「アラート」とは?

関連ニュース

コレなら予定を忘れない!…女性約200人調査「スケジュール管理のコツ」 - 文・harako | ananweb - マガジンハウス - 12月04日(金)20:50 

2021年を迎えるにあたり、スケジュール管理も見直したいところ。そこで今回は、20〜30代の女性が所属するanan総研メンバー約200人に、予定や時間を把握するためのhowtoを聞いてみました。文・harako【アンアン総研リサーチ】行動や予定を把握するには…Q. スケジュール管理方法は、デジタル派? それとも手帳派?デジタル派 60%手帳派 20%両方 20%6割を占めたのは、パソコンやタブレット、スマホなどと連携できる便利なデジタル管理でした。加えて、紙の手帳にメモしたり両方良いとこどりをしたりと、各々のスタイルがありそうです。Q. スケジュール管理でメモしていることを教えてください。該当項目すべてに回答していただきました!第1位 日程・時間(91%)第2位 持ち物・準備 / やることリスト 同率(49%)第3位 地図・場所(43%)第4位 日記(23%)第5位 費用・予算(17%)第6位 服装・メイク(0%)その他 (6%)予定を書き込むことにプラスαで、メモすると無駄のない行動ができそうですね。女性の場合は、生理周期や体調なども把握しておくと、後から見直した時にとても良い記録になることでしょう。こんな使い方がおすすめ3パターンそれぞれのスケジュール管理方法のコツを、具体的に教えてもらいました!1. デジタル派「PCのデスクトップに出しておくと、絶対に忘れない」(31歳・自営...more
カテゴリー:

電通、新型コロナウイルス日米定点生活者意識調査第10回目を実施 - 12月04日(金)17:15 

2020年12月4日 株式会社 電 通  株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、2020年11月下旬、全国20〜69歳の男女1,000名を対象に「COVID-19生活者意識ナビゲーター(第10回日米比較編)」を実施しました。  本調査は、電通グループの海外事業を統括する電通インターナショナル社(旧:電通イージス・ネットワーク社)の米国拠点Dentsu U.S.が米国において、新型コロナウイルスによる生活者意識の変化を今年3月下旬から11月にかけて14回にわたり調査したものと同じ内容を日本国内でも調査したものです。前回の10月下旬に引き続き、日本での第10回目の調査を11月下旬(日本国内の一日あたりの新規感染者数が2,000人を超え、過去最高を記録した時期)に行いました。比較対象である米国の第14回目は11月上旬に調査を行いました。    第10回調査の主なファインディングスは以下の通りです。なお、一部の調査項目は情勢を鑑みながら追加・変更を行っているため、設問によっては比較可能な項目がある週との比較を行っております。また日本では1月下旬に次回調査を行い、その結果は2月にお知らせいたします。   <主なファインディングス> 1.生活者の心理変容は、日本ではステージ2「変化への対応」が10ポイント増え、ステージ3以降の割合が前回の51%から37...more
カテゴリー:

今冬AndroidにGoogleマップの簡単ルート検索やEmoji Kitchenなど6つの新機能追加 - 12月04日(金)13:30 

米国時間12月3日、Google(グーグル)は、この冬、Androidスマートフォンに6つの新機能が追加されれるアップデートがあると発表した。これによってGboard、Google Playブックス、Voice Access、Googleマップ、Android Auto、Nearby Shareといったアプリが改良される。 Androidスマートフォンは現在、毎年行われるOSのメジャーアップデート以外でも、数々の新機能が随時追加されている。今回のリリースはその最新のものだ。これらのアップデートでは、Androidの主な機能が最新版に更新されるわけではないかもしれないが、しかしより頻繁に、着実な改良が提供されている。 今冬のアップデートで、最も楽しいちょっとした機能の1つが、Gboardキーボードアプリに追加される「Emoji Kitchen」だ。ユーザーはお気に入りの絵文字を組み合わせて新しい絵文字を作り、それをシェアすることができる。グーグルによると、この機能が2020年初めに導入されて以来、ユーザーはこれまでに30億回以上も絵文字をリミックスしてきたという。今回のアップデートでその選択肢は広がり、デザインできる組み合わせは従来の数百から、1万4000以上に増えることになる。2つの絵文字をタップすると、それらを組み合わせた絵文字がいくつか提案されるので、その中から1つを選んで使用...more
カテゴリー:

ソフォス、2021年版脅威レポートを公開、ランサムウェアやその他の深刻なサイバー攻撃が2021年のITセキュリティ・トレンドを形成すると予測 - 12月03日(木)14:30 

2020年12月3日<<報道資料>>ソフォス株式会社ソフォス、2021年版脅威レポートを公開、ランサムウェアやその他の深刻なサイバー攻撃が2021年のITセキュリティ・トレンドを形成すると予測~SophosLabsの研究者、ソフォスの脅威ハンター、ラピッドレスポンス担当者、クラウドセキュリティおよびAIの専門家から見たサイバー攻撃のトレンドを多角的に解説~※本資料は2020年11月18日(現地時間)に英国オックスフォードにて発表されたプレスリリースの抄訳です。ネットワークおよびエンドポイントセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス(日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、2021年ソフォス脅威レポート(https://www.sophos.com/ja-jp/medialibrary/pdfs/technical-papers/sophos-2021-threat-report.aspx )を公開しました。このレポートでは、高度な攻撃から初歩レベルの攻撃まで、急速な変化を続けるランサムウェアとサイバー攻撃者の行動が、2021年に脅威環境とITセキュリティにどのような影響を及ぼすのかを解説しています。当脅威レポートは、SophosLabsのセキュリティ研究者のほかに、ソフォスの脅威ハンティング担当者、ラピッドレスポンス担当者、クラウドセキ...more
カテゴリー:

マルチテナント型物流施設「DPL市川」においてAIを活用した実証実験を開始 - 12月03日(木)11:18 

2020年12月3日 大和ハウス工業株式会社 NTTコミュニケーションズ株式会社 ■物流業界初 マスク着用の有無やカフェテリアの混雑を自動で検知 マルチテナント型物流施設「DPL市川」においてAIを活用した実証実験を開始  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)とNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸岡 亨、以下「NTT Com」)は、大和ハウス工業が開発したマルチテナント型物流施設(※1)「DPL市川」において、NTT Comが提供するAI映像解析ソリューション「COTOHA Takumi Eyes®(コトハ タクミ アイズ)」を活用し、物流施設で初めて(※2)施設内に設置したカメラ映像から利用者のマスク着用の有無や、施設内のカフェテリアの混雑度を自動で検知する実証実験を、2020年12月4日より開始します。 ※1.複数のテナント企業様が入居できる物流施設。 ※2.大和ハウス工業とNTT Com調べ。  本実証実験では、利用者が当施設に入館する際に、「COTOHA Takumi Eyes®」がマスク着用の有無を判定し、マスク装着を促すメッセージを当施設入口のモニターに表示したり、共用スペースであるカフェテリアの混雑度を検知し、エリア別の混雑状況や入場を制限するメッセージをカフ...more
カテゴリー:

インフォメーション・ディベロプメント サイバーセキュリティウェビナーを開催 - 12月04日(金)18:10 

2020年12月4日 株式会社インフォメーション・ディベロプメント   インフォメーション・ディベロプメント ウェビナー「2020年セキュリティインシデント事例 徹底解説! 変化したサイバー脅威、企業に問われる対応とは?」を開催   株式会社インフォメーション・ディベロプメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山川 利雄 以下、当社)は2020年12月18日に、「2020年セキュリティインシデント事例 徹底解説!変化したサイバー脅威、企業に問われる対応とは?」と題したウェビナーを開催いたします。   2020年。社会のデジタル化が加速すると共にサイバー脅威も進化を続け、多数のサイバーセキュリティインシデントが発生しました。 十分なセキュリティ対策をとれないままで不安に思われている企業や組織も多いのではないでしょうか。 本ウェビナーではセキュリティインシデント事例を徹底解説し、企業に問われる対応/対策について、トレンドマイクロ株式会社、SBテクノロジー株式会社と共に提案致します。   ■セミナー概要 【2020年セキュリティインシデント事例 徹底解説!】変化したサイバー脅威、企業に問われる対応とは?   会期 :2020年12月18日 15:00~16:30 形式 :オンライン(Zoom) 主催 :株式会社インフォメーション・...more
カテゴリー:

デジタルソリューションツール「Tirematics」を12月より国内で本格的に提供開始 - 12月04日(金)15:00 

2020年12月4日 株式会社ブリヂストン タイヤの内圧を遠隔モニタリングするデジタルソリューションツール「Tirematics」を12月より国内で本格的に提供開始 - トラック・バス事業者様の安全運行を支えるサービスを提供 - 株式会社ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストンタイヤソリューションジャパン株式会社※1は、12月7日より、日本国内のトラック・バス事業者様向けにタイヤの内圧を遠隔モニタリングするツール「Tirematics(タイヤマティクス)」を活用したデジタルソリューションサービスの提供を開始します。 当社グループは、「2050年にサステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供する会社であり続けること」をビジョンとして掲げています。その実現に向けて、「断トツ商品」「断トツサービス」「断トツサービスネットワーク」とデジタル技術を組み合わせた当社グループ独自のプラットフォーム「Bridgestone T&DPaaS (Bridgestone Tire and Diversified Products as a Solution)」をベースに、「断トツソリューション」を提供していきます。 また、その実行にあたっては「コア事業」であるタイヤ・ゴム事業の更なる強化と、「成長事業」であるソリューション事業の拡大を通じた...more
カテゴリー:

Boltが第4世代キックボードを発表、事故や危険走行を検知するセンサーを搭載し安全性重視 - 12月04日(金)09:00 

Boltは配車サービスでよく知られているが、同社は欧州の45都市で電動キックボードサービスも運営している。そしてBoltの社内ハードウェアチームが設計した新モデルの電動キックボードは、安全性に重点を置いている。 写真を見るとわかるように、新モデルは重量19kgの大型キックボードで、平均的な自転車より重い。航続距離40kmのバッテリーを搭載し、車体は主にアルミニウムでできている。 Boltによると、新車両はモジュラー設計のおかげで最大60カ月は使用できるという。またBoltは車体全体を交換しなくても、部品を交換できる。 車両には事故や危険な走行を検知するセンサーが搭載されている。利用者が落下するか、または急ブレーキをかけた場合、Boltは警告を発することができる。さらに車両は危険なライディングパターンも認識する。音声と視覚的な警告を組み合わせて、何をすべきか、あるいは何をしてはいけないかを利用者に伝えることができる。 統合ダッシュボードは歩行者エリアで乗車していることや、低速エリアで乗車していることをアラートで通知する。また、駐車可能エリアかどうかも確認できる。Boltによれば、歩行者や低速エリアに入るとフロントライトを点滅させる予定だ。 最新のeスクーターと同様に、車両を移動させなくてもバッテリーが交換できる。着脱式のバッテリーは、スクーター本体の交換よりもはるかに効率的だ。 数週...more
カテゴリー:

気象庁と環境省は2020年夏に関東甲信で試行的に運.. - 12月03日(木)11:40 

気象庁と環境省は2020年夏に関東甲信で試行的に運用していた「熱中症警戒アラート」を2021年には全国に拡大する方針を決めました
カテゴリー:

熱中症対策の「熱中症警戒アラート」来年から全国.. - 12月03日(木)05:18 

熱中症対策の「熱中症警戒アラート」来年から全国運用へ #nhk_news
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アラート」の画像

もっと見る

「アラート」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる