「95年」とは?

関連ニュース

【サッカー】茨城県鹿嶋市を「サッカーのまち」にした知られざる立役者 - 06月19日(火)11:02  mnewsplus

鉄とサッカーのまち、茨城県鹿嶋市には名誉市民が2人いる。  一人は故日向方齊(ひゅうがほうさい)さん。住友金属工業(現在の新日鐵住金)が1968年、鹿島臨海工業地帯の中核企業として進出した時の社長だ。  もう一人はサッカーの元ブラジル代表選手、ジーコさん(65)。91年、住友金属の蹴球(しゅうきゅう)団(サッカー部)に入団し、蹴球団がJリーグの鹿島アントラーズとなる過程で世界に通用するチームに育てあげた。いわば鹿島のサッカーの父である。  Jリーグのお膝元となったのを機に当時の鹿島町は95年、大野村と合...
»続きを読む
カテゴリー:

【車】スズキ 中国メーカーと提携解消へ 高いシェアを持つ、インド市場に経営資源集中か - 06月19日(火)06:58  newsplus

自動車メーカーの「スズキ」が中国の自動車メーカーと提携を解消する協議に入ったことが明らかになりました。スズキとしては、世界最大の自動車市場の中国から撤退し、高いシェアを持つインド市場に経営資源を集中する狙いがあるとみられます。 関係者によりますと、「スズキ」は、中国での現地生産から撤退する方針を固め、合弁相手の中国・重慶市の自動車メーカー「長安自動車」と提携を解消する協議に入りました。 スズキは20年以上にわたって中国で乗用車の生産を行ってきましたが、今月になって別の中国企業との合弁を解消する...
»続きを読む
カテゴリー:

バブルから30年…「オジサンの生き様」はどう変化した? - 06月18日(月)15:55 

バブル経済に沸いた40代男性=オジサンと、デフレ不況を粛々と生きる今のオジサン。実際はどちらが幸せなのだろうか。さまざまなデータを基に、この30年間で中年男がどう変化したのか追った。 ◆時代に翻弄されたオジサンの30年  オジサンは世につれ、世はオジサンにつれ変化してきた。「中年男性の変わらない価値観が時代に置いてけぼりを食ったのがこの30年です」と話すのは、時事ネタの読み解きに定評のある“時事芸人”プチ鹿島氏。週刊SPA!創刊の’88年から’18年までの30年間を4つに分け、時代ごとの40代男性=オジサンを振り返ってもらった。  ’80年代後半は「24時間戦えますか。」「5時から(男)」の栄養ドリンクCMが流行したが、プチ鹿島氏は「当時の中年男性は高度資本主義を空元気で乗り切った」と言う。オジサンのやせ我慢に限界がくるのはバブルが崩壊し、オジサンの時代遅れな性価値観への風当たりが強くなった’90年代からだ。 「オジサンの’90年代は’89年の宇野宗佑首相の女性問題で始まります。従来の永田町の価値観なら芸妓や愛人は当り前でしたが、趨勢が変わる。スクープした『週刊朝日』の当時の編集長・鳥越俊太郎の淫行疑惑が’16年にあり、28年越しのブーメランとなったのも皮肉でした」  ちなみに「セクハラ」が流行語になったのも’89年。今年は「#MeToo」が話題だが、約30年たっても男...more
カテゴリー:

モデル・岡崎紗絵、いつも眺めているある画像とは - 06月18日(月)07:00 

今、注目の女の子を紹介する『anan』で連載中の「イットガール」。今回は女優、モデルの岡崎紗絵さんです。 女優としても、モデルとしても。もの作りの現場にいることが幸せ。 雑誌『Ray』の専属モデルとして活躍しながら、女優としても邁進中。現在はドラマ『ブラックペアン』に出演している。「初の医療ドラマということで緊張していましたが、楽しい現場です。研修医役同士仲がいいですし、ベテランの先輩方の演技を間近で見るのは勉強になります。今後出てみたいのは、時代物。所作を学びたくて、茶道を習う予定なんです」。 将来の夢は、家庭を持つこと。「なんて言いながら、現段階では想像すらできません。今は仕事に打ち込みたい。いつかきっと…ですね(笑)」 実家で飼っている愛犬のレオくん 家族とアルバムアプリで画像を共有していて、しょっちゅう眺めています。 お菓子代わりにドライフルーツを。 小腹がすいた時用にいつも携帯。イチジクは美容にいいし、味も好き。 カラーサングラスにハマっています! 最近よくかけるのがピンク。肌なじみがよく、さらりとかけられますよ。 おかざき・さえ 1995年生まれ。2012年にミスセブンティーングランプリ獲得。現在はRay専属モデルを務める。ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)など出演作多数。 ※『anan』2018年6月20日号より。写真・土佐麻理子 文・間宮寧子 (b...more
カテゴリー:

トヨタ、悲願のル・マン初優勝 中嶋一貴がトップチェッカーを受ける - 06月17日(日)22:09  news

 2018ル・マン24時間レースの決勝が日本時間の17日22時にゴールを迎え、8号車トヨタ (セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)が優勝。2位に7号車トヨタ (マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)が2位に入り、TOYOTA GAZOO Racingがル・マン挑戦18回目にして初優勝を飾るとともに、ワンツーフィニッシュを決めた。  レース序盤から、ワンツーの状態を維持してきていたトヨタの2台。途中、スローゾーンでの 速度違反ペナルティや、レース終盤にも小林が駆る7号車が燃料関係のトラブルで一...
»続きを読む
カテゴリー:

今やおもしろオジサン前園真聖、中田英寿と交差した数奇なサッカー人生とは? - 06月19日(火)08:40 

 「前園さんはどうなんですか?」。レギュラーコメンテーターと司会者のお笑い芸人が、含み笑いで話を振る。これに対して、ある時は緊張を隠せない真面目な表情でピント外れのコメントをする、またある時は困った表情であたふたする…。笑いの根本的なスキルである「緊張と緩和」を自然体のまま、飄々と繰り出す。芸人にとってこれほど“いじり甲斐”のある人物はいないだろう。現在44歳。現役を引退してから13年。10代や20代の視聴者には「元Jリーガーの面白いおじさん」くらいの認識しかないのかもしれない。だが、かつて前園真聖は、現日本代表・西野朗監督が率いる(96年アトランタ)五輪代表の主将として、“マイアミの奇跡”を成した日本サッカー界の紛れもないレジェンドである。 【貴重写真】「ゾノ~」弟分の中田英寿と大活躍を見せた五輪代表時代の前園 ■次代のエース候補・前園 A代表監督と五輪監督による“争奪戦”も  高校サッカーの名門・鹿児島実業で頭角を現わし、3年連続で全国大会に出場。鳴り物入りで入団した横浜フリューゲルス(98年度をもって横浜マリノスと合併消滅)では、2年目となる93年からレギュラーとして活躍し、瞬く間にこの年創設されたJリーグの若きスターとなった。  時代が求める――。彼はすぐさまその責務を背負うエース候補として白羽の矢を立てられた。94年、21歳にしてA代表デビューを飾る。この時すでに...more
カテゴリー:

何のために働くの? 納得感のあるキャリアの築き方・選び方 - 06月18日(月)20:00 

「人生100年時代」と言われているいま、私たちの働き方も変化しています。世間では盛んに「働き方改革」なんて言われていますが、あなたは今の働き方に満足していますか?20代ならあと50年、30代ならあと40年くらいは働くことになるかもしれません。 「今の会社で、今の働き方をしていていいのだろうか?」 「キャリアをどう積んでいけばいいのだろうか?」 ふと、悩んでしまうことも。そうして考えていると、本質的な質問にぶつかります。 ――そもそも、「働く」ってなんだろう? 答えを知りたくて、『働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者である、人財教育コンサルタントの村山昇さんにお話を聞いてみました。「働くこと」の本質を解説していただき、キャリア形成において大切なことがよく分かりました。 「働く」ことについて、あらためて一緒に考えてみませんか? 村山 昇(むらやま・のぼる)キャリア・ポートレートコンサルティング代表。人財教育コンサルタント。概念工作家。 企業の従業員・公務員を対象に、「プロフェッショナルシップ」(一個のプロとしての基盤意識)醸成研修はじめ、 「コンセプチュアル思考」研修、管理職研...more
カテゴリー:

大阪府北部で最大震度6弱の地震が発生。連絡した会社からの「心無い言葉」に憤る声も - 06月18日(月)10:24 

本日6月18日7時58分頃、大阪府北部で最大震度6弱の地震が発生。 大阪で震度6弱初観測。気象庁の震度データベースによると、大阪府内で震度6弱が観測されたのは、1923年に近代観測を開始して以来初めて。これまでで最大の揺れは震度5(1936年2月21日)と震度5弱(2013年4月13日)。ちなみに1995年1月の阪神・淡路大震災を起こした兵庫県南部地震での最大震度は4。— 災害担当記者のつぶやき (@antidisaster) 2018年6月17日 現場からは、揺れの大きさを伝える写真が数多く投稿されています。 身バレしちゃうけどこれはヤバみが深い pic.twitter.com/UinC3cQtzv— RRR (@Rsan0614MC) 2018年6月17日 ユニバ。ガラス割れた pic.twitter.com/IxPddJb1dg— モンブラン@スプラ垢 (@Oh20wSz) 2018年6月17日 ん~やっぱりかなり揺れたんだ。。。 pic.twitter.com/a76dHGQL6Y— のの (@CUTiE_LILIA) 2018年6月17日 JR西日本が全線ストップするなど、通勤・通学にも深刻な影響が出ている様子。 無論、万が一このような状況下で外出を要請されるようなことがあっても、可能な限り応じるべ...more
カテゴリー:

Motorsports: 第86回ル・マン24時間レースはトヨタが初制覇。アロンソは「トリプルクラウン」に王手 - 06月18日(月)06:00 

Filed under: トヨタ, モータースポーツ, レーシング 6月16~17日にフランス・サルトサーキットで開催されたル・マン24時間耐久レースで、日本から参戦したトヨタチーム(TOYOTA GAZOO Racing)の8号車が初優勝を達成しました。ドライバーは中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ブエミの3名。 日本のメーカーチームのル・マン総合優勝は1991年のマツダに続き2チームめ。日本人ドライバーの総合優勝は1995年の関谷正徳、2004年の荒聖治につづく3人目となりました。 Continue reading 第86回ル・マン24時間レースはトヨタが初制覇。アロンソは「トリプルクラウン」に王手第86回ル・マン24時間レースはトヨタが初制覇。アロンソは「トリプルクラウン」に王手 originally appeared on Autoblog Japan on Sun, 17 Jun 2018 17:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

大学は学生のYouTube活動にどう向き合うべきなのか? 中大生YouTuber炎上騒動で考える - 06月16日(土)15:55 

 小学生のなりたい職業に挙げられることもあるYouTuber。再生数ほしさに引き起こされる炎上事件も一部ではあるが、人気が出れば好きなことで大金を稼げる可能性もあり、いまや現役の大学生がYouTuberとして活躍する人も少なくない。  そんな中、今年5月、(自称)“ミスター中央大学”として活躍していたYouTuber・ステハゲが、中央大学当局から動画での言動が問題視され、結果として謝罪動画を投稿一部の動画を削除・修正するという事件が起きた。  奇しくも日大が悪質タックル問題で揺れていた裏で、ひっそり炎上していたステハゲ氏と中央大学。  いったい、炎上YouTuber大学生と大学当局とのあいだに何があったのか。 ◆「将来、働かずお金を稼ぐ方法をずっと考えていた」  ステハゲ氏は’95年6月生まれの現在22歳。高校卒業後、現役で大東文化大学スポーツ科学科に入学するも、「ハンドスプリングができず、テストで恥をかくのが嫌だった」との理由から3か月で中退。  それから約1年間の半ニート生活を経て、翌年9月英国の大学に進学するもたった1日でまたも中退。そこから実質3か月ほどの受験勉強で見事、中央大学に合格した。 「動画投稿は中1の時に始めました。ニコニコ動画にMAD動画を友達同士でアップして楽しんでいましたね。YouTuberを始めたのは、大学生活が暇だったのと、‘16年当時すで...more
カテゴリー:

もっと見る

「95年」の画像

もっと見る

「95年」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる