「NHK大河ドラマ」とは?

関連ニュース

【テレビ】三好長慶をNHK大河ドラマの主人公にしてほしい 徳島市で誘致推進協議会を設立★2 - 06月20日(水)01:52  mnewsplus

徳島県出身で織田信長に先駆けて京都で天下人となった戦国武将、三好長慶をNHK大河ドラマの主人公にしてもらい、 徳島県の文化・観光振興、地域経済の活性化につなげようと、「三好長慶NHK大河ドラマ誘致推進協議会」が、徳島市内で設立された。  協議会は、県観光協会が呼び掛け、県市長会、徳島経済同友会など31団体が応じて結成。 会長には県商工会連合会の岡本富治会長が就任した。  今後は、長慶の生誕500年に当たる2022年の大河ドラマ化と徳島ロケの実現に向けた署名活動や、 長慶の認知度アップに向けたPR活動などを県内...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】三好長慶をNHK大河ドラマの主人公にしてほしい 徳島市で誘致推進協議会を設立 - 06月19日(火)10:38  mnewsplus

6/19(火) 10:32配信 時事通信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000054-jij-soci  徳島県出身で織田信長に先駆けて京都で天下人となった戦国武将、三好長慶をNHK大河ドラマの主人公にしてもらい、 徳島県の文化・観光振興、地域経済の活性化につなげようと、「三好長慶NHK大河ドラマ誘致推進協議会」が、徳島市内で設立された。  協議会は、県観光協会が呼び掛け、県市長会、徳島経済同友会など31団体が応じて結成。 会長には県商工会連合会の岡本富治会長が就任した。  今後は、長慶の生誕500年に当たる2022年...
»続きを読む
カテゴリー:

鈴木亮平、『西郷どん』第23話を振り返り「あまりにも悲しい回だった」 - 06月18日(月)15:55 

俳優の鈴木亮平が17日に更新したアメブロで、主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第23話を振り返り、有馬新七役を演じる俳優・増田修一朗のオフショットなどを公開した。 NHK大河ドラマ『西郷どん』は、明治維新の中心人物として活躍した西郷隆盛の激動の半生を描いた作品。第23回『寺田屋騒動』、西郷吉之助(鈴木)の幼なじみ・有馬新七(増田)が京の旅籠『寺田屋』で、薩摩藩士の同士討ちにより絶命する様子が描かれた。 鈴木は第23回の内容を振り返り、「今日は、あまりにも悲しい回だったので『追悼・有馬新七』として、有馬さぁこと増田修一朗くんのオフショットを2枚載せておきますね」と増田の写真を公開。 1枚目は「モニターを見ながらお菓子を頬張る有馬さぁ」と、お菓子をかじる増田の横顔を公開し、「呑気だね」とツッコミ。2枚目として「お虎内閣発足」と、お虎役を演じるお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜を中心に、鈴木や増田、俳優の北村有起哉ら主要メンバーが真顔で写る写真を公開し「なぜこんなテーマで撮ったかは忘れました」と補足した。 自身の役どころについては「そして吉之助はといえば、いよいよ幕末の表舞台に登場か!という所でまた島送りになってしまいました。なかなかの強情っぷり、突っ走り屋さんぷりを発揮しております」と説明。2ヶ月も経たないうち再び島送りになったという史実に、「き、吉之助さぁ。あなたは...more
カテゴリー:

一番泣いた「平成のドラマ」ランキング - 06月18日(月)07:30 

今まで放送された数多くのドラマの中には、多くの人の胸を打った感動作も少なくありません。では、平成に放送されたドラマの中で、特に視聴者の涙を誘ったのはどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、一番泣いた平成のドラマについて探ってみました。 1位 1リットルの涙 2位 世界の中心で、愛をさけぶ 3位 JIN -仁- ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『1リットルの涙』! 徐々に体が動かなくなってゆき、やがて体の全機能が停止してしまう難病と戦い続けた少女の実話を基に作られたこの作品。主人公を演じたのは、この作品がドラマ初主演となった沢尻エリカ。 病が進行してゆく中で生まれる不安や葛藤、悲しみをこらえながら、自分の病気や運命に立ち向かう主人公を見事に演じ、その姿を見て涙した人が多数。最終回は涙で顔がグシャグシャになったという人も。どんなドラマよりも心を揺さぶられたということで、ダントツの1位となりました。 2位は『世界の中心で、愛をさけぶ』! 片山恭一の大ベストセラー小説が原作で、映画化されたことも大きな話題になった“セカチュー”こと『世界の中心で、愛をさけぶ』。ドラマシリーズでは主人公・サクを山田孝之、ヒロイン・アキを綾瀬はるかが演じました。 高校生となり互いに惹かれあったサクとアキ。しかし突如アキが白血病にかかり、どんどん衰弱していくという切ないストーリー。空港でサク...more
カテゴリー:

150年前にタイムスリップ!小吉、正助、糸が「西郷どん」世界を堪能 - 06月17日(日)07:00 

東京・上野の東京芸術大学大学美術館では、大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に登場する人物ゆかりの品を公開する「NHK大河ドラマ特別展『西郷どん』」を開催中。 【写真を見る】貴重な展示品を見て歴史に触れる/(C)NHK 6月17日(日)に、「西郷どん」で幼少期の西郷吉之助(小吉)、大久保正助、大山糸を演じた渡邉蒼、石川樹、渡邉このみの3人が同展を見学する「150年前にタイムスリップ!~歴史人物に会いに行こう!~」(昼5:00-5:10、NHK総合※関東地域のみ)が放送される。子役の3人は、「西郷どん」で鈴木亮平が演じている西郷隆盛(吉之助)の肖像画や、大久保利通(一蔵、瑛太)らにまつわる歴史資料を見て、幕末の世界に触れる。 また、気になる今後の「西郷どん」の展開も紹介。番組のナレーションは、西郷家の使用人・熊吉を演じている塚地武雅が務める。 なお、「NHK大河ドラマ特別展『西郷どん』」は、7月16日(月)まで開催され、その後は大阪、鹿児島を巡回予定。上野の西郷隆盛像の作成にまつわる貴重な資料や、ドラマ内で島津斉彬(渡辺謙)と吉之助との重要なシーンに登場した「江戸切子」、そして西郷の生涯の盟友・大久保利通の肖像画など、西郷にまつわる数々の品が展示されている。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・鈴木亮平&小栗旬が“W幕末仮面”に!?「まさかのHK...more
カテゴリー:

増田修一朗、『西郷どん』有馬新七役との別れ語る「最高の仲間と出会えた」 - 06月19日(火)15:50 

俳優の増田修一朗が17日に自身のアメブロを更新。有馬新七役で出演したNHK大河ドラマ『西郷どん』の第23話を振り返り、思いをつづった。 NHK大河ドラマ『西郷どん』は、明治維新の中心人物として活躍した西郷隆盛の激動の半生を描いた作品。増田が演じた有馬新七は西郷吉之助(鈴木亮平)の幼なじみで、薩摩藩の藩内組織「精忠組」のメンバー。第23回『寺田屋騒動』では、有馬が京の旅籠「寺田屋」で、同士討ちにより絶命する様子が描かれた。 増田は「西郷どん、第23回「寺田屋騒動」の放送が終わりました!」と有馬新七役のモノクロ写真を公開。「今日の放送が終わったという事は、有馬新七という役とも今日でお別れです」「ここで何を語ればいいかわからないくらい、沢山の思い出が蘇ります」と感慨深い様子で述べた。 続けて、鈴木や瑛太などドラマ内の「精忠組」メンバーとの写真を公開し、「最初に浮かぶ言葉は「感謝」しかありません」とコメント。「この役に出会えた事。この仕事が出来た事。そして何より、最高の仲間と出会えた事」「精忠組の皆んなとは多くの時間を共にし、刺激し合い、互いに魂をぶつけ合いながら、共に成長することができました」(原文ママ)と振り返った。 視聴者に対し「僕たちが作り上げる、西郷どんを楽しみに見てくれている視聴者の皆さん、ありがとう」と感謝を述べ、「これからも西郷どんをよろしくお願いします!!僕は有馬...more
カテゴリー:

町田啓太、「気高さ」を持って小松帯刀に挑む 先輩・瑛太も「いいね」 - 06月19日(火)06:25 

 大河ドラマ『西郷どん』(NHK/毎週日曜20時ほか)で、先々週放送の第21話から登場した島津家家老・小松帯刀を演じる町田啓太(劇団EXILE)。「僕ももう少しで帯刀が大藩・薩摩の家老職になった28歳になると思うと感慨深いです…」と苦笑しつつ、「レベルが違い過ぎますが、無駄な血は流したくない平和主義。けんかしたくないな、楽しくやりたいなと思っています」と語った町田が、役柄のアプローチ方法などを語った。【写真】『西郷どん』小松帯刀役の町田啓太、場面写真フォトギャラリー 幕末の動乱期、薩摩藩の事実上の最高権力者であった島津久光(青木崇高)の側近として藩政を盛り立てるとともに、大久保一蔵(利通/瑛太)や西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)ら優秀な下級藩士を積極的に登用。その功績は高く評価され、“維新の十傑”に数えられている。 そんな英傑を演じることになり、「文献などをかなり読んで自分なりに調べた」という町田。「読めば読むほど、頭脳明晰なエリートで、人格的に素晴らしいという非の打ち所のない人物だと分かり、大きなプレッシャーを感じました」と胸の内を明かす。 しかし、広く人の意見を聞く耳を持っていた小松の特性に共通点を見出したという。「坂本龍馬(小栗旬)の新婚旅行の段取りを整えたのも帯刀らしいのですが、裸一貫になれば上級武士だと気づかれないと温泉に入って一般の話を聞き、そこで得た情報を上に進言するとこ...more
カテゴリー:

『西郷どん』寺田屋騒動に「幕末つらい」 錦戸亮、町田啓太らにも称賛 - 06月18日(月)11:11 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK/毎週日曜20時ほか)の23話が17日に放送され、寺田屋での薩摩藩士同士の凄惨な斬り合いに、「幕末つらい」「ボロ泣いた」など切なさを訴える声が続出。さらに有馬新七役の増田修一朗、西郷慎吾役の錦戸亮(関ジャニ∞)、小松帯刀役の町田啓太(劇団EXILE)にも注目が集まった。【写真】幕末の男たちの覚悟、同士討ちの切なさ…『西郷どん』23話フォトギャラリー 倒幕志士たちの動きをけん制しようと動くも、勝手に下関を離れたことで久光(青木祟高)の不興を買い、切腹を命じられた西郷吉之助(鈴木亮平)。殺気立つ新七(増田修一朗)ら仲間を抑えて、川でのうなぎ捕りへと誘い出し、新七、大久保一蔵(瑛太)、弟の信吾、大山格之助(北村有起哉)らと少年時代のように戯れる。宿に戻った吉之助は「今日はよか日じゃったのぉ」と、待ち構えていた捕り方に笑顔で捕まる。  上洛し、勅命に浮き立つ久光と反比例するように、吉之助が抑えていた過激派の不満は高まる一方だった。新七は伏見の「寺田屋」で決起準備を進める。それを知った久光は、大山らを説得に向かわせるが、話し合いは決裂。宿は一瞬にして戦いの場となる。 相手と組み合ううち、小刀がへし折れてしまった新七は、やむなく相手を壁に押し付け、自分の背中をその上に重ねながら「おいごと突け! おいごと突け~!」と絶叫、若い同志に相手ごと串刺しにされて果て...more
カテゴリー:

西郷どん:第23回「寺田屋騒動」 吉之助、切腹を命じられ… 京の旅籠… - 06月17日(日)10:30 

 俳優の鈴木亮平さん主演のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第23回「寺田屋騒動」が17日に放送される(NHK総合で午後8時ほか)。吉之助(鈴木さん)は、国父・島津久光(青木崇高さん)の厳命に背…
カテゴリー:

西郷どん:子役3人が特別展PR 関連番組17日スタート 今後の展開も… - 06月16日(土)13:50 

 東京・上野の東京芸術大学大学美術館で開催中の展覧会「NHK大河ドラマ特別展『西郷どん』」のPR番組がNHK総合で17日にスタートする。主人公・西郷吉之助(隆盛、鈴木亮平さん)、盟友・大久保一蔵(利…
カテゴリー:

もっと見る

「NHK大河ドラマ」の画像

もっと見る

「NHK大河ドラマ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる