「アジア太平洋」とは?

関連ニュース

「医療廃棄物管理の世界市場:サービス別、廃棄物タイプ別2025年予測」調査レポート刊行 - 02月27日(木)16:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「医療廃棄物管理の世界市場:サービス別、廃棄物タイプ別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】医療廃棄物管理の世界市場規模は、2020年の68億ドルから2025年には90億ドルにまで拡大すると予測されます。当レポートでは、2025年に至る医療廃棄物管理の世界市場予測(市場規模US$)、サービス別市場(収集/輸送/保管サービス、処理/廃棄サービス各種、リサイクルサービス)、廃棄物タイプ別市場(非有害廃棄物、有害廃棄物各種)、処理地点別市場(オフサイト、オンサイト)、廃棄物発生地点別市場(病院/診断検査室、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業20社プロフィール動向などの情報も交えて、医療廃棄物管理市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】医療廃棄物管理の世界市場:サービス別、廃棄物タイプ別2025年予測Medical Waste Management Market by Service (Collection, Treatment, Disposal, Incineration, Recycling), Type of Waste ( (Non-Hazardous, Infectious, Pharmaceutic...more
カテゴリー:

「セキュアウェブゲートウェイの世界市場:2024年に至るソリューション別、業界別予測」最新調査リリース - 02月27日(木)14:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「セキュアウェブゲートウェイの世界市場:2024年に至るソリューション別、業界別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】セキュアウェブゲートウェイの世界市場は、高度化するサイバー攻撃への対策ニーズを追い風に今後急成長が見込まれます。その世界市場規模は2019年で推計46億ドル、2024年段階では109億ドルに達すると予測されます。当レポートでは、2024年に至るセキュアウェブゲートウェイの世界市場予測(市場規模US$)、コンポーネント別市場(ソリューション、サービス)、ソリューション別市場(脅威防御、アクセス制御、データ保護)、組織サイズ別市場(中小企業、大企業)、展開モード別市場(オンプレミス、クラウド)、業界別市場(銀行/金融サービス/保険、政府/防衛、ヘルスケア、IT/通信、教育、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業20社プロフィール動向などの情報も交えて、セキュアウェブゲートウェイ市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】セキュアウェブゲートウェイの世界市場:2024年に至るソリューション別、業界別予測Secure Web Gateway Market by Component (Solutions (Threa...more
カテゴリー:

アクセンチュア、インド・プネーに1200人規模の共同開発拠点を開設 〜ブロックチェーンや量子コンピューティングなど先端技術を研究 - 02月27日(木)13:01 

アクセンチュアは2月26日、インド・プネーのSPインフォシティーに新たな開発拠点を設置したことを発表した。1200人規模の同施設は、同社がアジア太平洋地域に保有する研究開発拠点の中で2番目に大きいものとなる。拡張現実(AR)、人工知能(AI)、IoT、ブロックチェーン、量子コンピューティングをはじめとした先端技術を扱うという。
カテゴリー:

「逆浸透膜(ROメンブレン)の世界市場:タイプ・用途別、主要国地域別2024年予測」最新調査リリース - 02月26日(水)16:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「逆浸透膜(ROメンブレン)の世界市場:タイプ・用途別、主要国地域別2024年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】逆浸透膜(ROメンブレン)の世界市場規模は2019年で26億ドル、今後2024年には倍増の52億ドルに達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2024年に至る逆浸透膜(ROメンブレン)の世界市場予測(市場規模US$)、マテリアルタイプ別市場(セルロース系RO膜各種、薄膜複合RO膜各種)、用途別市場(淡水化システム各種、RO浄化システム各種)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。【英文市場調査レポート】逆浸透膜(ROメンブレン)の世界市場:タイプ・用途別、主要国地域別2024年予測Reverse Osmosis (RO) Membrane Market by Material Type (Cellulose-Based and Thin Film Composite Membranes), End-use Industry (Desalination Systems, RO Purification Systems, and Medical Devices & Diagn...more
カテゴリー:

「交流電源(AC電源)の世界市場:タイプ別、用途別2024年予測」調査レポート刊行 - 02月26日(水)14:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「交流電源(AC電源)の世界市場:タイプ別、用途別2024年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】交流電源(AC電源)の世界市場規模は2019年で10億ドル、2024年では11億ドルへと漸増が予測されます。当レポートでは、2024年に至る交流電源(AC電源)の世界市場予測(市場規模US$)、位相タイプ別市場(単相、三相)、変調方式別市場(PWM、リニア)、用途別市場(エネルギー、無線通信/インフラストラクチャ、コンシューマーエレクトロニクス/家電、航空宇宙/防衛/政府サービス、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業20社プロフィール動向などの情報も交えて、交流電源市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】交流電源(AC電源)の世界市場:タイプ別、用途別2024年予測AC Power Sources Market by Phase Type (Single, Three) Modulation Type (PWM, Linear) Application (Aerospace, Defence & Government Services, Energy, Wireless Communication &Infrastruc...more
カテゴリー:

電気温水器の世界市場、2027年に214億7,000万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより) - 02月27日(木)14:30 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の電気温水器市場-製品、用途別の予測(2027年まで)」(The Insight Partners発行)の販売を2月27日より開始いたしました。The Insight Partnersによると、世界の電気温水器市場は、2018年に140億7,840万米ドル規模に達し、2027年には214億7,870万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR4.9%で成長する見込みです。経済における国内のエネルギー使用のうち、温水器はかなりの割合を占めています。電気蓄熱式温水器には、電気蓄熱式と非蓄熱式の2つの製品タイプがあります。電気蓄熱式温水器は、電子的要素によって加熱される場所で使用されるため、家庭や企業で使用されています。一方で、非蓄熱式温水器には、瞬時に水を加熱する瞬間湯沸かし器が含まれており、家庭向けに最適です。水を温めるために必要な電力量を調整できるため、給湯費用を半分に削減できます。建設活動の拡大と建物のインフラの開発により、欧州諸国の商業施設全体で電気温水の需要が高まっています。一方、南米、中東、アフリカ諸国では、太陽熱温水器の需要が高まっています。これらの中には、政府が太陽熱温水器の購入を助成している地域もあります。また、政府は、再生可能エネルギーや環境に優しいエネルギーなど、太陽光発電の利点に...more
カテゴリー:

ディープラーニングチップの世界市場、2027年に213億1,000万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより) - 02月27日(木)13:30 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界のディープラーニングチップ市場-チップタイプ、技術、産業別の予測(2027年まで)」(The Insight Partners発行)の販売を2月27日より開始いたしました。膨大な量のデータの可用性とクラウドベースの計算能力の膨大な拡張性により、ディープラーニングチップはここ数年で業界全体の大きなトレンドとなっています。今日のデジタル世界において、情報は、企業が成功を収め、持続可能な成長を維持するための鍵です。ディープラーニングチップは、デバイスの頭脳として機能する特殊なハードウェアチップです。ディープラーニングチップには多くのコンピューティングコアがあり、高帯域幅メモリが搭載されています。これらのチップはAIチップとしても知られ、CPU、GPU、ASICなどを含む多くのシステムに応用されています。業界の特定の問題に対するアプリケーションベースのディープラーニングチップの需要の高まりに伴い、さまざまなスタートアップ企業や既存の企業は、迅速かつ効率的なディープラーニング処理をサポートする新しいハードウェアの革新に注力しています。ディープラーニングは、AIチップセットアーキテクチャが提供する一連のAIアプリケーションの一部であり、機械学習、およびトレーニングと推論の両方で特に自然言語処理を提供します。需要の増加とさまざまなAI...more
カテゴリー:

「熱画像(Thermal Imaging)の世界市場:2025年に至る製品タイプ別、用途別予測」リサーチ最新版刊行 - 02月27日(木)13:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「熱画像(Thermal Imaging)の世界市場:2025年に至る製品タイプ別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】熱画像の世界市場規模は2020年段階で34億ドルと推計され、今後2025年には46億ドルにまで拡大すると予測されます。当レポートでは、2025年に至る熱画像の世界市場予測(市場規模US$)、技術別市場(冷却、非冷却)、波長別市場(SWIR、MWIR、LWIR)、製品タイプ別市場(サーマルカメラ、サーマルスコープ、サーマルモジュール)、用途別市場(セキュリティ/監視各種、監視/検査各種、検出/測定各種)、需要家別市場(インダストリアル、商業、住宅、航空宇宙/防衛、自動車、ヘルスケア/ライフサイエンス、石油ガス、食品/飲料)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業10社プロフィール動向などの情報も交えて、熱画像市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】熱画像(Thermal Imaging)の世界市場:2025年に至る製品タイプ別、用途別予測Thermal Imaging Market by Technology (Uncooled, Cooled), Wavelength (LWIR, SWIR), Pro...more
カテゴリー:

暗号通貨のセキュリティを提供する台湾のCoolBitXがSBI HoldingsなどからシリーズBを調達 - 02月26日(水)14:30 

ブロックチェーンのセキュリティを提供している台湾のCoolBitXが、1675万ドル(約18億5000万円)のシリーズBを発表した。このラウンドをリードしたのは、シリーズAのときと同じ日本の金融グループSBI Holdingsだ。 参加した投資家は、韓国の暗号通貨取引所Bitsonic、日本の金融サービスMonex Groupそして台湾のNational Development Fund(国家発展基金)だ。 2014年に創業したCoolBitXには、2つのプロダクトがある。まずCoolWallet Sは、暗号通貨のためのBluetooth対応ハードウェアウォレットだ。もうひとつのプロダクトSygnaは、金融活動作業部会(Financial Action Task Force、FATF)が2019年策定したルールに対する、仮想資産サービスプロバイダーたち(virtual asset service providers、VASPs)のコンプライアンスを助けるソリューションだ。 「トラベルルール」と呼ばれるそのルールは、仮想資産サービスプロバイダーがトランザクションの間に顧客から個人同定情報(personally identifiable information,、PII)を得ることを義務付けて、マネーロンダリングやテロリストの資金獲得などを防ぐ。FATFのメンバー国のVASPsはすべて...more
カテゴリー:

ウエスタンユニオンが立命館アジア太平洋大学の海外からの入学手続金収納実務を簡素化 - 02月26日(水)13:42 

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- グローバル決済サービスのリーダーであるウエスタンユニオン・ビジネスソリューションズは、立命館アジア太平洋大学(APU)へ国際決済サービスのソリューション「WU® GlobalPay for Students」の提供を開始します。これにより、APUの海外からの留学生は入学手続金(入学金、授業料、寮費、保険料等)の支払い手続きが容易になり、分かりにくい手数料なしに同費用を遅延することなく満額着金させることが可能となります。 WU® GlobalPay for Studentsは、支払金額比較ツールにより複数の支払いオプションを比較検討することができ、支払手続き時の為替レートを最大72時間固定のうえ学費や入学手続金等の支払いを行うことができます。学生は海外現地通貨で支払いし、ポータルサイトや電子メールで支払い状況を追跡することができます。また、同ソリューションは取引情報を容易に照合する機能をもち、教育機関の経理や事務部門の負担を軽減します。 「立命館アジア太平洋大学は日本の大学でいち早く留学生の積極的な誘致を開始したパイオ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アジア太平洋」の画像

もっと見る

「アジア太平洋」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる