「アウター」とは?

関連ニュース

アラサーは要チェック!2019年春のファッショントレンド3選 デキるOLマナー&コーデ術 145 | ananweb - マガジンハウス - 01月21日(月)19:30 

2019年。早速注目したいのは春を見越した、長く使えるファッションアイテム!感度の高い方だと前シーズンの段階で次のシーズンの流行にチェックを入れているようですね。さて、そこまでではないにしてもそろそろ春先のことも考えたお買い物を楽しみたい。そんな方は正月気分が落ち着いた、このあたりで次シーズンのトレンドチェックをしておきましょう。タイダイ柄【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 145ステラマッカートニー、バレンシアガの2019ssコレクションで見られたのが、タイダイ柄のアイテム。90年代後半から2000年代初期にヒッピールックが流行し一斉を風靡したタイダイ柄が2020年を間近に久々に登場しました。2019年春夏はとくにタイダイ柄をはじめとした、レトロ調のプリント柄が主力になっていくようなので、ぜひ今後展開される新作もチェックしていきましょう。前回の流行ではタイダイ柄は主にTシャツやサルエルパンツで取り入れられることが多かったですが、今季はコレクションの傾向から考えるに春ニットやシームレスなミニワンピース、デニム生地で登場していきそうな予感。バッグと服のお揃いプリントコーデ今季らしい推しのスタイルが、アウターやトップスとリンクさせたバックコーデ。これまで、トップスとボトムを組みわせたセットアップスタイルは数多く展開されていましたが、バッグと洋服をセットで展開された着こなしは、あまり...more
カテゴリー:

メンコレで見つけたイケメンたちの勝負アウター。【ミラノ メンズコレ スナップ】 - 01月17日(木)17:40 

世界各都市のお洒落スナップ。リアルクローズの参考に。
カテゴリー:

【芸能】岩崎ひろみが娘たちとお揃いコーデで初詣、垣間見えた“子育てへのこだわり” - 01月17日(木)09:40  mnewsplus

正月気分も少し落ち着いた1月3日、東京・世田谷区内にある勝運・開運のご利益で有名な神社に、赤ちゃんを抱いて参拝する女性の姿が。 「すっぴんに眼鏡で最初はわからなかったんですが、女優の岩崎ひろみさんでした。お子さんも一緒で、ゆっくりと丁寧に拝殿を参拝。 アウターは娘さんたちとおそろいで、仲よし家族なんだなと思いました」(目撃した女性) 岩崎は昨年6月に女の子を出産したばかり。'07年と'10年にも女児が生まれていて、娘3人と一緒の初詣だった。 「赤ちゃんを抱っこひもで抱え、娘さん2人の面倒も見ながら参拝...
»続きを読む
カテゴリー:

冬ってどんなアウターがええやん? - 01月17日(木)02:43  livejupiter

ダウンジャケット以外でなんか良いのないか? ...
»続きを読む
カテゴリー:

あの「ヒヤッ」が苦手な人にオススメしたい「語れるデニム」 - 01月15日(火)19:00 

カジュアルスタイルの王道・デニムのアイテムですが、意外と苦手って人もじつは少なくありません。その理由は、あのデニム独特のゴワゴワした肌触りと、寒い時期の、脚や腕を通した瞬間に“ヒヤっ”とする、あの感じ……。なかには「カラーのバリエーションが少なくて、コーディネートが楽しめない」って人もいるのでは? そんな人にオススメしたい、ちょっと“語れる”新感覚デニムをご紹介します。これまでにない肌触りが体感できる新感覚の「優しいデニム」古くからワークウェアの素材として重宝されてきたデニムは、その背景から、着心地や肌触りよりも“丈夫さ”に価値を置かれてきました。そんな理由から、パンツやシャツ、ジャケットなど、様々なアイテムに利用されるようになった今でも、どこかゴツゴツとした無骨な雰囲気は残ったまま......。「もっと“優しいデニム”があればいいのに」──。そんな願いを叶えてくれるのが、今回紹介する「和紙デニム」です。そもそもこの「和紙デニム」は「しっかりとしたデニム素材なのに軽くて心地いい」と評判となりヒットし続けている人気商品。「繊維の隙間にたくさんの空気を溜め込む」という和紙の特性はデニムになっても健在で、体温や暖房で温まった空気を生地のなかに閉じ込めてくれるから、寒...more
カテゴリー:

【女子】男性が思う「NG防寒コーデ」・・・ムートンブーツ、ぽんぽん付きニット帽など★2 - 01月17日(木)19:44  newsplus

冬も中盤に差し掛かり、冷え込みが本格化してくると、防寒対策は外せなくなってきますよね。 オシャレはがんばりたいけど、寒いのもなんとかしたい、というのが正直なところです。 けれど防寒コーデは、一歩間違えるとダサくなりがちで難しいですよね。 男性目線だと、ダサい防寒コーデとカワイイ防寒コーデの違いってどこにあるのでしょうか? 今回は、男性が思うNGな防寒コーデとカワイイ防寒コーデの境界線を探ってみましょう。 (1)ムートンブーツはNG 『ムートンブーツの何が可愛いのか理解できない。ダサいじゃん』(...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像】乃木坂メンバー30万円のアウターを着る - 01月17日(木)13:52  livejupiter

このブランド知らない(-.-)y-~~ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【女子】男性が思う「NG防寒コーデ」・・・ムートンブーツ、ぽんぽん付きニット帽など - 01月17日(木)09:12  newsplus

冬も中盤に差し掛かり、冷え込みが本格化してくると、防寒対策は外せなくなってきますよね。 オシャレはがんばりたいけど、寒いのもなんとかしたい、というのが正直なところです。 けれど防寒コーデは、一歩間違えるとダサくなりがちで難しいですよね。 男性目線だと、ダサい防寒コーデとカワイイ防寒コーデの違いってどこにあるのでしょうか? 今回は、男性が思うNGな防寒コーデとカワイイ防寒コーデの境界線を探ってみましょう。 (1)ムートンブーツはNG 『ムートンブーツの何が可愛いのか理解できない。ダサいじゃん』(...
»続きを読む
カテゴリー:

あの「ヒヤッ」が苦手な人にオススメしたい「語れるデニム」 - 01月15日(火)19:00 

カジュアルスタイルの王道・デニムのアイテムですが、意外と苦手って人もじつは少なくありません。その理由は、あのデニム独特のゴワゴワした肌触りと、寒い時期の、脚や腕を通した瞬間に“ヒヤっ”とする、あの感じ……。なかには「カラーのバリエーションが少なくて、コーディネートが楽しめない」って人もいるのでは? そんな人にオススメしたい、ちょっと“語れる”新感覚デニムをご紹介します。これまでにない肌触りが体感できる新感覚の「優しいデニム」古くからワークウェアの素材として重宝されてきたデニムは、その背景から、着心地や肌触りよりも“丈夫さ”に価値を置かれてきました。そんな理由から、パンツやシャツ、ジャケットなど、様々なアイテムに利用されるようになった今でも、どこかゴツゴツとした無骨な雰囲気は残ったまま......。「もっと“優しいデニム”があればいいのに」──。そんな願いを叶えてくれるのが、今回紹介する「和紙デニム」です。そもそもこの「和紙デニム」は「しっかりとしたデニム素材なのに軽くて心地いい」と評判となりヒットし続けている人気商品。「繊維の隙間にたくさんの空気を溜め込む」という和紙の特性はデニムになっても健在で、体温や暖房で温まった空気を生地のなかに閉じ込めてくれるから、寒...more
カテゴリー:

《FB用語解説》ボディス コルセット風の上半身部分 - 01月15日(火)06:23 

 bodice。フランス語でbodics。もともとは15世紀ころから女性に使われ始めたとされる胴着、コルセットのこと。上半身にぴったりした下着を指し、ドレスの上半身部分の意味もある。アウターと下着の中間のような、部...
カテゴリー:

もっと見る

「アウター」の画像

もっと見る

「アウター」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる