「アフガニスタン」とは?

関連ニュース

ドローン最前線:「無限の殺りく兵器」になるのか 分かれ目となる「自律化」と「集団化」 - 09月27日(日)15:00 

 「我が軍が敵の空爆を受けたのは65年前の朝鮮戦争以来だ」。圧倒的な航空戦力を背景にアフガニスタンやイラク戦争では制空権を握った米軍は2016年から17年にかけての過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いで新たな脅威に直面し、たじろいだ。ISは簡単に購入できる数万円ほどの市販ドローンに手りゅう弾をぶ
カテゴリー:

【国際】「お前はくずだ、お前は死人だ、必ず捕まえてやる」ウィキリークスのアサンジ被告「幻聴」訴える 精神科医「自殺リスク高い」 - 09月23日(水)12:34  newsplus

【AFP=時事】内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」の創設者で、米国の身柄引き渡し要請を受け英ロンドンの刑務所に収監されているジュリアン・アサンジ(Julian Assange)被告が幻聴を訴えていると、面会した精神科医が被告の22日の引き渡し手続き審理で証言した。  警備が厳重な英ベルマーシュ刑務所(Belmarsh Prison)に1年4か月前から収監されているアサンジ被告は、米軍事機密を暴露したとして米当局に身柄引き渡しを要請されている。これまでに被告と約20回面会した精神科のマイケル・コペルマン(Michael Kopelman...
»続きを読む
カテゴリー:

世界を“麻薬漬け”にする中国。菅総理は対中依存から脱却できるか? - 09月22日(火)14:00 

政界一の親中派と言われる二階俊博氏の強力な後押しで誕生した菅新総理は、世界覇権奪取の野望を隠さぬ習近平政権と適切な距離を持ち対峙できるのでしょうか。今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』では元国連紛争調停官の島田久仁彦さんが、世界各国の深刻な「中国依存の現実」を解説。その上で、途上国を中心に存在感を増大させている中国と、いかにして付き合うべきかを考察しています。国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ 国際新秩序における中国との付き合い方 新型コロナウイルス感染症のパンデミックが現実を大きく変えてしまった世界で、今、世界各国は【中国といかに付き合うのか】について悩んでいます。 「経済規模では世界第1位かギリギリ第2位にまで発展した中国」 「海軍力ではすでに米軍を上回ったとアメリカが認める中国」 「ハイテク産業、特にIT産業では世界トップの立場にあると言える中国」 「急速な発展の過程において、世界からの依存度を高め、すでに切っても切り離せなくなった中国」 「人権問題をはじめとして、欧米の価値観にはそぐわない中国」…… 好むか好まざるかは別として、すでに国際新秩序において絶対的な存在を示しているのが中国だと言えます。 香港が英国から中国に返還された...more
カテゴリー:

アフガン南部4州の警官「最大7割がゴーストか」 米報告書指摘 腐敗問題も深刻 - 09月19日(土)12:00 

 アフガニスタン南部4州の警官の50~70%が実在せずに、給料だけが支払われている「ゴースト(幽霊)」の可能性がある--。米政府のアフガニスタン復興担当特別監察官事務所(SIGAR)は米議会に提出した7月30日付の報告書でこう指摘した。報告書では、4州の警官の約半数が薬物を使用している可能性にも言及
カテゴリー:

アフガン和平交渉、知っておくべき7つのこと #.. - 09月15日(火)18:30 

アフガン和平交渉、知っておくべき7つのこと #アフガニスタン #アフガン
カテゴリー:

戦闘続くアフガニスタン 半年間で民間人死傷者約3.. - 09月24日(木)04:51 

戦闘続くアフガニスタン 半年間で民間人死傷者約3500人に #nhk_news
カテゴリー:

【経済】戦争こそアメリカの景気対策 多国籍企業、軍産複合体は「中国」に的を絞った 扇動し対立を「わざと」悪化させ - 09月22日(火)22:13  newsplus

「9.11」が宗教戦争の引き金に 日本ではもうあまり報道されなくなったが、アメリカ人にとって「9月11日」というのは特別な日でもある。言うまでもなく「同時多発テロ事件」が起きた日だ。 2001年9月11日。NYのツインタワーがハイジャックされた民間の航空機で攻撃されて崩れ落ちていく光景は、アメリカ人にとっては信じがたいものであった。この事件で約3,000人の命が一瞬にして失われた。 この瞬間、アメリカは「イスラム」に対して強烈な憤怒を抱き、そのまま一直線にアフガニスタン・イラク戦争に突き進んでいくことになる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

アメリカ人「トホホ…もう戦争はこりごりだよ…」 - 09月20日(日)10:56  poverty

アメリカ第一主義を掲げ、国際協調よりも自国の利益を優先させる共和党のトランプ大統領。 これに対し、同盟国との関係や多国間の枠組みを重視し、国際社会でのアメリカの指導力を新たな形で取り戻すと主張する民主党のバイデン前副大統領。 国際社会への関与、同盟国との関係、両者の路線は一見、異なっているようにも見える。 だが、実はいくつか共通点がある。 その1つがアメリカ史上、最も長い戦争とも言われるアフガニスタンでの軍事作戦への対応だ。 トランプ政権は終結を目指して、アフガニスタンの反政府武装勢力、タリ...
»続きを読む
カテゴリー:

アフガンに初の麻薬犬訓練施設 日本支援、21年末に完成予定 - 09月17日(木)09:41 

 世界有数の麻薬生産地アフガニスタンで麻薬探知犬の訓練施設が初めて設置されることになり、16日、首都カブールで定礎式が開かれた。日本が建設費170万ドル(約1億7900万円)を拠出した。2021年末に完成予定で、育成した探知犬を空港での水際対策などに役立てる。
カテゴリー:

中村哲さん名誉市民に 長女「父の思い受け継ぐ」 福岡市 - 09月15日(火)12:00 

 昨年12月にアフガニスタンで活動中に武装集団に銃撃され73歳で亡くなった医師の中村哲さんに14日、福岡市から名誉市民の称号が贈られた。同市の名誉市民は中村さんを含めて9人。長女の秋子さん(40)が市役所であった贈呈式に出席し「父の思いを受け継いでいきたい」と語った。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アフガニスタン」の画像

もっと見る

「アフガニスタン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる