのユーザーに対して提供が始まる見込み。 「ヘルプコネクト」の概要 「ヘルプコネクト」では、二輪車に搭載した慣性計測センサーユニットからの情報を活用。独自の衝突検出アルゴリズムによって事故の発生を検知すると、スマートフォンアプリを介して情報送信を行う。 事故現場とライダーに関する情報を救急サービスへ送ることにより、事故に遭遇したライダーの発見に必要な時間を短縮。加えて、ライダー自身の医療関連データ送信に対応し、事故の発生を第三者へ自動的に通知することも可能とした。 スマートフォンアプリとの接続にはBluetoothを使い、ボッシュの緊急通報用アプリ「Vivatar」の利用を想定。なお、他の二輪車メーカーが提供する専用アプリなどにおいても、「ヘルプコネクト」との連携ができるとのことだ。 複数回の実験によって機能性を実証 今回のシステム開発にあたり、ボッシュは実際に発生した二輪車事故データの把握に取り組んだ。特定の事故シナリオを分析し、「ヘルプコネクト」の機能性を実証するためだけに、合計18回もの衝突試験を実施したという。 同システムは、ドイツのユーザーを対象として提供がスタートする見込み。現時点で日...more
カテゴリー:

アパレル EC 向けサイズレコメンドエンジン「unisize」 累計利用数500万ID突破のお知らせ - 06月04日(木)13:00 

株式会社メイキップ(東京都新宿区、代表取締役:柄本 真吾、以下「メイキップ」)が提供するアパレルEC向けサイズレコメンドエンジン「unisize(ユニサイズ)」の利用数が2020年6月時点で累計500万IDを突破したことをお知らせいたします。■ 「unisize」累計利用数500万IDを突破サイズレコメンドエンジンunisize(ユニサイズ)は、2016年2月のサービスリリース以降、過去に買った洋服と比較する「購入履歴比較」機能や、スマホで簡単に体型を採寸できる「AI写真採寸」機能など、EC利用者が最短1分で手間なく身体にあったサイズを確認できることを目指し様々な機能開発を続けてきました。また、昨今の新型コロナウィルスの影響により、お客様が気軽に店舗で買い物しにくい状況が続くことで、ECで購入するユーザーが急増しつつあり、EC強化の一環としてunisizeをご導入いただく企業様も増え、この度unisize利用数が500万IDを突破するに至りました。■ メイキップが提供するアパレルECサイト向けサイズレコメンドエンジン「unisize」unisize(https://cl.unisize.makip.co.jp/)はネットで洋服を買うときに、より身体に合ったサイズを推奨するレコメンドエンジンです。機械学習アルゴリズム(AI)を用い、お手持ちのスマートフォン端末で撮影した正面と側面の全...more
カテゴリー:

機関投資家の仮想通貨投資への関心、「昨年の秋から始まっていた」 - 06月03日(水)19:54 

機関投資家による仮想通貨への関心は昨年秋から高まっていたという。仮想通貨アルゴリズム取引を手掛けるスタートアップ「フローティング・ポイント・グループ(Floating Point Group)」の共同創設者がコインテレグラフのインタビューの中で語った。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アルゴリズム」の画像

もっと見る

「アルゴリズム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる