「アメリカ政府」とは?

関連ニュース

イラン、ホルムズ海峡で英タンカーを拿捕 - 07月20日(土)13:07 

 中東・ホルムズ海峡で、イラン革命防衛隊がイギリスのタンカーを拿捕(だほ)したと明らかにし、イランと西側諸国との間で緊張が高まっています。  イラン革命防衛隊は19日、国営テレビを通じてホルムズ海峡を航行していたイギリスのタンカーを拿捕し、イラン沿岸にえい航したと発表しました。イギリスのタンカー「ステナ・インペロ」が「国際的な航行規制に従っていなかったために拿捕した」としています。  イギリスのハント外相は「ステナ・インペロ」が4隻の船と一機のヘリコプターによって囲まれたと明らかにしたうえで、イランに対し警告しました。  「もし早期に解決されなければ、重大な結果を招くことをはっきりさせておく」(ハント外相)  ハント外相はこのように述べた上で、「軍事的な解決ではなく、外交的な解決を目指す」と述べました。このほか、リベリア船籍でイギリスの会社が運航する「メスダル」も一時、10隻のスピードボートに囲まれたということです。  今月4日にイギリス領ジブラルタルの警察がイランのタンカーを拿捕していて、イラン側がその報復に出た可能性があります。ホルムズ海峡ではタンカーへの相次ぐ攻撃もあり、緊張が高まっています。  こうしたなか、アメリカ政府は19日、日本を含む各国の外交団を国務省に招き、ホルムズ海峡周辺の安全確保に向けた有志連合構想に関する説明会を開催しました。  会合はおよそ1時間、非公開で...more
カテゴリー:

米 ホルムズ海峡の有志連合めぐり日本などと会合 - 07月20日(土)04:57 

中東のホルムズ海峡の安全確保に向けてアメリカが検討している同盟国などとの有志連合をめぐり、アメリカ政府は日本を含む各国の外交関係者を招いて会合を開き、有志連合の必要性や参加国に求める役割などについて説明したものとみられます。
カテゴリー:

ホルムズ海峡有志連合 米が日本などと会合へ - 07月19日(金)06:05 

中東のホルムズ海峡の安全確保に向けてアメリカが検討している同盟国などとの有志連合をめぐり、アメリカ政府は19日、日本を含む各国の外交関係者を招いて会合を開く予定で、参加国に求める役割などについて説明するものとみられます。
カテゴリー:

ホルムズ海峡安全確保 米構想の説明の場に日本も出席で調整 - 07月17日(水)15:44 

中東のホルムズ海峡などの安全確保のため、アメリカ政府が今月19日に関係国に新たな構想を説明する場に、日本政府も担当者を出席させる方向で調整しています。
カテゴリー:

中東の悲劇の再来を予感。アメリカが求める有志連合の「踏み絵」 - 07月17日(水)04:45 

7月9日、アメリカは同盟国に対し、タンカー攻撃などで緊張が高まるホルムズ海峡の防衛やパトロールのため、有志連合への参加を呼びかけました。この問題について、メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で、数々の国際舞台で活躍する国際交渉人の島田久仁彦さんは、日本がハンドリングを間違え中東諸国の信頼を失ってしまえば、第3次世界大戦の口火となるかもしれないと大きな懸念を抱いています。 踏み絵か?アメリカが同盟国に有志連合参加を要請 「今後は、ホルムズ海峡の防衛やパトロールの任を、日本など直接的に影響がある同盟国とシェアすべき」。7月9日にトランプ大統領から出された“要請”です。 実際に、大阪でのG20サミットの前から、トランプ大統領の「米軍による同盟国の防衛負担への不満」が出されていましたが(実際の数値に信憑性があるかどうかは別ですが)、少し内容を変えて出されたのが今回の“要請”です。 この裏には、先に述べた“不満”もあるでしょうが、実際にはホルムズ海峡での2隻のタンカー(日本の権益)への攻撃を受け、迅速に「イラン犯人説」をぶち上げたものの、追従してくれたのは英国だけで、日本も他の欧州各国も、起きたことへの憤りと懸念は表明するものの、米英のイラン批判に乗っかることはせず、「真犯人捜しの必要性」を述べるにとどまっていました。それにしびれを切らしたのか、「...more
カテゴリー:

米、有志連合構想の説明会開催 - 07月20日(土)07:41 

 アメリカ政府は19日、日本を含む各国の外交団を国務省に招き、ホルムズ海峡周辺の安全確保に向けた有志連合構想に関する説明会を開催しました。  日本政府は、有志連合への参加の是非について慎重に検討する方針ですが、何らかの形で協力することになれば、イランから敵対勢力とみられる可能性もあり、難しい対応を迫られることになりそうです。(20日06:04)
カテゴリー:

ホルムズ海峡、“有志連合”説明会始まる - 07月20日(土)01:41 

 アメリカ政府は各国の外交団を招待し、イラン沖のホルムズ海峡周辺の安全確保に向けた有志連合構想に関する説明会を開催しています。  ホルムズ海峡周辺を航行する民間船舶の安全確保に向けた有志連合構想に関する説明会は、アメリカ国務省で始まりました。安全保障上の懸念を共有するヨーロッパ、アジア、中東地域のほか、湾岸地域と経済的なつながりを持つラテンアメリカやアフリカなど60か国以上の外交団が招待されていて、日本からもワシントンにある大使館の幹部らが参加する予定です。  日本政府はアメリカの構想を十分に把握した上で、有志連合への参加の是非について慎重に検討する方針ですが、何らかの形で協力することになれば、イランから敵対勢力とみられる可能性もあり、難しい対応を迫られることになりそうです。(20日00:36)
カテゴリー:

有志連合巡る説明 日本も出席か - 07月17日(水)15:44 

中東のホルムズ海峡などの安全確保のため、アメリカ政府が今月19日に関係国に新たな構想を説明する場に、日本政府も担当者を出席させる方向で調整しています。
カテゴリー:

ホルムズ海峡の安全確保 米 関係国に説明の場設ける考え - 07月17日(水)04:58 

緊張が高まっている中東のホルムズ海峡の安全を確保するため、アメリカ政府の高官は今月19日にアメリカの新たな構想について関係国に説明する場を設ける考えを明らかにしました。
カテゴリー:

【アメリカが嫌いなら出て行け】トランプ氏 移民系女性議員念頭か ★2 - 07月16日(火)13:25  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190716/k10011994121000.html 「米が嫌いなら出て行け」トランプ氏 移民系女性議員念頭か 2019年7月16日 5時18分トランプ大統領 アメリカのトランプ大統領は、みずからに批判的な野党 民主党の移民系の女性議員などを念頭に、ツイッターで「世界最悪の国から来てアメリカ政府はこうすべきと語っている。国に帰ってはどうか」と投稿しました。これに対し民主党からは「人種差別だ」と批判が相次いでいます。 トランプ大統領は14日、ツイッターに「民主党の『急進的な』女性議員たちは、世界最...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アメリカ政府」の画像

もっと見る

「アメリカ政府」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる