「アメリカ南部」とは?

関連ニュース

アポロ11号打ち上げから50年 記念の催し各地で - 07月17日(水)05:57 

初めて月面に人類を送り出したアポロ11号の打ち上げから16日でちょうど50年になります。アメリカ南部のアラバマ州では、世界記録の更新を目指して5000基の小型ロケットが一斉に打ち上げられました。
カテゴリー:

もったいない! バーボンが... アメリカ  - 07月04日(木)12:49 

人気ブランドの大量のバーボンが、「火の海」に消えた。  屋根から燃え上がる炎。 大量の「樽(たる)」が確認できる。  2日夜、アメリカ南部・ケンタッキー州にある、サントリーが買収し、日本でも人気のブラ
カテゴリー:

米テキサス州 小型機が格納庫に衝突し炎上 10人全員死亡 - 07月01日(月)10:53 

アメリカ南部テキサス州の空港で、小型機が離陸した直後に格納庫に衝突して炎上し、乗っていた10人全員が死亡しました。
カテゴリー:

村上春樹のトラップ? 芥川賞&直木賞作家もハマった仕掛けとは? | ananweb - マガジンハウス - 07月05日(金)21:00 

距離も時間も虚実すら超えた世界を見せてくれる「本」。芥川賞作家の上田岳弘さんと、直木賞作家の島本理生さんが読んできた好きな海外文学作品と、その向こうに広がる世界を語り合います。海外文学を読み始めた頃。島本:小さい頃は海外の児童文学も読んでいましたが、大人向けの海外文学を読み始めたのは中学生の頃ですね。カポーティの『遠い声 遠い部屋』などが好きで、そこからジョン・アーヴィングやカート・ヴォネガットといったアメリカ文学を読むようになりました。日本とは違う土地の広さとか匂い、空気を感じさせるものや、乾いた文体が好きでした。上田:僕は中高生の頃に趣味で海外のファンタジーを読んでいましたが、大学生の時に村上春樹さんが訳したり影響を受けている海外小説を読み始めるというベタな人間で、僕もヴォネガットやカポーティ、フィッツジェラルドを読みましたね。そういえば、春樹さんの『風の歌を聴け』に、デレク・ハートフィールドって作家が出てくるじゃないですか。島本:出てきましたね。上田:彼の作品も読んでみたくて探したら、そんな作家は実在しないっていう(笑)。島本:私も、そういう作家が本当にいるんだって思っていました。上田:あれは、あの頃の文系少年少女がハマるトラップですね(笑)。僕はそれから大学生の時に作家になるために勉強しようと思って、体系的に200冊くらい読んだんです。その時にベーシックなものとしてシェイク...more
カテゴリー:

【海外】米テキサス州の空港で小型機が格納庫に衝突し炎上。乗っていた10人全員が死亡 - 07月01日(月)12:15  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190701/k10011976991000.html アメリカ南部テキサス州の空港で、小型機が離陸した直後に格納庫に衝突して炎上し、 乗っていた10人全員が死亡しました。 テキサス州ダラス近郊の空港で30日、小型機が離陸した直後に格納庫に衝突して炎上しました。 現地からの映像では、黒い煙が勢いよく上がっている様子を確認できます。 地元の当局によりますと、この事故で小型機に乗っていた10人全員が死亡したということです。 また格納庫には当時、人がおらず、ほかにけがをした人などはいないというこ...
»続きを読む
カテゴリー:

「アメリカ南部」の画像

もっと見る

「アメリカ南部」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる