「アクセラレーター」とは?

関連ニュース

京急のアクセラレータープログラムから「警備ロボット」がお披露目 --2020年度内に実装へ - 08月13日(木)14:54 

「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM 第3期」の参加企業である2社のロボットスタートアップが、京急グループ本社において8月12日に警備ロボットの実証実験を実施した。
カテゴリー:

GDEPアドバンス AIワークフローのためのユニバーサルシステム「NVIDIA DGX A100」のテストドライブ提供を開始 - 08月11日(火)15:00 

NVIDIA(R)のエリートパートナーである株式会社ジーデップ・アドバンス(本社:東京都港区、代表:飯野匡道)は、前例のない計算処理密度、パフォーマンス、柔軟性を提供するAI システム「DGX A100」(実機)のトライアルができる「テストドライブサービス」の提供を、本日8月11日(火)より開始しました。本サービスは、最新のNGC開発環境がインストール済みのDGX A100 ベアメタル(1台)を、リモートでお貸し出しするもので、最新の技術を実感いただきながら、当社のセールスエンジニアとソリューションや導入についてのディスカッションを行っていただくものです。また、DGX A100の性能を存分に評価いただきながら、Kubernetesなどのオーケストレーション、Slurmや Univaなど各種ジョブスケジューラ、また広帯域なConnect X6 HCA Infinibandを利用したフルバンドクラスタ構築など、最適な環境構築を合わせて提案可能です。※本サービスの商用利用はお断りしていますDGX A100製品URL https://www.gdep.co.jp/products/list/v/5efbc22e109f0<NVIDIA A100 Tensorプロセッサ>NVIDIA A100は倍精度FP64から、P32、FP16、INT8、INT4まで、あらゆる精度をサポート。マルチインス...more
カテゴリー:

【コロナ】ワクチン開発「10兆円以上必要」 WHO事務局長が訴え 各国政府や企業に支援求める - 08月11日(火)03:46  newsplus

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンの開発などに向け「1000億ドル(約10兆6000億円)以上が必要だ」と述べた。一部は既に臨床試験(治験)の最終段階に入っており、各国政府や企業にさらなる資金支援を求めた。 WHOは4月、ワクチンや治療薬、診断薬の早期開発と普及に向け、国際的な協力体制「ACTアクセラレーター」を立ち上げた。2021年末までに世界で計20億回分のワクチンの供給を目指している。このうち半分は低・中所得国向けだ。 テドロス氏は...
»続きを読む
カテゴリー:

国産IoT猫トイレの「トレッタ」が米国進出、ロイヤルカナンを傘下にもつペット企業大手MARS PetcareのKinship部門と提携 - 08月07日(金)08:00 

カメラや重量計を内蔵するトイレで猫の体重や尿量などを日々モニターしつつ、LINEを活用した獣医師への相談ネットワークを構築し、猫の健康をテクノロジーで守るスタートアップであるトレッタキャッツ。同社が、いよいよ米国進出を果たす。 米国大手ペット企業MARS Petcare(マース ペットケア)のイノベーション部門であるKinship(キンシップ)と提携し、2020年秋より米国でパイロットプログラムを開始する。本プログラムを通じて、世界最大のペット市場である米国での事業展開を加速させる。 Kinshipは、1億ドル(約106億円)のベンチャーファンド、スタートアップアクセラレータープログラム、各種パートナーとの連携プログラムを推進しており、トレッタキャッツがその1社に選ばれたかたちだ。 パイロットプログラムではまず、2020年秋より米国の100人の飼い主と猫にトレッタを提供し、医療データとトレッタのデータを組み合わせ、獣医学的観点でビッグデータ分析を実施する。 トレッタキャッツが開発・販売中のIoTトイレのtolettaは、米国での特許も取得しており、今回のパイロットプログラムを足がかかりに、日本の9倍にもなる9000万頭の猫が飼育されている米国への本格進出を狙う。なお現在日本では、約5000頭の猫がtolettaを利用しているという。
カテゴリー:

「Circular Yokohama」に取り組むハーチが、ジャーナリズム支援市民基金「ジャーナリズムZ賞」を受賞 - 08月04日(火)19:32 

横浜のサーキュラーエコノミーを加速させる「Circular Yokohama」事業で、横浜市が運営するベンチャー企業支援プログラム「YOXOアクセラレータープログラム」に参加するハーチが、ジャーナリズム支援市民基金の第1回ジャーナリズムX(エックス)アワードで「ジャーナリズムZ賞(選考委員奨励賞)」を受賞した。 #ヨコハマ経済新聞
カテゴリー:

京急アクセラレータープログラムに参加中の2社が、ロボットのデモを実施 - 08月13日(木)11:30 

京浜急行電鉄株式会社(以下、京急電鉄)と株式会社サムライインキュベートは、スタートアップとのオープンイノベーションにより新規事業の創出を目指す「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」を手がけている。 そして、同プログラム第3期の参加企業のうち、SEQSENSE株式会社(以下、SEQSENSE)とMira Robotics株式会社(以下、Mira Robotics)の2社は、それぞれロボットの開発を行うスタートアップだ。その2社は今月12日、自社ロボットの説明とデモンストレーションを京急電鉄本社で実施した。 自律走行が可能なセキュリティロボット「SQ-2」 最初に説明とデモンストレーションを行ったのはSEQSENSEだ。同社は、自律移動型セキュリティロボット「SQ-2」を手がけている。 同ロボットの上部には魚眼レンズが搭載されており、常時360度の撮影を実現。また、3D-LiDARにより、障害物を回避しながら自律走行することができる。 SQ-2は、人手不足が深刻な巡回警備業務をサポートするロボットとして開発され、導入によって警備費用の削減を達成した事例もあるとのこと。 当日のデモンストレーションとして、SQ-2は周囲の状況を察知し、人や障害物に接触しないように自律走行した。 2本のアームを備えたアバターロボット「ugo」 続いて、Mi...more
カテゴリー:

透析患者の予後を改善する新技術を擁するVenoStent - 08月11日(火)12:30 

Timothy Bouré(ティモシー・ブーレ)氏と共同創業者のGeoffrey Lucks(ジェフリー・ラックス)氏はいずれも、最初にアクセラレーターに参加するためダラスに引っ越したとき、破産寸前だった。ダラスに来る前に、彼らは透析患者の予後改善を目指すVenoStent(ビノステント)を創業した。 同社によれば、透析(準備)手術の失敗は末期腎疾患患者の約55〜65%に起こっている。こうした患者のケアに関してMedicare(メディケア)とMedicaid(メディケイド)制度にかかるコストは年間約20億ドル(約2100億円)に上る可能性がある。2人は自分たちなら解決策を考え出せると信じていた。 ヴァンダービルト大学でVenoStentのビジネスの中核をなす技術を何年も開発した後、2人はナッシュビルからサウステキサスに引っ越してビジネスを成功させた。 ブーレ氏は2012年に博士論文の一部としてVenoStentの中核技術に取り組み始めた。ビジネススクールの大学院生だったラックス氏は材料科学者に紹介され、VenoStentが医学界に巨大なインパクトを与える間際まで来ていると確信した。5年後、2人はダラスにいて、Houston Medicine(ヒューストンメディシン)で血管外科の責任者に会い、会社を始めた。 2018年の小規模なシードラウンドにより会社は存続し、同年末近くに成功した動...more
カテゴリー:

周囲雑音抑制需要の高まりを受けスマートノイズ抑制技術を擁するKrispが5.3億円を調達 - 08月07日(金)08:45 

周囲の音を消し通話音声だけを分離するKrispのスマートノイズ抑制技術は、絶好のタイミングで登場した。同社は、世界で進むバーチャル化の波に乗り、初期のニッチな需要を実際の顧客需要へと転換し、その時期を得た技術の拡大と多様化を目指して、新規にラウンドAの輝かしい500万ドル(約5億3000万円)の資金を手にした。 私たちが初めてKrispに出会ったのは、同社がUC BerkeleyのSkydeckアクセラレータープログラムから登場(未訳記事)した、2018年のこと(未訳記事)だった。同社はAIスタートアップが急増し始めた時期の初期のものの1つだったが、明快なユースケースと明らかに効果的なテクノロジーを持っていたために、懐疑的に思われることはなかった。 Krispは、人間の声とそうでないものを区別するように訓練された機械学習システムを、リアルタイムで音声に適用する。音声ではないものは、スピーチの中から注意深く取り除かれ、残った音声がより明瞭に聞こえる。それがすべてなのだ!遅延はほとんどなく(15ミリ秒だと宣伝されている)、計算上のオーバーヘッドが少ないため、ほとんどすべてのデバイス、特に最新のスマートフォンのようなAIアクセラレーションユニットを備えたデバイスで動作させることが可能だ。 同社は、スタンドアロンのソフトウェアを無料で提供することから始め、時間制限をなくした有償プランを提供...more
カテゴリー:

シード期起業家・起業を目指すU25向けのアクセラレータープログラム「Re:Vive」が第1期募集を開始 - 08月06日(木)11:37 

Next Edgeは8月6日、シード期の起業家・起業を目指すU25向けのアクセラレータープログラム「Re:Vive」の第1期募集を開始した。募集期間は8月26日までで、採択企業には4ヵ月間のプログラムを提供する。また第1弾連携大学として、立命館RIMIX(立命館大学)の連携が決定済み。 Re:Viveは、関西でスタートアップ的なアイデアで起業を目指す個人、関西のシードスタートアップ起業家向けの産学連携型アクセラレータープログラム。応募条件は、創業前〜設立後1年以内のスタートアップ企業・個人(法人格は問わない)。募集期間は8月26日までで、採択企業には4ヵ月間のプログラムを提供する。 プログラム実施期間: 2020年9月〜12月 募集期間: 2020年8月6日〜8月26日 応募条件: 創業前〜設立後1年以内のスタートアップ企業・個人(法人格は問わない)。社会課題に興味を持つU25。スタートアップ的なアイデアを推奨 募集人数(企業数): 20名(社) 応募対象地域: 関西 参加費: 無料 応募方法: Re:Vive応募フォームより応募 応募企業・個人の中から採択した参加者に対しては、パートナー企業・キャピタリスト・起業家コミュニティなどによる定期メンタリング、パートナー企業などによるマーケティング・組織づくり・ファイナンスなどをテーマに参加者限定の毎週講座、進捗報告会や協業マッチン...more
カテゴリー:

GDEPアドバンス NVIDIA A100を8基搭載可能な4Uサーバー「GSV-4U/8G-A100」本日より販売(受注)開始! - 08月04日(火)15:00 

NVIDIA(R)のエリートパートナーである株式会社ジーデップ・アドバンス(本社:東京都港区、代表:飯野匡道)は、NVIDIA A100を最大8基搭載可能な4UラックマウントGPUサーバー「GSV-4U/8G-A100」の販売(受注)を、本日8月4日(火)より開始しました。NVIDIA A100 Tensor コア GPUは、倍精度対応のCUDAコアの増強だけなく、推論ワークロードを最適化するためにTensorコアも増強。FP32からFP16、INT8にINT4まで、あらゆる精度を加速します。マルチインスタンスGPU(MIG)テクノロジでは、1個のA100GPUで複数のAIモデルを同時に運用できるため、計算リソースの利用を最適化できます。また、新しいハードワイヤードの機能としてスパース行列演算にも対応し従来の2倍の性能を発揮します。NVIDIAエリートパートナーのジーデップ・アドバンスではNVIDIA NV-Docker上にNGC(NVIDIA GPU CLOUD)開発環境を標準インストール。さらにお客様の利用環境に合わせてコンパイラやライブラリ、ジョブスケジューラなどをオプティマイズすることも可能です。カスタマイズメニューにない構成にも対応し、ユーザーのニーズに合わせて最新のNVIDIA A100を抜群のコストパフォーマンスで提供します。製品サイトURL https://www....more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アクセラレーター」の画像

もっと見る

「アクセラレーター」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる