「60年」とは?

関連ニュース

張本さんにサッカーの話はムダ レアル偉業「あ、そう」イニエスタ来日も「へー」 - 05月27日(日)12:30 

「あ、そう」。野球評論家の張本勲氏(77)が、60年以上の歴史を誇るサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(UCL)史上初の偉業に示した反応は、この一言だけだった。
カテゴリー:

札幌・11人死亡の共同住宅火災に見る、生活困窮者支援の現実 - 05月27日(日)05:00 

5月27日(日)24時55分からの『NNNドキュメント'18』(日本テレビ)は、「そこで生きてきた 困窮者住宅で失われた11人の命(仮)」と題して放送する。1月31日、生活困窮者の住まいや食事提供などの支援をする北海道札幌市の共同住宅「そしあるハイム」で火災が発生。火はまたたく間に燃え広がり、11人が死亡する大惨事となった。入居者16人のうち13人は生活保護を受給していて、家族との繋がりがなく、路上生活から抜け出してきた人も少なくなかった。「そしあるハイム」は築60年の古い木造で、中央の廊下が煙と炎の通り道となり、逃げ道は部屋の窓しかない状態だった。ものの10分で火は建物全体を包み、激しい炎に包まれ、窓に取り付けられていた木の格子を壊して命からがら逃げたと語る生存者。「そしあるハイム」を運営していたのは、困窮者の支援を目的に活動する民間の会社。法的な位置づけのある福祉施設ではなかったため、厳しい防火対策は求められていなかったという。実はこれまでにも、秋田県や福岡県でも同じように困窮者や、行き場のない人を受け入れていた共同住宅や施設にて、多くの居住者が犠牲となる火事が起きている。どの建物も築年数が古い木造であることが共通している。困窮者を受け入れる共同住宅の運営は決して多くの利益を生まず、古く安い物件を活用するしかないからだ。行政機関ではこうした実態を見て見ぬふりをしてきた。規制がな...more
カテゴリー:

【研究】冬毛のイイズナ、地球温暖化による積雪減少のせいで捕食動物の格好の標的にされ局所絶滅の恐れ(写真あり) - 05月26日(土)03:47  newsplus

◆冬毛のイイズナ、積雪減少で局所絶滅の恐れ 研究 かつては雪原の中を誰にも気付かれずに跳ね回っていた、白い冬毛に覆われたイタチ科の哺乳類キタイイズナ(学名:Mustela nivalis nivalis)が現在、地球温暖化のせいで捕食動物の格好の標的にされているとの研究論文が24日、発表された。 問題は、外敵の目をくらますはずの擬態の「ミスマッチ」だ。 ポーランドのビャウォビエジャ(Bialowieza)の森では、気候変動が原因で積雪日数が過去50年間で半減したのに伴い、この地に生息する冬毛のキタイイズナの個体数が急減していること...
»続きを読む
カテゴリー:

浅草・観音裏のひとりもんじゃで昭和へタイムスリップ - 05月25日(金)20:00 

東京メトロ入谷駅とつくばエクスプレス浅草駅の中間、浅草寺裏手の一角は「観音裏」と呼ばれるディープなエリア。吉原遊郭の跡地にも近く、昭和の面影を残す建物や店もちらほら。そんなレトロな雰囲気が漂う地区に、お目当ての「三島屋」はある。四つ角に立地し、店舗をぐるりと囲む緑色のひさしテントが目印だ。 【写真を見る】香ばしいソースの香りで満たされる店内。あちらこちらに貼られた手書きのメニューに心が和む ■ ありそうでなかった画期的な、おひとりさま専用もんじゃ 三島屋は1950年にアイスキャンディや今川焼の店として入谷南公園の近くにオープン。数年後にこの場所へ移転し、以来60年以上愛され続けている。 店名の由来は、初代の出身地である新潟県三島(さんとう)郡から名付けられた。ゆえに「さんとう屋」が正しい読み方だが、お客さんから「みしま屋」と呼ばれ続けるうちに定着したという。 おひとりさま率70%という三島屋の人気メニューは「そばもんじゃ」350円。1人前(といってもかなり多め)がアツアツの鉄板で提供される。もんじゃといえば、水で溶いた小麦粉にキャベツや揚げ玉などの具材を加え、ウスターソースで味付けした下町グルメの代表格。おひとりさまの外食メニューにしてはなかなかハードルが高いが、三島屋では気軽に1人分が楽しめるとあって多くのひとり客から支持されている。 ステーキ用の鉄板上で1人前ずつ調理。かつお節...more
カテゴリー:

モーガン・フリーマンに対し性的不品行容疑で8人の女性が告訴 - 05月25日(金)19:30 

8人の女性がオスカー受賞俳優であるモーガン・フリーマンを性的不品行で訴えた。新たな報道によりフリーマンには、不適切な発言や女性たちが望まないスキンシップという長期に渡る悪癖があったとされる。モーガン・フリーマンが8人の女性にセクシャル・ハラスメントで訴えられた。米CNNが新たに発表したレポートでは、フリーマンの不適切な発言と望まないスキンシップのパターンが詳しく紹介されている。このCNNレポートの放送作家の一人クロエ・メラスは、オスカー受賞俳優のフリーマンのインタビューを撮影中に、共演者たちの前にもかかわらずメラスに対して好色な発言をしたと訴えた。CNNの取材に対し、多くの男性・女性関係者がフリーマンのパターン化された不適切な行為の信憑性を裏付けている。20代の制作アシスタントは2015年の映画『ジーサンズ はじめての強盗』の撮影中に、現在80歳になるフリーマンと何ヶ月も一緒に現場で仕事をしたのだが、彼女に対して不愉快な発言やスキンシップを繰り返したと言う。彼女曰く、フリーマンは彼女の体型にあれこれ意見を述べ、腰に手を回したり、さすったりした。そして「私が下着をつけているかをたずねながら」何度もスカートをめくろうとしたと、彼女はCNNに語った。当時、共演者のアラン・アーキンがフリーマンにやめるよう促したと言われている。また、映画『グランド・イリュージョン』のベテラン制作スタッフの一...more
カテゴリー:

オラオラ系から一転「王子が大渋滞」 王道王子様路線再評価のワケ - 05月27日(日)08:40 

 多角的プロジェクト『HiGH&LOW』に続き、LDHが新たな動きを見せている。『PRINCE OF LEGEND』と名付けられた新プロジェクトは、『HiGH&LOW』で見せた「全員主役」のギャング抗争から一転、新たに打ち出したのは「王子が大渋滞」と言うコンセプト。LDH所属のタレントたちが個性豊かな王子を演じるという。そもそも2000年代以降、イケメンの“いかつさ”が「カッコイイ」とされた傾向は、EXILEがけん引してきたと言えるはず。その大所帯が真逆にも見える方向に舵を切り、一斉に王子様化することとなったが、今や“王子様コンセプト”は若手俳優・アイドル界では主流となりつつある。まさに「王子が大渋滞」な状況は、現代のひとつのムーブメントと言えるだろう。 【写真】“オラオラ系”をけん引、EXILE AKIRA&三代目JSB岩田剛典ら炎の中で熱闘 ■“悪ガキ”が俳優・アイドルになった80年代、アイドル冬の時代にバラエティ進出した90年代  かつて、60年代の橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦による「御三家」や、70年代の郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎による「新御三家」と言われるような歌手は、テレビの向こうの大スター。ファンのみならず、一般の人々にとっては到底手が届かない、まさに王子様のような遠い存在だった。それが、80年代初頭には「ヤンキー=カッコいい」というイメージが定着、横浜銀蠅や...more
カテゴリー:

【アメフト】日大、スキャンダルまみれの田中英壽理事長&内田正人独裁経営…暴力団交際疑惑、リベート問題… ★2 - 05月26日(土)08:27  newsplus

日大、スキャンダルまみれの田中理事長=内田独裁経営…暴力団交際疑惑、リベート問題 2018.05.25 http://biz-journal.jp/i/2018/05/post_23468_entry_2.html  日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチが23日、記者会見を行った。関西学院大学のQB選手にタックルで負傷させる指示はしていないと話した。前日に会見した宮川泰介選手は、監督とコーチからの指示に従い思い悩んだ末に反則行為に及んだと告白したが、2人はこれを否定した格好だ。  23日の会見では、司会を務めた広報部職員が会見を強引に打ち...
»続きを読む
カテゴリー:

【アメフト】日大、スキャンダルまみれの田中英壽理事長&内田正人独裁経営…暴力団交際疑惑、リベート問題… - 05月25日(金)23:00  newsplus

日大、スキャンダルまみれの田中理事長=内田独裁経営…暴力団交際疑惑、リベート問題 2018.05.25 http://biz-journal.jp/i/2018/05/post_23468_entry_2.html  日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチが23日、記者会見を行った。関西学院大学のQB選手にタックルで負傷させる指示はしていないと話した。前日に会見した宮川泰介選手は、監督とコーチからの指示に従い思い悩んだ末に反則行為に及んだと告白したが、2人はこれを否定した格好だ。  23日の会見では、司会を務めた広報部職員が会見を強引に打ち...
»続きを読む
カテゴリー:

ウェス・アンダーソンが黒澤映画を熱弁。ストップモーション・アニメで得た新たな強みとは? - 05月25日(金)19:30 

第68回ベルリン国際映画祭でアニメーション作品としては異例の銀熊賞(監督賞)を受賞したストップモーション・アニメーション『犬ヶ島』(公開中)。全編日本を舞台に繰り広げられる本作には、ウェス・アンダーソン監督の日本への想いが随所に散りばめられている。このたび来日を果たしたアンダーソン監督に、日本映画への熱い想いを訊いた。 【写真を見る】世界中を魅了するウェス・アンダーソン監督が、日本映画への想いを語る! 『ライフ・アクアティック』(04)のプロモーション以来、じつに13年ぶりの来日となったアンダーソン監督は「『犬ヶ島』を製作し始めてから生まれた娘ももう2歳半になる。彼女も一緒に来たんだけど、生まれてからずっとこの映画と育ってきた。だから日本に来られることに大興奮していて、飛行機が着陸する前からずっと大はしゃぎだったんだ。おかげで僕もすごく気持ちが昂ぶってしまったよ」と満面の笑みを浮かべる。 本作の最大の注目点は、日本が世界に誇る巨匠・黒澤明監督へのオマージュが余すところなく込められていることだ。「僕が初めて観た黒澤監督の映画は『羅生門』で、それを観られたということだけでものすごく感激したんだ。でも当時はまだVHSだったから、画質は最悪だったけどね(笑)」と黒澤映画とのほろ苦い出会いを振り返る。 「この映画を作るにあたって、黒澤監督の作品をすべて観直したんだ。でも特定のシーンをそのまま...more
カテゴリー:

【自動車】トヨタ、米の車輸入制限に反対 「決定、信じがたい」 - 05月25日(金)11:57  bizplus

【シリコンバレー=白石武志】トヨタ自動車の米国法人は24日、トランプ米政権が検討している自動車の輸入制限に反対すると表明した。同政権は自動車の輸入増が米国の安全保障上の脅威になっている恐れがあるとして関係省庁に調査を指示したが、トヨタは声明の中で「自動車産業のグローバルな性質などを踏まえると、そのような決定は信じがたい」と主張した。 トランプ大統領は23日にロス商務長官と会談し、通商拡大法232条に基づき乗用車やトラック、自動車部品を対象に安保上の脅威の有無について調査を指示した。同条は輸入増が安保...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「60年」の画像

もっと見る

「60年」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる