「アバンセ」とは?

関連ニュース

アバンセ感謝祭 19、20日に開催  - 10月10日(木)21:30 

「第3回アバンセ感謝祭」が19、20の両日、佐賀市天神のアバンセで開かれる。アバンセで文化活動を行うサークルによる作品展や体験イベント、講演などが楽しめる。 作品展では、絵手紙や現代俳句、農業用の布地・寒冷紗(かんれいしゃ)で作る創花などが並ぶ。絵手紙や折り紙について学ぶミニ講座やフラワーアレンジメント体験もある。本のお譲り会「ブックリサイクル」(19日)や職員による「iPad無料体験会」、黒石と白石を並べて戦う「連珠対局」(いずれも20日)も行う。
カテゴリー:

<ばぶばぶフェスタ>子ども服お譲り会、13日11時から整理券配布 - 10月09日(水)20:32 

佐賀新聞社は、13日に佐賀市のどん3の森で子育て支援イベント「ばぶばぶフェスタ」を開催します。13時から開かれる「子ども服お譲り会」では、当日午前11時から整理券を配布します。配布場所はアバンセ1階ホワイエです。多くの方の来場が見込まれるため、入場時間は1回3分、持ち帰る衣類は1組10着までとなります。袋はご持参ください。 問い合わせはメディア局コンテンツ部、電話0952(28)2162。
カテゴリー:

ペットボトルキャップとベルマーク募集 - 10月09日(水)10:00 

13日に佐賀市のどん3の森で開く子育て応援イベント「ばぶばぶフェスタ」の一環で、佐賀大の学生らでつくるNPO「佐賀大学スーパーネット」がペットボトルのキャップとベルマークを募集している。フェスタ前日の12日までは佐賀市天神の佐賀新聞社で、フェスタ当日はアバンセ1階の展示ギャラリーで受け付け、10時からはキャップを使った工作などのワークショップを実施する。
カテゴリー:

吉田さん(厳木高1年)最優秀賞 - 10月04日(金)21:25 

牛乳・乳製品利用料理コンクールで、厳木高1年の吉田瑛司さんの「カルシウムだんごのトマト鍋」が最優秀賞に選ばれた。過去最高991点の応募から書類審査で選ばれた10人が調理の実演を行い、吉田さんが頂点に立った。 コンクールは9月29日、佐賀市のアバンセで開かれた。4人分で牛乳200ミリリットル以上を使うことが条件。1次選考を通過した10人が1時間の持ち時間で、実際に料理を作った。高校生や短大生が大半で、皆が真剣な表情でてきぱきと材料を切ったり、具材を火にかけたりしていた。
カテゴリー:

ゴルゴ松本さん「命の授業」 - 10月02日(水)21:40 

里親制度の普及啓発を図る「さとおやフォーラム2019」が9月28日、佐賀市のアバンセで開かれた。全身を使った「命」のポーズで知られ、漢字研究を深めているお笑いタレントのゴルゴ松本さん(52)が「命の授業」と題し、漢字の成り立ちや熟語を基に人と人の関わりや心構えなどを話した。 ゴルゴさんは「あいうえお」に始まり「ん」で終わる日本語を、「『愛』に始まり『恩』に終わる」と持論を展開。「女偏の漢字は257以上もあるのに男偏はゼロ。みんなの命は女の人から始まり、生んでくれた母や女の人を大事にしよう。
カテゴリー:

電気を体感 児童ら歓声 - 10月09日(水)20:35 

佐賀市天神の県立生涯学習センター「アバンセ」は6日、さまざまな学びに触れて視野を広げる機会を提供する「まなびぃフェスタ」を開いた。工作体験やステージイベント、打楽器コンサートなどがあり、多くの来場者が楽しんだ。 科学を学ぶ教室には約15組の親子が参加した。玄海町次世代エネルギーパーク「あすぴあ」の瓜生芳郎さん(63)が講師を務め、クイズと実験を行った。電気の実験ではベルトとローラーの摩擦で静電気を発生させる装置に蛍光灯を近づけると「ついた!」と子どもたち。
カテゴリー:

シニアの職場考えよう アバンセ 17日、ワークショップ - 10月09日(水)20:30 

生涯現役社会の実現に向けた地域ワークショップが17日午後1時半から、佐賀市のアバンセで開かれる。「『人生100年時代』の企業戦略を考える」と題し、高齢者が働きやすい職場づくりを考える。 ワーク・ライフバランスコンサルタントの福成有美氏(アテンド社長)が「高齢者活用を進めるためにできること」と題し、働きやすく働きがいのある組織づくりについて講演。高齢・障害・求職者雇用支援機構の65歳超雇用推進プランナーの東島芳子氏は、職場環境の改善に生かすことができるアンガーマネジメントについてアドバイスする。
カテゴリー:

<ばぶばぶフェスタ>326さんに似顔絵を描いてもらおう! - 10月06日(日)19:43 

13日に開かれる子育て応援イベント「ばぶばぶフェスタ」(佐賀市のどん3の森)で、イラストレーターの326(ナカムラミツル)さんが6人限定で似顔絵を描きます。希望者は、佐賀新聞社が運営する無料会員登録制の地域SNS「ひびのコミュニティ」から応募してください。 当日、326さんがアバンセ1階の会場で当選者をモデルに似顔絵を描きます。13時から1人ずつ順に色紙に描き、プレゼントします。 ◆応募方法 「ひびのコミュニティ」に会員登録(無料)が必要です。
カテゴリー:

佐賀星生学園演劇部が公演  - 10月03日(木)20:30 

佐賀市の佐賀星生学園の演劇部(12人、開海渡=ひらきかいと=部長)が6日、佐賀市のアバンセで舞台「ハンティング!?」を上演する。心温まるコメディーで観客を沸かせる。 物語は主人公の勘違いから始まるドタバタ劇。登場人物のそれぞれの思惑が交錯しながら、徐々に事実が明らかになり大団円を迎える。 3年の槙佳穂(まきかほ)さんは「前向きな気持ちになれるハッピーエンドの物語。ぜひ見に来てほしい」と話す。ポスターや入場整理券も、部員がイラストなど得意分野を発揮して手作りしている。
カテゴリー:

親子の時間楽しんで 九州国際高等学園 - 10月02日(水)21:10 

九州国際高等学園のボランティア部は23日と11月27日、親子で楽しめるイベントを佐賀市のアバンセで開く。新聞を使った遊びやペットボトルのおもちゃの制作、お絵かきなどがあり、来場を呼び掛けている。 親子で一緒に楽しめる時間を提供しようと企画した。保護者向けには、日頃の疲れをとってもらおうとマッサージで安らぎを与えるセラピューティックケアコーナーもある。顧問の仁部有里さん(46)は「楽しんでいただけるよう精いっぱい頑張るので、ぜひ足を運んでほしい」と話す。 当日は午後1時半から1時間程度。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アバンセ」の画像

もっと見る

「アバンセ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる