「アルゴリズム」とは?

関連ニュース

ITやプログラミングに夢抱いてるピュアな学生くんに現実教えてやる - 11月19日(火)21:42  news4vip

コンピュータの技術は面白い これはその通りだ しかし、日本で就職する限り、ワクワクするようなソフトウェア開発を体験することは決してない その理由を説明する 事実1. 日本で就職する限り、価値あるソフトウェアを作ることはない 特にBtoB(法人向けサービス)の開発に携わる場合、顧客の情報リテラシーが低すぎて、老人向けのクソ下らないシステム業務システムくらいしか作ることはない 信じられないかも知れないが、「手書きの書類を読み取って、FAXで送信する」みたいな無駄なシステムは、今なお日本中で生産され続けて...
»続きを読む
カテゴリー:

ビットコインとXRPの違いとは?初心者でもわかる主要仮想通貨の比較 - 11月19日(火)18:04 

筆者は前職で3メガ系証券会社で外国為替のスポット、フォワードトレーディング、そしてEM通貨建(トルコリラ、南アフリカランド、インドルピー、ブラジルレアル等々)クレジットトレーディングを行なっており、マーケットサイドで長年携わってきました。トレーディングの視点も盛り込みながら、仮想通貨自体の特徴を踏まえて解説していきます。 目次 ビットコインとXRPには大きな違いがある 仮想通貨の種類・特徴 2-1. 「決済型」仮想通貨の特徴 2-2. 「アプリケーション開発・プラットフォーム型」仮想通貨の特徴 2-3. 「送金型」仮想通貨の特徴 ビットコインとXRPの違いは? 3-1. トランザクションの仕組みの比較 3-2. 発行上限枚数の比較 3-3. 入手方法の比較 3-4. コンセンサスアルゴリズムの比較 まとめ ビットコインとXRPには大きな違いがある 2017年の仮想通貨バブルによって一気に知名度が高まった仮想通貨市場ですが、通貨によって全く機能が違うことはあまり一般的にはまだ浸透していないのも事実です。日本でも仮想通貨の知名度は「名前は聞いたことある」程度で、実際にどのようなものか詳細に知っている人はあまりいません。 また仮想通貨と聞くと「バブルが起きて何十倍にもなりその後急落した危険なもの」という印象が根強いのも事実です。しかし何が危ないのかというのは自分自身の資金管理の問題で...more
カテゴリー:

AIで野菜の市場価格を予測するアルゴリズム開発 | マイナビニュース - 11月19日(火)14:38 

AIで野菜の市場価格を予測するアルゴリズム開発 | マイナビニュースNEDOは11月19日、「人工知能技術適用によるスマート社会の実現」事業で、植物工場での野菜栽培過程や流通でのビッグデータ収集と人工知能(AI)を活用した需給マッチングにより、植物工場での野菜の廃棄や販売機会の損失の削減に取り組んでおり、同事業において、ファームシップと豊橋技術科学大学がAIを活用した野菜の市...
カテゴリー:

コードレビュー虎の巻 - Qiita - 11月19日(火)12:31 

コードレビュー虎の巻 - Qiitaレビューガイドライン(Review GuildLine) ここで述べているレビューはピアレビューについての方法です。 (作業成果物の欠陥と改善の機会を探すレビュー) 「最悪を最初に」を基本としてレビューすべき、 たとえば、仕様やアルゴリズムに欠陥があるのに、typoにこだわってもしょうがないので、なにが最悪かを考え、それ...
カテゴリー:

アップルとグーグルで活躍した3人のチップ開発者がNUVIAを設立、シリーズAで58億円調達 - 11月19日(火)10:30 

かつてそこは、ベンチャー投資家が踏み込んではいけない領域だった。半導体の分野に新規参入するには、長い開発期間と技術面での高いリスクを覚悟しなければならないからだ。だが今やそこは、企業やデータを対象とするベンチャー投資家の、もっともホットな場所に変わった。 例えば、スタートアップのGraphcore(グラフコア)は1年前にシリーズD投資のおよそ2億ドル(約220億円)を獲得してユニコーン企業に発展し、Groq(グロック)はSocial Capital(ソーシャル・キャピタル)で知られるChamath Palihapitiya(カマス・オアリハピタイヤ)氏から5200万ドル(約57億円)の投資を決め、Cerebras(セレブラス)は、初の1兆個以上のトランジスター数のチップを製造したことを発表し、Benchmark(ベンチマーク)などの投資会社から1億1200万ドル(約122億円)を調達した(同社については夏に記事を書いている)。 米国時間11月15日、またひとつ偉大なる技術チーム率いる新規参入企業が登場した。それは、米国カリフォルニア州サンタクララを拠点とするスタートアップであるNUVIA(ヌビア)だ。同社は本日朝、Capricorn Investment Group(カプリコーン・インベストメント・グループ)、Dell Technologies Capital(デル・テクノロジーズ...more
カテゴリー:

Googleの検索結果操作っぷりは予想をはるかに上回る…WSJの調査で明らかに | ギズモード・ジャパン - 11月19日(火)18:55 

Googleの検索結果操作っぷりは予想をはるかに上回る…WSJの調査で明らかに | ギズモード・ジャパンGoogleの検索結果操作っぷりは予想をはるかに上回る…WSJの調査で明らかに2019.11.19 18:00 Victoria Song - Gizmodo US [原文] ( 福田ミホ ) Image: antb/Shutterstock.com アルゴリズムで全自動かと思いきや。 Googleの検索アルゴリズムは、現代において強大な力を持っています。アルゴリズムがほんのちょっと変わ...
カテゴリー:

PoSへの移行はどのように行われるのか。HashHub、イーサリアム2.0の解説レポートが無料公開へ - 11月19日(火)15:26 

株式会社HashHubは11月16日、イーサリアム2.0の解説レポートを公開した。同レポートは、7月に子会社d10n Labの会員制のブロックチェーンレポートサービスで配信されたものだ。 イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムは現在、PoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)で行われているが、今後PoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)に移行をする予定だ。このPoSへの移行はイーサリアム2.0と呼ばれる。 PoWではブロック生成者の決定を毎ブロックごとに計算能力を用いて行うが、PoSでは保有するトークンの量に基づいて決定される。これにより、毎回のブロック生成に膨大な計算処理が不要となり、ブロック生成プロセスが早くなることやエネルギー資源の消費を抑えられるなどの特徴がある。 このほど公開されたレポートは同社サービスの会員様に配信していたものを、より多くのユーザー、企業にイーサリアムの動向が伝える目的で一般公開に至ったという。 イーサリアムはビットコインに次ぐ規模のパブリックブロックチェーンで、関連する開発者コミュニティも最も大きいブロックチェーンの一つだ。同ブロックチェーン上ではスマートコントラクトを活用したアプリケーションとして、分散型金融やアイデンティなどのサービスが既に利用されている。 【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方...more
カテゴリー:

AIで野菜の市場価格を予測するアルゴリズム開発 - 11月19日(火)13:22 

NEDOは11月19日、「人工知能技術適用によるスマート社会の実現」事業において、ファームシップと豊橋技術科学大学がAIを活用した野菜の市場価格の予測アルゴリズムを開発したと発表した。
カテゴリー:

イーサリアムとEOSの違いとは?ブロックチェーンのトリレンマからの比較 - 11月19日(火)10:46 

イーサリアムとEOSは世界の中でも有数のブロックチェーンプロジェクトとして知られている。イーサリアムは非中央集権のワールドコンピューターとして、EOSはDAppsの高速化を目的として、スマートコントラクトという同様の特徴を持ちながらも異なるコンセンサスアルゴリズム、ガバナンスによって運営されている。 イーサリアムは、イーサと呼ばれるネイティブトークンを内包する、スマートコントラクトプラットフォームだ。現在では1億ものイーサがネットワーク上に存在し、マイナーが彼らのハードウェアを稼働させるためのインセンティブとして利用されている。イーサはビットコインと同様に商品の支払いに利用できるが、スマートコントラクトを稼働させるための「燃料」としてのユースケースが本来の利用用途だ。 一方、EOSはユーザーの費用を削減し、より早く簡単にDAppsを実行・管理することを可能にするブロックチェーンアーキテクチャーだ。EOSのプロトコルであるEOS.IOでは、プロトコルが非中央集権のOSのように稼働させることができ、さらには産業規模のアプリケーションの実装も可能にするという特徴がある。 仮想通貨交換プラットフォームのCoin Rivetが11月18日、公開したレポートによるとイーサリアムとEOSには明確な差が見て取れるという。イーサリアムではTPSが9、承認までの時間が20秒、バリデーターノードの数が6...more
カテゴリー:

【米WSJ】 Googleニュース検索で保守系の記事が引っかからないのはGoogleがブラックリストに載せたからだ - 11月18日(月)23:21  newsplus

・Google 'DOES blacklist sites, has targeted conservative news sites and changes its algorithms to favour big businesses,' claims new report - despite the tech giant's denials Wall Street Journalの報道によると、Googleは密かに特定のサイトをブラックリストに載せ、検索結果に反映させないようにしている事が調査によってわかったという。 検索大手は、2000年代の初頭から特定のスパムサイトを児童虐待や著作権侵害に関わっているものと同様に検索結果に表示されないようブラックリストに登録しているという。 同様...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アルゴリズム」の画像

もっと見る

「アルゴリズム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる