「アクセンチュア」とは?

関連ニュース

「SDGs」にビジネスを通じて取り組む大手企業。関連する求人とは… - 10月10日(木)10:48 

各国の政府・自治体や企業、大学、NPOなどが「SDGs(エスディージーズ)」の推進に向けて動く。そういった中、SDGsの浸透・実現に向けて期待されるのが、コンサルティングファームの役割だ。SDGsの広がりと共に、関連求人について見ていこう。「SDGs」とは、世界各国・官民連携で取り組む目標国連で採択された世界目標が「SDGs」だ。「貧困」「水・衛生」「気候変動」をはじめとする、解決すべき社会課題の数々。それらを解決し、持続可能なサステナブル社会を実現するために設定された、17のゴールを指している。(*1)世界を変えるための17の目標/国際連合広報センター提供2015年から2030年までに、こういった諸目標を世界規模で達成していく計画。日本政府も本腰を入れている。2016年には政府が「SDGs推進本部」を設置。加えて行政・民間セクター・NGO・NPOといったステークホルダーによって構成される「SDGs推進円卓会議」も開かれた。大手企業を中心に、SDGsは急速に浸透そして今、大手企業がビジネスを通じてSDGsに取り組む動きも加速。日清食品の例を見てみよう。たとえば、同社が独自に開発したのが『大豆ビーフ』だ。世界的な食糧危機や水資源の枯渇に対する解決策の一つとして、今後活用が期待されている。加えて2017年には『日清食品グループ 持続可能な調達方針』を制定。森林破壊防止、生物多様性保全な...more
カテゴリー:

ITシステム戦略で遅れた企業は売上増の機会を大きく逃す可能性--アクセンチュア調査 - 10月04日(金)13:17 

アクセンチュアが「リーダー」として評価した企業は、エンタープライズ技術を個別の対処策ではなく、システムとして認識しており、クラウドやAI、ビッグデータ、IoTの導入を進めているという。
カテゴリー:

IoT・AI・データを活用した先進事例8社のビジネスモデルを公開  RAUL株式会社 代表 江田健二「エネルギーデジタル化の最前線2020」がAmazonのほしい物ランキング1位になりました - 10月03日(木)17:30 

9月26日に発売されたRAUL株式会社 代表 江田健二の著書「エネルギーデジタル化の最前線2020」が10月3日にAmazonのほしい物ランキングで1位になりました。https://www.amazon.co.jp/dp/4885555035エネルギービジネスは、インフラ産業から情報サービス産業へ。Google、Amazonと戦う未来がやってくる! 本書は、エネルギービジネスの更なる可能性について解説し、これから挑戦すべき事業として「情報・サービス産業」を提案した書籍です。全体を通して、技術的な専門用語などは、できる限りわかりやすく解説しています。「エネルギー業界」「デジタルテクノロジー」について、あまり詳しい知識を持たなくても無理なく読み進められるように、多数の事例を紹介するなど、実際にエネルギービジネス、情報ビジネスに関わる読者の皆さまにとって、具体的なヒントとなるよう工夫しております。第1章では、「社会の大きな変化」「これまで以上に情報のビジネス価値が高まる理由」「情報が持つ独自の経済特性」などの説明や将来エネルギー企業のライバルとなりえるGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)が、なぜここまで成功できたのか、これから何を狙っているのかについて解説しています。第2章では、話題をエネルギー分野によりフォーカスし、「インフラ産業からサービス・情報産業へ...more
カテゴリー:

創造的破壊に飲み込まれないための「4つの行動指針」 アクセンチュア最新レポート - 10月03日(木)08:00 

アクセンチュアは、創造的破壊について調査した最新レポートを公開した。それによると、先進企業は創造的破壊を通じてイノベーションを促進していた。同社では、創造的破壊はイノベーションに向けた取り組みを促進するためのものだとしている。
カテゴリー:

RAUL株式会社代表の江田健二が、SBパワー株式会社主催の新電力事業者向けセミナーに登壇いたしました - 10月07日(月)18:00 

ソフトバンクグループのSBパワー株式会社は、新電力事業者向けのセミナーを東京と大阪で開催いたしました。このセミナーで、電力自由化やエネルギービジネス、ブロックチェーンなどに関連した著書もあるRAUL株式会社代表の江田健二が講師を務めました。ビジネス界に波及しているデジタル化は、電力業界にも大きな影響があります。デジタル化による変化や新たなビジネスモデルについて解説いたしました。https://pps-net.org/seminar/729641.日程 :東京会場    令和元年9月19日(木) 16:00~18:00  (懇親会:18:00~19:00)大阪会場    令和元年9月26日(木) 16:00~18:00  (懇親会:18:00~19:00)2.会場 :東京会   TKP新橋カンファレンスセンター 14F      東京都千代田区内幸町1-3-1幸ビルディング大阪会場  TKP新橋ガーデンシティ東梅田 4F      大阪府大阪市北区曾根崎2-11-16 梅田セントラルビル3.内容 :〇新電力事業者様必見! 押さえておきたいデジタルキーワードと今後のビジネスモデル(RAUL株式会社 代表取締役社長、一般社団法人エネルギー情報センター 理事 江田健二)〇新電力経営における課題とSBパワーのBPOサービスについて(SBパワー株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 中野明彦)R...more
カテゴリー:

「卒FITで変わる電力事情」 ラウル株式会社代表 江田健二が日報ビジネス株式会社発行の「地球温暖化9月号」に寄稿しました - 10月03日(木)18:00 

日報ビジネス株式会社発行の「地球温暖化9月号」(2019年9月15日発行)誌上に、ラウル株式会社代表 江田健二が寄稿しました。記事内容:卒FITで変わる電力事情 ~プロシューマーと連携し、新たな取り組みを始めた国内外の先進事例~太陽光発電の固定価格買取制度FITが2019年11月から順次終了していきます。それに伴い2020年代は大量にプロシューマー(生産消費者)が出現します。加えて、デジタル化や企業の脱炭素化など、エネルギー業界は大きな転換を迎えています。この大転換をチャンスと捉えてビジネスを進めている国内外の企業の具体事例を紹介しています。隔月刊誌「地球温暖化」は日報ビジネス株式会社が発行する「低炭素社会実現」を目指す提言誌です。CO2削減と新・省エネビジネスを推進しています。https://www.nippo.co.jp/gw/RAUL株式会社 代表取締役社長 江田 健二1977年、富山県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカーなどを担当。その後、起業しRAUL株式会社を設立。「環境・エネルギーに関する情報を客観的にわかりやすく広くつたえること」「デジタルテクノロジーと環境・エネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること」を目的に執筆/講演活動や企業のCSR活動支...more
カテゴリー:

ビジネスの変革と技術を活用する“土壌”は理念から--アクセンチュア - 10月03日(木)10:31 

アクセンチュアは、大企業がビジネスの創造的破壊に対応していく上で、経営理念やビジョンにまで踏み込んだ変革が必要だと説いた。
カテゴリー:

創造的破壊は長期にわたって継続する - DX時代に日本企業はどう戦うべきか - 10月03日(木)06:57 

アクセンチュアは10月2日、同社の調査レポート「Breaking Through Disruption: Embrace the Power of the Wise Pivot」の結果を踏まえ、「創造的破壊(Disruption)」は突然発生して、短期間で収束するものではなく、長期にわたって継続するものであることが示されたことを明らかにした。
カテゴリー:

「アクセンチュア」の画像

もっと見る

「アクセンチュア」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる