「21年」とは?

関連ニュース

ハダースフィールド、モナコからフランスの若手FWを3年契約で獲得 - 07月22日(日)00:04 

 ハダースフィールドが20日、モナコからフランス人FWアダマ・ディアカビを獲得したと発表した。2021年までの3年契約で、移籍金は500万ユーロ(約7億円)と推定されている。  獲得に際してデイヴィッ
カテゴリー:

ファーストコーポレーションの中期経営計画(2019年5期~2021年5期) - 07月20日(金)14:33 

ファーストコーポレーション(東1)は、第8期事業年度(19年5月期)を初年度とする3カ年の中期経営計画「Innovation2018」を策定した。
カテゴリー:

福岡市博多区の青果市場跡、九州初のららぽーとに 2021年末頃開業へ - 07月20日(金)11:56 

福岡市は19日、福岡市博多区那珂の青果市場跡地再開発で、三井不動産、九州電力、西日本鉄道で構成する企業グループを事業者に選んだ。
カテゴリー:

政府、世界遺産候補に東北の縄文遺跡群を推薦へ 同時代の世界遺産ピラミッド、パルテノン神殿 - 07月19日(木)22:28  poverty

世界遺産候補に縄文遺跡群 政府、20年登録へ推薦検討 国の文化審議会は19日、世界文化遺産の新たな候補に「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)を選んだ。 地元自治体は2020年の登録を目指しており、政府は19年2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出するかどうか検討する。 文化審は19日の会合で、縄文遺跡群は世界遺産にふさわしい顕著な普遍的価値が認められる可能性があり、推薦内容の検討状況が相対的に進んでいるとして候補に選んだ。 ただユネスコへの推薦枠は文化、自然...
»続きを読む
カテゴリー:

全ては中国封じのため。米ロ首脳会談が日本にメリットだらけな訳 - 07月19日(木)21:00 

7月16日に米ロ首脳会談が開催されましたが、ロシアゲート疑惑やクリミア併合問題で緊張が続く中、いったいどんな交渉がなされたのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、米中覇権争奪戦渦中の世界情勢の観点からみれば「具体的合意事項がなかった」点にメリットが多いとし、その根拠について解説しています。 トランプープーチン会談の結果は??? トランプさんとプーチンさんは7月16日、フィンランドの首都ヘルシンキで会談しました。どうだったのでしょうか? 毎日新聞7月17日付を見てみましょう。 <米露首脳会談>核軍縮延長協議へ 具体的な合意事項なく 毎日新聞 7/17(火)1:32配信   【ヘルシンキ高本耕太、モスクワ大前仁】トランプ米大統領とプーチン露大統領は16日、フィンランドの首都ヘルシンキの大統領公邸で会談した。会談後の共同記者会見で、プーチン氏は2021年に期限を迎える米露間の新戦略兵器削減条約(新START)の延長のために協議する必要性を強調した。首脳同士の直接対話が冷戦後最悪とされる両国関係の改善の契機となるか注目されたが、具体的な合意事項はなく、トランプ氏は「(関係改善に向けた)長いプロセスの始まりだ」と語った。 「具体的な合意事項はなく」だそうです。 トランプ氏はロシアによる16年米大統領選への介入疑惑について、「長...more
カテゴリー:

Motorsports: ハミルトンがメルセデスAMG F1との契約を2020年まで更新。他チームとの接触も明かす #F1JP - 07月20日(金)19:00 

Filed under: 有名人, モータースポーツ, メルセデス・ベンツ, レーシングメルセデスAMG F1チームのルイス・ハミルトンが、2020年までの2年間、メルセデスにとどまることを明らかにしました。 前回の契約更新は2016~2018年までの3年間だったものの、今回は2年間と刻んできた理由について、ハミルトンは2021年に大きくF1のレギュレーションが変わる予定であることを挙げ、直前の2020年までとすることでチーム選択の余地を残したと説明しています。また今回の契約更新を前に、メルセデス以外のチームからも接触があったことを認めました。Continue reading ハミルトンがメルセデスAMG F1との契約を2020年まで更新。他チームとの接触も明かす #F1JPハミルトンがメルセデスAMG F1との契約を2020年まで更新。他チームとの接触も明かす #F1JP originally appeared on Autoblog Japan on Fri, 20 Jul 2018 06:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

シンエヴァンゲリオン、2021年公開決定 - 07月20日(金)13:23  livejupiter

未来のミライで予告 ※前スレ シンエヴァンゲリオン、2020年公開決定 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/15 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【鉄道】JR北海道に400億円 19、20年度 国が追加支援策 助成や無利子貸し付け - 07月20日(金)07:03  newsplus

◆JR北海道に400億円 19、20年度 国が追加支援策 07/20 02:09 北海道新聞  経営悪化に伴い赤字路線の見直しを進めているJR北海道に対し、国が検討している財政支援の規模が2019、20年度の2年間で総額約400億円に上る見通しであることが19日、分かった。青函トンネルの維持管理費や貨物列車の運行で生じる費用負担の軽減、宗谷線名寄―稚内間など「単独維持困難」とされる7路線8区間の維持に充てる。  国は支援の大まかな方向性を月内にも示す。支援は鉄道建設・運輸施設整備支援機構の特例業務勘定を通...
»続きを読む
カテゴリー:

県庁所在地の駅でクッソショボい青森駅西口 いよいよ建て替えられる - 07月19日(木)22:03  news

青森駅の東西自由通路 10月ごろに着工へ https://www.toonippo.co.jp/articles/-/57528 現在の青森駅西口 新しい西口駅前広場と東西自由通路外観のイメージ(青森市提供) 東西自由通路内観のイメージ(青森市提供) 青森市の小野寺晃彦市長は18日の記者会見で、JR青森駅の建て替えや 東西自由通路整備について、県、JR東日本と工事の施行協定を結んだと発表した。 10月ごろにも着工する。実施設計の結果、西口駅前広場の整備を含む概算事業費は、 2016年2月時点の試算より1億5千万円減少し、95億8千万円となった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ワシントン条約でニホンウナギの貿易規制の議論がスタート。規制反対の日本ピンチ! - 07月19日(木)14:54  poverty

ワシントン条約でニホンウナギの貿易規制の議論がスタート。規制反対の日本は苦しい状況。 悲喜こもごもの日本のウナギ市場ですが、海外でも重要な会議が行われています。 スイスで開催中のワシントン条約(CIETS)の委員会で、ウナギの規制について話し合われているのです。規制に反対する日本は、崖っぷちに追い込まれています。 ワシントン条約(CIETS)は、絶滅の恐れのある野生動物を保護するために、貿易規制を行う国際条約です。 ヨーロッパウナギは平成19年にワシントン条約の附属書に掲載され、平成21年から貿易取引が...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「21年」の画像

もっと見る

「21年」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる