「まき」とは?

関連ニュース

東京都知事選告示まで1カ月も固まらない構図 小池百合子知事はいまだ意思表明せず - 05月19日(日)21:01  newsplus

6月20日の告示まで1カ月となる中、東京都知事選(7月7日投開票)の構図が固まらない。小池百合子知事の3選出馬が有力視されるが、まだ意思表明はない。国政政党の動きも鈍く、自民は小池氏との連携に傾き、立憲民主や共産などによる野党統一候補も定まらず〝首都決戦〟は熱を帯びてこない。 ■連敗後も公務活発 目黒区長選、衆院東京15区補選と相次いで支援候補が敗北した小池氏。昨年秋から江東区長選、八王子市長選と自公系候補を支援して都内で連勝した勢いは止まり、自民都連幹部は「小池氏が選挙に強いとさ...
»続きを読む
カテゴリー:

好きでもない相手と不倫しました… 背徳感に溺れた30代女性の「愚かな結末」【後編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 05月19日(日)20:45 

知恵さん(仮名)は、インフルエンサーとしても活躍している知人の亜由美さん(仮名)に対し、「あんなふうになりたい!」とずっと憧れを抱いていたそう。ある日、飲み会で亜由美さんの元不倫相手と知り合い、そのまま深い関係になってしまいました。憧れの女性と同じ相手と不倫をしたことによって、最初は高揚感を得ていた知恵さん。しかし楽しい日々は、そう長くは続かなかったそう…。メンタル心理カウンセラーの並木まきが、背徳感と高揚感に溺れて不倫をした30代女性の残念な結末をお届けします。不倫相手の妻に関係を知られて事態は悪化「ある日、不倫相手から『妻にバレた』とLINEが届き、そのすぐあとに電話が鳴りました。何事かと思って出てみると、彼の妻から『証拠を押さえた。二度と夫とは会わないでほしい。慰謝料も請求するつもりだ』といった話をされ、びっくりしました」このとき知恵さんは、不倫をして4か月ほど。相手のことをそこまで好きでもなかったために「妻に知られたなら、もう会えないな」くらいの軽い気持ちで不倫を捉えていたそうです。「慰謝料の話が出ていましたが、たった4か月の不倫だし、そんなに大金でもないだろうなって思っていたんです。亜由美さんはその彼と2年近く不倫をしていたはずだから、それよりは私のほうが罪が軽いという勝手な思い込みがありました」過去の不倫相手も自分だと誤解されていたところが、夫の不倫に疲れ果てた妻は、こ...more
カテゴリー:

ハート形うちわ、空に舞い 唐招提寺で「うちわまき」 奈良 - 05月19日(日)19:02 

 奈良市の唐招提寺で19日、ハート形のうちわ「宝扇(ほうせん)」を授ける恒例の「うちわまき」があった。僧侶が「鼓楼(ころう)」(国宝)から鐘の音に合わせて手作りした約200本をまくと、訪れた参拝者らが手を伸ばして受け止めた。
カテゴリー:

輪島から避難 輪島塗のまき絵師が作品を販売 石川 白山 - 05月19日(日)17:34 

石川県白山市で開かれた恒例の祭りで、輪島市から避難して作品づくりを続けている輪島塗のまき絵師の男性が作品を販売しました。
カテゴリー:

ケンモメンが好きな芸人▶ケーシー高峰先生、ナポレオンズ、毒蝮三太夫 - 05月18日(土)13:43  poverty

https://www.tbsradio.jp/articles/83267/ 豆まき、ウルトラマン、文化服飾学院・・・毒蝮三太夫さん節が炸裂 ジジイモメン ...
»続きを読む
カテゴリー:

家族ぐるみの食事会が不倫の現場に…サレ妻が衝撃を受けた夫の浮気相手【前編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 05月19日(日)21:00 

夫の不倫が発覚しただけでもショックだったのに、不倫相手が自分の知る人だったと判明して衝撃を受けたという話もあります。そんな壮絶体験をした30代女性のエピソードを、メンタル心理カウンセラーの並木まきがご紹介します。学生時代の恋人と結婚! しかし平穏な生活に暗雲が…果穂さん(仮名)は、大学時代からの彼氏と交際5年目に結婚。結婚から数年が経ち、夜の営みの頻度は減ったものの、夫に対して特に不満はなく穏やかな日常を送っていたそう。結婚後も果穂さんは新卒で入社した会社でフルタイム勤務を続け、自立した夫婦を目指して仕事に取り組んできたと話します。「大学時代の友人の中に、自分たち以外にも結婚したカップルが1組いて、社会人になってからも親しくしていたんです。学生時代にはよくダブルデートもしていたほど気心の知れた仲。友だちというよりも、もはや親戚のような感じでした。お互いが結婚してからも月に1回程度は食事をしていましたし、夫同士も親しくて、たまに旅行にも行っていました」ある日、その友だち夫婦と食事をしたときのこと。果穂さんは、夫と女友だちの距離が近いことに強烈な違和感を抱いたそう。そこから果穂さんの生活は予想もしなかった方向へ進んでいくことに…。「その女友だちとは夫婦同士で仲良くしていましたが、それにしても妙な違和感があって。夫との距離が物理的に近いだけでなく、付き合っている男女特有の親密な空気だった...more
カテゴリー:

憧れている女性の元不倫相手と関係を持ちました… 背徳感に溺れた「30代女性のあやまち」【前編】 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 05月19日(日)20:15 

世間は思っているよりも狭いと感じさせられる出来事もあります。知り合いの元不倫相手と不倫をしたことによって、人生を大きく誤ってしまった30代女性のエピソードを、メンタル心理カウンセラーの並木まきがお届けします。憧れている女性の元不倫相手と出会う知恵さん(仮名)は、女子会メンバーの亜由美さん(仮名)にずっと憧れを抱いて「あんなふうになりたい!」とメイクやファッションのお手本にしてきたそう。亜由美さんは知恵さんよりも2歳年上で、インフルエンサーとしても活躍している姿がとても眩しかったとのこと。いつしか亜由美さんとプライベートの話をするようになり、亜由美さんが不倫をしている事実を知ってからも、知恵さんは変わらずに亜由美さんに憧れ続けていたといいます。「亜由美さんは本当に素敵な女性で、私にはないキラキラオーラがある女性なんです。だから、仲良くなって恋愛の話をし合えるようになったときには、本当に嬉しかったですね。不倫をしているのを知ったときには一瞬だけ驚きましたけど、あれだけ美人だったら既婚男性がメロメロになっても不思議ではない…と思っていました」それからしばらくして、亜由美さんは不倫を清算し、独身の男性と交際を始めたかと思ったらスピード婚をしたそうです。「亜由美さんから結婚をすると聞いたときもすごくびっくりしましたけど、不倫を終わらせたことにホッとしました。ところが、運命ってすごく奇妙なんで...more
カテゴリー:

旬の毛ガニが空を舞う…ヘルメットと軍手を着用し降ってくる毛ガニをゲット「カニまき」に大盛り上がり 今年で12回目『春カニ合戦in網走』開催 - 05月19日(日)18:16 

旬の毛ガニが空を舞うイベント「春カニ合戦」が、19日北海道網走市で開かれました。2024年05月19日(日) 17時37分 更新
カテゴリー:

混沌の勢力と闘うなかやまきんに君 - 05月18日(土)14:32 

混沌の勢力と闘うなかやまきんに君おい、オレのストームブリンガー‼︎ 裏切るのかい⁉︎ 裏切らないのかい⁉︎ どっちなんだい⁉︎ 裏切るー!!
カテゴリー:

「結婚は無理かも…」男性がこっそり思っている「将来を考えられない女性」の特徴 - 文・並木まき | ananweb - マガジンハウス - 05月17日(金)21:15 

お付き合いをしている男性から「この人と結婚は無理だな…」と思われてしまう女性には、共通点があるようです。結婚願望がある男性でも「この女性とは、無理!」となりやすい女性のタイプ3つを、メンタル心理カウンセラーの並木まきがお話しします。1:理由をつけて浪費をする結婚となれば、金銭感覚は避けて通れない価値観のテーマです。そのため、どちらかが“必要な出費”と認識していても、相手から見て“浪費”に見えてしまうと、結婚相手としては相応しくないと判断するきっかけになってしまいます。男性と女性では認識が異なりやすい出費としてよく挙がるのは、“コスメ”、“洋服”、“こだわりの食材”です。美活や日々のモチベーション維持への出費は、女性にとっては必要不可欠なものという認識でも、男性からそうは見えない場合も…。日常生活を一緒に送る相手としては相応しくない、と判断する人は少なくありません。特に、収入に見合わない割合でお金を使うのは危険。コスメや洋服を自分のお金で買っているとしても、そのために他の部分では過剰な節約をしていたり、分割払いやリボ払いばかり使って欲しいものを手に入れていたりすると、将来を一緒に過ごすのを不安に思う人も多いでしょう。2:やたら周囲の動向にうるさいSNSの普及によって、身近な人や同世代の動向が分かりやすくなっている昨今は、恋人と過ごしているときにもSNSを見て、知人の動きが話題にのぼる...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる