「アトピー」とは?

関連ニュース

腕に障害持ち、高次脳機能障害持ち、後天性アトピー、無職の4重苦だけど頑張って生きる - 06月25日(土)10:50  news4vip

【腕の障害】 ・肩肘手首に疼痛、可動域制限 ・肘から指にかけて痺れ ・握力低下 ...
»続きを読む
カテゴリー:

アトピーマン「アトピーは根性論で治らないし甘えなんかじゃない!」俺「治そうと根性出した事あんの?」 - 06月24日(金)22:40  news4vip

俺「起きてる時は常に一切掻きむしらずにシャワーもぬるま湯にしてゴシゴシ洗いしないよう気を付けて寝る時は柔らかく清潔な寝床でミトンつけた両手を縛りながら規則正しい生活を半年続けるぐらいの事は試したの?」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】アトピーシャワー、ヘロインより気持ちいい模様 世界最高の快楽を経験できないノンアトさん可哀想...w - 06月21日(火)23:47  poverty

「ステロイドはしっかり塗らなければ効果は期待できない」 アトピー性皮膚炎の最新情報 大塚製薬がセミナーで啓発 https://shokuhin.net/57846/2022/06/21/sonota/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

デュピクセント、日本人小児アトピー性皮膚炎患者に対し主要評価項目達成/サノフィ - 06月21日(火)04:00 

 サノフィは2022年6月14日付のプレスリリースで、同社のデュピクセント(一般名:デュピルマブ)について、生後6ヵ月から18歳未満の日本人アトピー性皮膚炎患者を対象とした第III相試験の結果を発表した。本試験に…
カテゴリー:

【新型コロナ】じんま疹やアトピー性皮膚炎がコロナワクチン接種後に発症、悪化 海外報告を医師が解説 接種は控えるべきではない ★3 - 06月25日(土)17:19  newsplus

※2022/06/24 07:00AERA dot. 皮膚がかゆい病気で代表的なものにじんま疹とアトピー性皮膚炎があります。これらがコロナワクチン接種後に発症、もしくは悪化するという研究報告があります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。 *  *  *  皮膚科で診るかゆい病気の代表がじんま疹とアトピー性皮膚炎です。  じんま疹は経験したことがある人も多いでしょう。蚊に刺された痕のようなぶつぶつ(この場合は膨疹<ぼうしん>といいます)が全身に地図状に広がる病気です。一つの膨疹は同じ場所に24時...
»続きを読む
カテゴリー:

【新型コロナ】じんま疹やアトピー性皮膚炎がコロナワクチン接種後に発症、悪化 海外報告を医師が解説 接種は控えるべきではない ★2 - 06月25日(土)07:41  newsplus

※2022/06/24 07:00AERA dot. 皮膚がかゆい病気で代表的なものにじんま疹とアトピー性皮膚炎があります。これらがコロナワクチン接種後に発症、もしくは悪化するという研究報告があります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。 *  *  *  皮膚科で診るかゆい病気の代表がじんま疹とアトピー性皮膚炎です。  じんま疹は経験したことがある人も多いでしょう。蚊に刺された痕のようなぶつぶつ(この場合は膨疹<ぼうしん>といいます)が全身に地図状に広がる病気です。一つの膨疹は同じ場所に24...
»続きを読む
カテゴリー:

【新型コロナ】じんま疹やアトピー性皮膚炎がコロナワクチン接種後に発症、悪化 海外報告を医師が解説 接種は控えるべきではない - 06月24日(金)15:06  newsplus

※2022/06/24 07:00AERA dot. 皮膚がかゆい病気で代表的なものにじんま疹とアトピー性皮膚炎があります。これらがコロナワクチン接種後に発症、もしくは悪化するという研究報告があります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。 *  *  *  皮膚科で診るかゆい病気の代表がじんま疹とアトピー性皮膚炎です。  じんま疹は経験したことがある人も多いでしょう。蚊に刺された痕のようなぶつぶつ(この場合は膨疹<ぼうしん>といいます)が全身に地図状に広がる病気です。一つの膨疹は同じ場所に24時...
»続きを読む
カテゴリー:

ウパダシチニブ、体軸性脊椎関節炎患者対象の第III相SELECT-AXIS 2試験の結果を欧州リウマチ学会で発表 - 06月21日(火)11:00 

2022年6月21日 アッヴィ合同会社 ウパダシチニブについて、体軸性脊椎関節炎の患者さんを対象とした第III相SELECT-AXIS 2試験の肯定的な結果を2022 年欧州リウマチ学会(EULAR 2022)で発表 ー X線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎(nr-axSpA)を対象としたSELECT-AXIS 2 nr-axSpA試験において、14週時にプラセボ群と比較してウパダシチニブ群で徴候や症状、疼痛、機能、疾患活動性、健康に関する生活の質およびMRIで検出された仙腸関節の炎症が有意に改善1 ー bDMARD 療法で効果不十分であった強直性脊椎炎患者さんを対象としたSELECT-AXIS 2 AS bDMARD-IR試験において、14週時にプラセボ群と比較してウパダシチニブ群で徴候や症状、疼痛、機能、疾患活動性、健康に関する生活の質およびMRIで検出された脊椎の炎症が有意に改善2 ー 安全性データは、ウパダシチニブの既知の安全性プロファイルと比較して新たなリスクは特定されず1,2,3,4,5   イリノイ州ノースシカゴ、2022年6月1日(米国時間)-アッヴィ(NYSE:ABBV)は本日、活動性のX線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎(nr-axSpA)の成人患者さんおよび生物学的疾患修飾性抗リウマチ薬(bDMARD)で効果不十分であった難治性の活動性強直性脊...more
カテゴリー:

高校健康診断、なぜ脱衣? 学校「医師との間でジレンマ」 ★2 - 06月19日(日)14:52  newsplus

※ 神奈川新聞 | 2022年6月19日(日) 05:30  「うちの学校の健康診断は下着を脱いで、衣服を胸の上まで上げる。セクハラだと思う」。交流サイト(SNS)上で県立高校に通う女子生徒とみられるアカウントが健診の実情を明かした。「追う! マイ・カナガワ」取材班にも、投稿を見た読者から「この件をぜひ取材して」との依頼が相次いで寄せられた。不快に思う女子生徒の間では「脱がされる意味はあるのか」との不信感が強まっているが-。 女子生徒から「セクハラ」「上半身全部脱がされた」 「より正確な診断のため」 女...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる