「アメリカ軍」とは?

関連ニュース

【悲報】ケンモメンの大半 戦前でも徴兵検査に合格しなかったことが明らかに - 08月17日(土)14:33  poverty

陸軍身体検査規則 体格 徴兵された新兵は、現代の健康診断でも行われているのと同様に身長、体重、胸囲、視力などを測定した。 視力は裸眼視力0.6以上、20度(現在の単位だと±2Dに相当)の眼鏡をかけて各眼0.8以上で色盲でないこととされた。後に戦局の悪化に伴い色盲の条件は廃止された。 体格についても脂肪過多、扁平足、腫瘍、禿頭などの異常が無いことを求められた。 身長は155センチ以上を優良とし、 145.5センチ以上が合格とされた。 アメリカ軍の基準が170センチ以上だったことを考えると、欧米の検査基準に比べると著...
»続きを読む
カテゴリー:

「ガダルカナルの戦い」って、太平洋戦争の転機だったよな。 - 08月15日(木)01:41  poverty

: ■ 完全復元 ガダルカナルの戦い (仮) 8月11日(日)午後9時00分~9時49分 http://www6.nhk.or.jp/special/sp/detail/index.html?aid=20190811 太平洋戦争最大の分岐点となった「ガダルカナルの戦い」。今回NHKは、謎に包まれた死闘の克明な経緯を明かす戦闘記録を発見した。 分刻みのタイムラインで、日米両軍がどう動いたのか。まるで戦場に居合わせたかのようにリアルに“復元”できる資料だ。 そこから浮かび上がるのは、日米両軍の“知られざる一進一退の攻防”。従来、日本軍が「無謀な作戦」を進めたとされる「ガダル...
»続きを読む
カテゴリー:

デッドストックの米軍用メガネを鯖江で復活させるプロジェクト - 08月12日(月)19:00 

ロサンゼルスの倉庫から発見された、50年以上前に製造されたデッドストック状態のGIグラスのリム。そのリムを福井県鯖江で整備して蘇らせるプロジェクトがスタートした。GIグラスとは、アメリカ軍が官給品として支給したメガネのこと。発見されたクリアグレーのモデルは、第二次世界大戦後に生産(1968年に生産終了)されたもので、ニッケル合金製のワイヤーリムからセルロースアセテートへと変更になる過渡期のもので、コレクターズアイテムとしても非常に価値が高い。当時のリムをメンテナンスし、それに合わせてテンプルを製作するには高度な技術が必要となる。そこで白羽の矢が立ったのが、“メガネの聖地”として知られる鯖江のメガネ職人の技術だったのである。放っておけば失われてしまう文化資産を人へ引き継ぐことで保護していく「CULTURE BANK」によるこの取り組み。クラウドファンディングでは、すでに多くの出資が集まっている。ウェリントンシェイプにダイヤ型のリベットが特徴。レンズを特別に染め上げサングラスとして製品化予定。色も忠実に当時のものを再現している。Top image: © CULTURE BANK
カテゴリー:

【原子力】ロシア軍施設爆発 原子力使った巡航ミサイル実験中か 米専門家■施設の近くは一時放射線量が上昇【原子力の管理運用問題】 - 08月12日(月)11:17  newsplus

ロシア軍施設爆発 原子力使った巡航ミサイル実験中か 米専門家 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190812/k10012032161000.html 2019/8/12 1時30分 NHK NEWS WEB,https://www3.nhk.or.jp/news 【記事全文】 ※ソースに動画あり 今月8日にロシアの軍の施設で起きた爆発について、核問題に詳しいアメリカの専門家は、原子力を動力源とする巡航ミサイルの実験で起きた可能性があると指摘しました。爆発のあと施設の近くでは一時放射線量が上昇しましたが、ロシア政府は具体的な内容について明らかにしていません。 ロシア北西部...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮 日本海に向け 飛しょう体2回発射 - 08月10日(土)06:40 

韓国軍の合同参謀本部は10日朝早く、東部のハムギョン(咸鏡)南道ハムン(咸興)付近から日本海に向けて飛しょう体を2回発射したと発表しました。韓国軍はアメリカ軍とともに詳しい情報の収集や分析を急いでいます。
カテゴリー:

100年経ってもいまだ使われ続ける「コルト・ガバメント」これもう半分オーパーツだろ - 08月15日(木)21:17  poverty

コルトM1911A1ガバメント~“ハンドキャノン”の渾名で呼ばれる制式化以来100年を超えた名銃~  アメリカ軍が1873年に制式化したシングルアクションのコルト・シングルアクション・アーミー回転弾倉式拳銃(リヴォルヴァー)、いわゆる「西部劇の拳銃」として広く知られるピースメーカーに代えて、 1889年に制式化(海軍が先行)したのが、前者よりも速射性に優れたコルト・ダブルアクション・アーミー・リヴォルヴァーだった。 だが、同銃に使う.38ロング・コルト弾は、フィリピンでモロ族に対する暴動鎮圧に際して威力不足を露呈...
»続きを読む
カテゴリー:

“フィリピン残留日本人”のその後を追う:未来世紀ジパング - 08月14日(水)10:23 

8月14日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、終戦から74年、番組が取材を続けてきた「フィリピン残留日本人」問題のその後を追う。今も続く残留日本人の苦悩や、現地で残留日本人を探すフィリピン人女性の活動に密着し、風化させてはいけない歴史の爪痕を伝える。フィリピンで今も続く残留日本人探し日本から直行便で5時間。フィリピンは、セブ島などリゾートとしても人気が高く、近年は高い経済成長が続く。そんなフィリピンと日本には浅からぬ歴史が。1941年、アメリカ軍が駐留していたフィリピンに日本軍が侵攻し、占領した。当時3万人を超える日本人が暮らしていた。しかしその後アメリカ軍がフィリピンを奪還。戦中の混乱の中、多くの家族が離散した。取り残された残留日本人はフィリピン全土で3,800人にのぼるとされている。首都・マニラで暮らしているのは、これまで番組が取材を続けてきた冨里(ふさと)・ゼナイダ・スミコさん(78歳)。フィリピン残留日本人だ。その証となるのが国籍証明書。そこには父親の冨里清繁さんと母親の日系2世・アントニアさんの名が記載されていた。今は3人の子どもと孫たちに囲まれ、平穏な日々を過ごしているスミコさんだが、過去には苦悩の日々が。4歳の時、父親が日本へと強制送還されたスミコさん。直後に母親も病気で亡くなり伯母に引き取られたが、両親の名前だけでなく、日本人であ...more
カテゴリー:

太平洋戦争での「沖縄戦」って、回避できなかったの? - 08月12日(月)13:23  poverty

Man Burnt Alive in WWII Battle of Balikpapan (1945) | War Archives https://www.youtube.com/watch?v=_ML1l-5C0_Q&bpctr=1565162053 沖縄での両軍及び民間人を合わせた地上戦中の戦没者は20万人とされる[36]。 その内訳は、沖縄県生活福祉部援護課の1976年3月発表によると、日本側の死者・ 行方不明者は188,136人で、沖縄県外出身の正規兵が65,908人、沖縄出身者が 122,228人、そのうち94,000人が民間人である[37][38]日本側の負傷者数は不明。 アメリカ軍側の死者・行方不明者は20,195人[39][注 4]、戦傷者 55,162人[4...
»続きを読む
カテゴリー:

「ガダルカナルの戦い」って、太平洋戦争の転機だったよな。 - 08月11日(日)16:31  poverty

■完全復元 ガダルカナルの戦い (仮) 8月11日(日)午後9時00分~9時49分 http://www6.nhk.or.jp/special/sp/detail/index.html?aid=20190811 太平洋戦争最大の分岐点となった「ガダルカナルの戦い」。今回NHKは、謎に包まれた死闘の克明な経緯を明かす戦闘記録を発見した。 分刻みのタイムラインで、日米両軍がどう動いたのか。まるで戦場に居合わせたかのようにリアルに“復元”できる資料だ。 そこから浮かび上がるのは、日米両軍の“知られざる一進一退の攻防”。従来、日本軍が「無謀な作戦」を進めたとされる「ガダルカナル...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森沖】F35戦闘機墜落事故 パイロット「空間識失調」で急降下か - 08月09日(金)17:28  newsplus

青森県沖で最新鋭のF35戦闘機が墜落した事故について、航空自衛隊は、パイロットが機体の姿勢を正しく認識できない「空間識失調」の状態になり、急降下に気付かないまま墜落した可能性が高いとする調査結果をまとめました。 ことし4月、青森県沖で航空自衛隊の最新鋭のステルス戦闘機F35A1機が墜落し、パイロット1人が死亡した事故について、航空自衛隊の事故調査委員会は調査報告をまとめました。 それによりますと、一緒に訓練していた同型機に残された記録などから、事故機はおよそ10000メートルの高度から急降下し、30秒ほ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アメリカ軍」の画像

もっと見る

「アメリカ軍」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる