「アラーム」とは?

関連ニュース

東大発スタートアップが「現場作業員のデータを見える化」するAI画像認識技術を開発 - 11月14日(木)18:00 

AIサービスの開発業務を行う株式会社Lightblue Technologyは、AIによって現場作業員の活動を数値データ化&見える化し、業務効率改善や安全性向上につなげる「ヒューマンセンシング AI(Lightblue Sense)」をリリースした。 ・人にフォーカスした画像解析AI 「ヒューマンセンシング AI」は、アカデミックでの研究成果や知識をベースに、Lightblue Technologyが自社開発したAIソリューション。「人にフォーカスした画像解析AIソリューション」で、行動認識、姿勢推定、位置推定、顔向き推定、感情推定、物体認識などのAI画像認識技術を組み合わせることで、人から様々なデータを認識・分析し、工程ごとや人員ごとに細かく 「数値データ化&見える化」する。 これまで、製造現場や建設現場における作業者の管理方法は、作業者の動作を観察、記録、分析して、作業の効率や安全性を人がチェックするといったアナログな方法が多く取られてきたが、これには大きな労力と時間を要する。 「ヒューマンセンシング AI」では、カメラで撮った現場の動画像を用意するだけで、その動画像から様々なデータを認識・分析し、現場での作業状況をリアルタイムに「数値データ化」できるようになる。さらに、これまでAI導入にあたり負担になっていた、大量の画像データを用意する必要もないという。 ・建設資材や工事用車...more
カテゴリー:

「モンハン」の大タル爆弾型でゲームと同じ爆発音が鳴るアラームクロックがプライズ景品に登場。CAPCOM STORE TOKYOには“振動付きver.”も - 11月08日(金)19:13 

 カプコンは本日,プライズ景品「モンスターハンター15周年記念大タル爆弾アラームクロック(ノーマルver.)」を,2019年11月22日より順次展開すると発表した。「大タル爆弾」型で,音はゲーム内の爆発音。CAPCOMSTORETOKYOには,その“振動付きver.”が限定物販アイテムとして登場するそうだ。
カテゴリー:

シュナイダーエレクトリック、エッジのIT設備も監視するサブスクリプションITインフラ設備管理を提供開始 - 11月07日(木)11:00 

2019/11/7 シュナイダーエレクトリック シュナイダーエレクトリック、エッジのIT設備も監視するサブスクリプションITインフラ設備管理を提供開始 ● IT管理者が常駐していないエッジ環境、遠隔地や多拠点展開の施設にも対応 ● クラウド経由のため、リモートでの運用監視データの収集、監視、モニタリングが可能になり、IT設備の運用効率を最適化 ● 接続機器数単位での課金のため、スモールスタートが可能 エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxureTM IT Expert」(エコストラクチャー アイティ エキスパート)を12月1日に国内で販売を開始します。 シュナイダーエレクトリックのIoTプラットフォーム「EcoStruxure」アーキテクチャーの一部である「EcoStruxure IT Expert」は、クラウド経由でITスペースのインフラ設備の稼働状況、温湿度など環境情報、セキュリティ情報などのデータを収集し、監視や管理を行うITインフラ設備管理ソリューションです。常駐のIT管理者がいないオフィスや工場、店舗などの「エッジ」環境においてもIT設備がリアルタイムでリモートから監視できます。 クラウドベースのた...more
カテゴリー:

テレビアニメ『黒子のバスケ』より、 スマートフォン向け歩数計&アラームアプリ[黒子のバスケ WALK&ALARM]事前登録開始!  アニメ人気声優の完全新規録り下ろしボイス多数収録!! - 11月06日(水)15:00 

2009年から2014年まで「週刊少年ジャンプ」にて連載され、コミックスは累計3000万部を突破した超人気バスケットボール漫画『黒子のバスケ』。2012年よりテレビアニメがスタートし、3期(全75話)に渡って放送されるほどの大ヒットを記録しました。この度、数多くのファンを抱える本作待望のスマホアプリが公開されます!!~ 事前登録 ~正式リリースに先立ち、2019年11月6日(水)より事前登録を開始致しますので本書にてお知らせ致します。↓↓ 事前登録はこちらから ↓↓https://kurobas-walk-alarm.jp/~ アプリ主要機能 ~(1)  目覚まし機能アプリオリジナルボイスを多数収録!目覚ましの音声(アラーム音)として設定が可能です。(2)  描き下ろしイラスト順次更新アプリの為に描き下ろした完全新規キャラクターイラストを順次更新し公開!イラスト限定のボイスも多数リリース予定です。(3)  スケジュールアラート機能スケジュールを設定するとキャラクターがリマインドしてくれる!(4)  歩数計機能お気に入りのキャラクターと一緒に楽しくウォーキング。本機能を利用し歩いた分だけキャラクターとの親密度がアップ。親密度を上げてここでしか手に入らない限定ボイスをゲットしよう!公開、第一弾として[黒子][火神][青峰]が登場!アプリに収録されているオリジナルボイスは全て完全録り下ろ...more
カテゴリー:

国際高専生を含む北陸地域の高専生17人が英語で研究発表 - 11月05日(火)15:00 

2019年11月5日 学校法人金沢工業大学 国際高等専門学校 国際高専生を含む北陸地域の高専生17人が英語で研究発表 2019年IEEE第11回工学教育国際会議開催 2019年IEEE第11回工学教育国際会議が国際高等専門学校(石川県金沢市久安2-270 校長:ルイス・バークスデール)等の共催で2019年11月6日(水)、7日(木)に開かれます。IEEEは米国電気電子学会の略で、電気・電子分野における世界最大の学会です。 同国際会議は、電気・電子分野を中心とした工学教育に関する最新の研究の発表の場で、日本で開催されるのは3回目です。また会議の中で学生発表会も開催され、国際高専生を含む北陸地域の高専生17人の研究発表も行われます。 1.正式名称:2019 IEEE 11th International Conference on Engineering Education (2019年IEEE第11回工学教育国際会議) 2.略  称:ICEED2019 3.主  催:IEEEマレーシア支部(→*補足1) 4.共  催:マラ工科大学(→*補足2)、国際高等専門学校ほか 5.今回のテーマ:Humanizing Engineering Education Through Personalized Learning 6.開催日時:2019年11月6日(水)9時00分~17時30...more
カテゴリー:

AIとレーダー技術を使って「子供の車内放置」を検出するデバイスをカナダの大学が開発 - 11月14日(木)16:00 

暑い夏の日、子供が車に放置されて尊い命を落とすという事件が後を絶たない。そこで今回、カナダのウォータールー大学がAIとレーダー技術を使って、子供や動物の車内放置を検出するデバイスを開発した。 ・車内放置されている子供や動物を100%の精度で検出 この直径わずか3cmの小さなデバイスは車両のバッテリーで作動し、車両のバックミラーか天井に取り付けて使用する。 そして、デバイスが車両内の人や動物、物体にレーダー信号を送ると、送信されたレーダー信号が反射されて、内蔵AIがその反射信号を分析。デバイスは微妙な呼吸運動を検知して、生物と無生物を判別し、放置されている子供や動物を100%の精度で検出できる。 カメラとは異なり、このデバイスはプライバシーを保護しながらも死角がないのが特徴で、問題が検出されると、システムは車両のドアロックを防いで、問題を運転者や乗客、および周りの人々にアラームを鳴らす。 当デバイスの主な目的は、子供やペットの置き去りの検出だが、デバイスによる分析によって、車両内の乗員の数と位置が特定できることから、その情報はライドシェアリングサービスと有料道路の料金設定や、カープールレーンの車両認定にも使用が可能だ。 ・ドライバーのバイタルサイン監視のため使用を研究中 研究者らは、このシステムは手頃な価格であり、すべての車両の標準装備になる可能性があるとみており、当研究は2020年...more
カテゴリー:

シュナイダーエレクトリック、 “エッジ”のIT設備も監視する“サブスクリプションモデル”のITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxure IT Expert」提供開始 - 11月07日(木)11:00 

● IT管理者が常駐していないエッジ環境、遠隔地や多拠点展開の施設にも対応● クラウド経由のため、リモートでの運用監視データの収集、監視、モニタリングが可能になり、IT設備の運用効率を最適化● 接続機器数単位での課金のため、スモールスタートが可能エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxureTM IT Expert」(エコストラクチャー アイティ エキスパート)を12月1日に国内で販売を開始します。シュナイダーエレクトリックのIoTプラットフォーム「EcoStruxure」アーキテクチャーの一部である「EcoStruxure IT Expert」は、クラウド経由でITスペースのインフラ設備の稼働状況、温湿度など環境情報、セキュリティ情報などのデータを収集し、監視や管理を行うITインフラ設備管理ソリューションです。常駐のIT管理者がいないオフィスや工場、店舗などの「エッジ」環境においてもIT設備がリアルタイムでリモートから監視できます。 クラウドベースのため、アプリケーションのインストールが不要で複雑な導入作業が生じないため簡単に利用が開始できます。 また、サブスクリプションでの提供のため、接続機器数単位での課金により、監視対象...more
カテゴリー:

「黒子のバスケ」録り下ろしボイスも満載の歩数計&アラームアプリ - 11月06日(水)16:08 

藤巻忠俊原作によるTVアニメ「黒子のバスケ」のスマートフォン向け歩数計&アラームアプリ「黒子のバスケ WALK&ALARM」がリリースされる。
カテゴリー:

5人に1人が睡眠障害「体を温めると熟睡できる」は大間違い。驚き連発”眠りの新常識”:ソクラテスのため息 - 11月06日(水)11:52 

"滝沢カレンが理解できれば、視聴者みんなが理解できる!"をテーマに、経済情報や話題のニュース、世間を騒がせている流行のモノについて、誰にでもわかるように優しくかみ砕いてお届けするお勉強バラエティー「ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~」(毎週水曜夜10時)。10月30日(水)の放送では、「睡眠障害」をテーマにおくる。現在、日本人の5人に1人は不眠に悩まされている(※厚生労働省調べ)。残業や上司への気遣いが原因で睡眠障害が起きる場合も数多いという。そこで番組では、眠りに関する知識テスト出題し、有識者が解説。睡眠の意外な真実に迫る。最初の問題は...。Q:体を温めると熟睡できる...は間違い! 快眠の秘訣は〇〇を冷やすこと。【正解】脳とはいえ、氷枕などで表面的に冷やしても脳の自律神経に到達しないため、快眠には無意味だという。東京疲労・睡眠クリニックの梶本修身院長によると、部屋全体を冷やすのが正しい方法。鼻から冷たい空気を吸うと鼻腔で熱交換が行われ、脳が冷えて非常に熟睡できるとのことだ。「パソコンは熱を持つでしょ。それと同じ。脳も常に熱を発している。冷やしてあげなきゃいけない」と梶本先生。冬になると暖房をつけたまま寝てしまいがちだが、暖房に頼らず布団で体温調整を行い、脳を冷やせば快眠が得られるとのこと。Q:お酒を飲むとぐっすり眠れる?【正解】×街頭インタビューでも多...more
カテゴリー:

首里城正殿内の防犯カメラ、火災検知直前に電源喪失していた - 11月05日(火)09:54  news

那覇市の首里城火災で、火元とみられる正殿内にある防犯カメラの電源が、火災検知センサーの反応する直前に落ちていたことが4日、関係者への取材で分かった。 電気系統に漏電やショートなどの不具合が起きた可能性もあるとみて、県警や消防が火災との関連を調べている。 一方、この日も県警や消防による実況見分が110人態勢で続けられた。正殿北側のがれき撤去はほぼ終了し、5日以降は箇所を絞って調べる。 首里城を管理・運営する沖縄美ら島財団によると、内部の映像は暗く、火災は写っていなかった。 市消防局によると、...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アラーム」の画像

もっと見る

「アラーム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる