「アメリカ合衆国」とは?

関連ニュース

【新連載】オバマ氏、画家との「交渉」に失敗!? 笑いを誘ったシンプル英語(井津川倫子) - 02月16日(金)07:00 

2018年2月12日、米ワシントンの美術館「ナショナルポートレートギャラリー」で、オバマ前大統領夫妻の肖像画が一般公開されました。リンカーンやジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソンなど歴代大統領の肖像画がズラリと並ぶなか、近年は大統領だけではなく夫人の肖像画も展示されるようになりました。しかし、これまでは今回の肖像画ほど世間の関心を集めたことはなかったそうで、世界中のメディアが殺到。それほどまでに、オバマ夫妻の肖像画は「異例づくし」でした! さて、その理由は...... オバマ氏は「白髪と大きな耳」がコンプレックス? They were the first African‐American painter to paint the first African‐American president of the United States. (彼らは、アメリカ合衆国初のアフリカ系アメリカ人の大統領を描いた、初めてのアフリカ系アメリカ人画家だ) オバマ夫妻の肖像画は「初めて」のオンパレードでした。ご存知のとおり、オバマ氏は「初めて」のアフリカ系アメリカ人大統領で、ミシェル夫人も南部の奴隷にルーツを持つ「初めて」のアフリカ系アメリカ人ファーストレディーです。 それに加えて、今回、夫妻がそれぞれ指名した画家が、二人とも黒人アーティストだったことがニュースになりました。これまでの大...more
カテゴリー:

【米フロリダ州高校銃乱射】2018年アメリカ学校銃乱射事件の6件目 - 02月16日(金)03:10  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/43067609 2018/02/15 米フロリダ州パークランドの警察は14日午後、ブロワード郡の高校で乱射事件があり、少なくとも17人が死亡したと発表した。容疑者は、退学処分になった19歳の元生徒で、自分も負傷して拘束されたという。 銃対策に取り組む市民団体によると、2018年に入って死傷者の出た学校乱射事件は6件目という。 ブロワード郡のスコット・イスラエル保安官によると、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校から退学処分になった元生徒のニコラス・クルス容疑者(19)は同日午後2時半、同校...
»続きを読む
カテゴリー:

カゴヤ・ジャパンから1時間340円~使える「Tesla GPUサーバー」提供開始のお知らせ - 02月13日(火)16:00 

[カゴヤ・ジャパン] [画像: https://prtimes.jp/i/10358/13/resize/d10358-13-908584-0.jpg ] 2018年2月13日より、カゴヤ・ジャパン株式会社では、AI、ディープラーニング/VDIに最適なNVIDIA Corporation(本社:アメリカ合衆国カ...
カテゴリー:

【悲報】下町ボブスレーさん、サイトからジャマイカ選手を削除してしまう - 02月10日(土)22:05  news

http://bobsleigh.jp/jazminefenlator 保護中: ジャズミン・フェンレーター このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してくださ グーグルキャッシュ ジャズミン・フェンレーター | 下町ボブスレーネットワークプロジェクト公式サイト bobsleigh.jp/jazminefenlator ジャマイカ代表の女子パイロットのジャズミン・フェンレーターは、自身のキャリアをピョンチャン五輪で円熟期を迎える。ジャズミンは2014年のソチ五輪では、 アメリカ合衆国の代表枠3チームのパイロットの1人として...
»続きを読む
カテゴリー:

【WDW】オリジナルキャラからトランプ大統領まで登場 長期滞在者にオススメのアメリカらしいアトラクション5つ - 02月09日(金)06:30 

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートには、広大な敷地に数えきれないほどたくさんのアトラクションがあります。 【写真18枚】WDWマニア向けアトラクション フォトギャラリー 「アバター・フライト・オブ・パッセージ」など大人気の最新アトラクションを始め、ガイドブックなどで紹介されている定番アトラクションを回っているだけで何日もかかってしまいます。 しかし、定番アトラクション以外にもウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートらしさを味わえるアトラクションがいくつもあります。 卒業旅行などで滞在日数が長めという方や複数回訪れている方におすすめしたい、これぞウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートというアトラクションをご紹介します。 これぞウォルトのトゥモローランド マジックキングダム・パークのトゥモローランドから、歴史があり、ウォルト・ディズニーが作るトゥモローランドらしいアトラクションを2つご紹介。 ウォルト・ディズニーが出がけたカリフォルニアのディズニーランド・パークで愛されていた、トゥモローランドの精神を受け継ぐアトラクションです。 ウォルト・ディズニー・カルーセル・オブ・プログレス 1964年のニューヨーク万国博覧会のために制作された、「イッツ・ア・スモールワールド」などと同じく歴史のあるアトラクションです。 万博後はディズニーランド・パークのアトラ...more
カテゴリー:

みんなが自宅で過ごす時間が長くなったことでエネルギー使用量が減少したという調査結果 - 02月16日(金)06:00 

アメリカ合衆国労働省労働統計局(BLS)によると2016年はアメリカの被雇用者全体の22%が部分的な仕事、あるいは全ての仕事を在宅で行ったとのこと。自宅で仕事をする人が増え、ストリーミングサービスなどを使って自宅で映画を見る人も増加していますが、このような「家で過ごす時間」が増加することで全体としてのエネルギー使用量が減少してきているという調査結果が明らかになっています。続きを読む...
カテゴリー:

「地球の歩き方」ママ編集者がランキング! 2018オススメ海外、1位は意外だけど納得な旬の○○…【0〜3歳児編】 - 02月15日(木)06:00 

「今年こそ子連れ海外旅行デビューする!」なんて目標をたてたママもいるのでは? でも、子連れで海外旅行となると旅先選びも慎重になりますよね。そこで、あの黄色いガイドブックでおなじみの『地球の歩き方編集部』で働くママ編集部員、福井さんと日隈さんにズバリ聞いてみました。今回は、“0〜3歳児連れ”海外旅行に絞り、フライト時間が短く・時差が少ない都市を中心に、自分たちの経験と2018年の旅トレンドの両面からランキングを作成します。教えてくれた『地球の歩き方編集部』ママ編集部員は…福井由香里さん(39歳)/『arucoソウル』、『arucoシンガポール』、『arucoドイツ』など担当7歳の女の子のママ。海外渡航回数は30回以上で、子連れでは台湾、シンガポール、ハワイ、ベトナム、バリ島、ソウル、イタリアへ渡航経験あり。日隈理絵さん(35歳)/『MOOKホノルルの歩き方』、『MOOK台湾の歩き方』、『MOOKソウルの歩き方』など担当11歳の男の子、6歳の女の子のママ。海外渡航回数は40回以上で、子連れではハワイ、台湾、ソウル、シンガポール、バリ島、オーストラリア、モルディブ、UAE、香港、マカオ、インド、トルコ、アメリカ合衆国へ渡航経験あり。■【0〜3歳児連れ】2018オススメ海外都市ランキング第5位:オーストラリア・ケアンズⓒpaylessimages-stock.adobe.com日隈さん:5...more
カテゴリー:

【音楽】ビヨンセの父「娘の成功は、肌の色が明るかったから」と激白 - 02月11日(日)00:47  mnewsplus

世界の歌姫ビヨンセの父親で、デスティニーズ・チャイルドを国民的スターに育てた元マネージャーのマシュー・ノウルズ氏曰く、 「アーティスト成功の秘訣は、肌のトーンの明るさ」と激白したのでした…。  以前から音楽業界にはびこる人種差別問題について、積極的に発信してきたマシュー。米『エボニー』誌に対し、ブレイクした 黒人女性アーティストのほとんどは「肌の色が明るめ」と指摘しています。    「ラジオでよく聞く黒人女性アーティストといえば、(アフリカ系アメリカ人のDNAを継ぐ)マライア・キャリー、リアーナ、...
»続きを読む
カテゴリー:

クインシー・ジョーンズの赤裸々な回想「ビートルズは最悪だった」 - 02月09日(金)18:58 

伝説のプロデューサー、クインシー・ジョーンズはニューヨーク誌の取材のなかで、マイケル・ジャクソン、ザ・ビートルズ、トランプ大統領について持論をぶちまけた。ニューヨーク誌に掲載された最新インタビューでは、星占い(ジョーンズは魚座)やイヴァンカ・トランプとのデートという軽めの話題から始まり、人種問題やフェミニズムのムーブメントなど、幅広いトピックに触れている。ジョーンズは音楽業界に対する独自の見解を述べた後、ブルーノ・マーズ、チャンス・ザ・ラッパー、ケンドリック・ラマー、サム・スミス、マーク・ロンソンは気楽に見ていられると言った。グラミー賞受賞回数28回を誇る饒舌なジョーンズは、過去に仕事をしたレジェンドたち、マイケル・ジャクソン、ザ・ビートルズとの思い出を赤裸々に語っている。・マイケル・ジャクソンはドナ・サマーから音楽を盗んだ。「彼は相当数の曲を盗んだね」と言って、ジョーンズはドナ・サマーの「ステート・オブ・インデペンデンス」を例に挙げた。この曲から盗んだものは1982年のジャクソンの大ヒット曲「ビリー・ジーン」のリフとなったという。「彼は目的のためには手段を選ばないタイプだった。強欲だったよ、本当に」と。・ジョーンズはビートルズを最悪なミュージシャンだと思っていた。「ポールは私が聞いた中で一番ひどいベーシストだった。リンゴに至ってはお話にならない」と言い、この伝説のバンドを「演奏で...more
カテゴリー:

【タレント】ケント・ギルバート氏「歴史観が変わった契機は朝日新聞誤報」 - 02月01日(木)16:40  mnewsplus

今年は憲法改正論議が国内政治の一大テーマとなるはずだが、現時点で国民的議論には全くなっていない。 その背景として、「日本人の歴史認識が、『東京裁判史観』によって縛りつけられていることが大きい」と語るのは、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏だ。 日本人は、「東京裁判史観」とどう向き合うべきなのか。  * * * 私は日本の「戦犯」を裁いた連合国軍を代表するアメリカ合衆国の国民ですから、東京裁判が戦後の日本に与えた影響や、裁判自体の問題点について、実はほんの数年前まで、あまり深く考えよ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「アメリカ合衆国」の画像

もっと見る

「アメリカ合衆国」の動画

Wikipedia

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部、ハワイ州は中部太平洋における多島海である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万km2の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.; Strother-Adams, Pearlie (2001). ''Dealing with Diversity''. Chicago: Kendall/Hunt. ISBN 0-7872-8145-X.。また同国の広大な国土における地理および気候も極めて多様であり、多種多様な野生生物が存在する。

米国は先進国かつ世界最大の国民経済を有する。同国経済は、豊富...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる