「アメリカ英語」とは?

関連ニュース

パット・オコーナー コミスキー・パークに3万8622人の大観衆――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第13話> - 02月08日(木)08:31 

 ルー・テーズがアメリカのレスリング・シーンの表舞台から姿を消した数年間、テーズの“代役”をつとめたスーパースターといっていい。  アマチュア・レスリングのバックグラウンド、正統派らしいサイエンティフィック・レスリング、クリーンカットなイメージとどれをとっても典型的なベビーフェースで、アメリカ英語とはちょっとちがうニュージーランド・アクセントのおしゃべりが人気者としての隠し味になっていた。  1950年代前半は、シカゴのドゥモン・ネットワークDumont Networkが毎週土曜夜に全米放映していたプロレス中継番組“レスリング・フロム・マリゴールド・ガーデン”の花形スターとして活躍。  当時、もっとも美しい技といわれたオコーナー・ロール――ローリング・リバース・クレイドル(後方回転エビ固め)――の開発者としても知られる。  カナダ・モントリオールでキラー・コワルスキーを下しAWAインターナショナル王座(1954年7月21日)、トロントでロード・レイトンLord Laytonを退けブリティッシュ・エンパイア・ヘビー級王座(1956年3月29日)といったローカル・タイトルを獲得。  NWAの総本山セントルイスのキール・オーデトリアムでテーズのライバルだったディック・ハットンDick Huttonを下してNWA世界ヘビー級王座を奪取(1959年1月9日)。同王座を2年5カ月間に...more
カテゴリー:

「アメリカ英語」の画像

もっと見る

「アメリカ英語」の動画

Wikipedia

アメリカ英語(アメリカえいご、)は、アメリカ合衆国で使用されている英語方言米語(べいご)、米国語とも呼ばれる。

概要

イギリス英語ほどの著しい地域差はないが、アメリカ英語にも方言は存在する。アメリカ英語は大きく北部の方言と南部の方言に分けられ、東海岸と西海岸によっても違いがある。また多民族国家であるため、黒人英語など人種・民族・階層ごとの言葉の違い(社会方言)も複雑である。メディアなどで使用される標準的な英語(General American)に最も近いのは中西部の方言であるとされる(アメリカ合衆国中西部も参照)。

アメリカ英語の方がイギリス英語よりも新しいと思われがちだが、アメリカ英語はエリザベス1世時代の英語を基にしているため、アメリカ英語の方が古い形を保っている場合もある。 (例)getやforgetの過去分詞(英ではgotおよびforgot、米ではgottenおよびforgottenが優勢)。ask、dance、fastのaの発音(英では、米では)。st...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる