「アルコール検査」とは?

関連ニュース

乗務前のアルコール検査 不実施は500件前後 日航と全日空 - 12月07日(金)10:22 

 パイロットの飲酒不祥事で国土交通省の立ち入り検査を受けた日航と全日空で、パイロットが乗務前の呼気アルコール検査を実施していないケースが相次いでいた。両社への取材で判明した。内訳は日航で100~200件程度、全日空で393件。
カテゴリー:

日航と全日空「飲酒」の検査不実施500件前後 - 12月07日(金)01:31 

 パイロットの飲酒不祥事で国土交通省の立ち入り検査を受けた日本航空と全日空で、パイロットが乗務前の呼気アルコール検査を実施していないケースが相次いでいたことが6日、両社への取材で分かった。内訳は日航で100~200件程度、全日空で393件。
カテゴリー:

【ガバガバ】パイロットの飲酒問題、アルコール検査せず乗務 それぞれ100件以上 全日空と日航 - 12月06日(木)19:16  newsplus

パイロットによる飲酒の問題が相次ぐ中、全日空と日本航空が過去の乗務前の検査について調べたところ、感知器を使ったアルコール検査を行わないまま乗務したケースが、それぞれ100件以上相次いでいたことが分かりました。 パイロットによる飲酒問題で先月、国土交通省の立ち入り検査を受けた全日空と日本航空は、過去の乗務前の検査について改めてパイロットへの聞き取りをしました。 その結果、アルコール感知器を使った検査を行わずに乗務したケースが相次いでいたことが分かりました。 全日空では、羽田空港で先月までの1年間...
»続きを読む
カテゴリー:

機長飲酒問題、JACが国交省大阪航空局に報告書 - 12月05日(水)21:47 

 11月末に日本エアコミューター(JAC)の男性機長(40)から基準値を超えるアルコールが検出され、運航が遅れた問題で、JACは5日、調査の経過や再発防止策をまとめた報告書を、国土交通省大阪航空局(大阪市)に提出した。アルコール検査で基準を上回った場合の罰則規定や、社員教育の強化を盛り込んだ。航空局は6日、確認のため、鹿児島県霧島市のJAC本社に立ち入り検査を実施する方針。
カテゴリー:

ANA飲酒機長の諭旨解雇は重すぎるか? (榊裕葵 社会保険労務士) - 11月30日(金)13:30 

2018年10月25日、ANAホールディングス(以下、ANA)傘下、ANAウイングス所属の40代男性機長が前夜の飲酒で体調不良を訴えました。乗務予定だった便に搭乗できず、交代要員の手配等で国内線5便に遅延が発生。この問題を受け、機長は2018年11月6日付で諭旨退職処分になっています。■諭旨退職処分は重すぎるのではないか? 諭旨退職とはどんな処分でしょうか。就業規則の定め方によって多少ニュアンスが異なる場合もありますが、一般的には「本来は懲戒解雇に値するものの、本人の反省や情状等を踏まえ、自己都合退職扱いにする」という処分です。諭旨退職扱いになると、退職金の全部または一部が支給される点や、経歴に賞罰歴が残らないという点で本人にメリットがあります。しかし懲戒解雇も諭旨退職も社員としての身分を失わせる処分に他なりません。全日空によると、機長は10月25日午前8時すぎの石垣発那覇行きの便に乗務予定だったが、前日に沖縄県石垣市内で飲酒。25日早朝になって「体調不良で乗務できない」と所属部署に連絡した。同社が調べた結果、飲酒の影響と判明した。 飲酒の機長を諭旨退職 全日空グループ、5便に遅れ 日本経済新聞電子版 2018/11/09この報道によれば、機長は体調不良や飲酒の事実を隠して飛行機を操縦したわけではありません。事前に申告しているにも関わらず諭旨退職という重い処分を受けることについて、...more
カテゴリー:

ANAとJAL、アルコール検査実施しないケース過去に“多数” - 12月07日(金)05:26 

 パイロットによる飲酒が問題となった全日空と日本航空で、パイロットが乗務前のアルコール検査を実施していなかったケースが相次いでいたことが分かりました。
カテゴリー:

飲酒検査、不実施500件前後 日航と全日空 - 12月06日(木)19:34 

パイロットの飲酒不祥事で国土交通省の立ち入り検査を受けた日航と全日空で、パイロットが乗務前の呼気アルコール検査を実...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

アルコール検査せず乗務 それぞれ100件以上 全日空と日航 - 12月06日(木)18:15 

パイロットによる飲酒の問題が相次ぐ中、全日空と日本航空が過去の乗務前の検査について調べたところ、感知器を使ったアルコール検査を行わないまま乗務したケースが、それぞれ100件以上相次いでいたことが分かりました。
カテゴリー:

カワイソス(笑)日航副操縦士、遠い異国の刑務所で解雇通知を知る。アルコール検査禁固10ヶ月 - 11月30日(金)17:28  news

日航、副操縦士を懲戒解雇=社長も報酬減額3カ月―飲酒問題で処分 11/30(金) 15:08配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000097-jij-soci  英国の空港で乗務前に基準値を超えるアルコールが検出されたとして、日本航空の男性副操縦士に有罪判決が出されたことを受け、日航は30日、副操縦士の懲戒解雇処分を決めたと発表した。    日航は組織の管理責任が避けられないと判断。赤坂祐二社長の月額報酬を12月分から20%減額(3カ月)、進俊則専務は10%減額(同)とする懲戒処分も併せて発表した。  また、副...
»続きを読む
カテゴリー:

政府専用機、アルコール検査せず - 11月30日(金)04:11 

航空会社のパイロットによる飲酒の問題が相次いでいることをめぐって、岩屋防衛大臣は、航空自衛隊が運用する政府専用機について、パイロットのアルコール検査は行っていな...
カテゴリー:

もっと見る

「アルコール検査」の画像

もっと見る

「アルコール検査」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる