「2022年」とは?

関連ニュース

18歳で成人確定 - 05月25日(金)18:12  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000075-jij-pol 成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案が25日の衆院法務委員会で自民、公明、日本維新の会の賛成多数で可決された。  月内にも衆院本会議で可決され、参院に送付される見通し。  改正案は、成人年齢を引き下げる一方、女性が結婚できる年齢を16歳から18歳に引き上げ、男女で統一。飲酒や喫煙、公営ギャンブルの解禁年齢は現行の20歳を維持する。成立すれば2022年4月に施行される。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

3コンテンツをリニューアル「東京ワンピースタワー」5/26は子ども無料DAY - 05月25日(金)12:45 

 「ONE PIECE」の常設アトラクションテーマパーク「東京ワンピースタワー」では、毎月最終土曜日に幼児・小学生の入園が無料になる「子ども無料DAY」を開催している。次回は2018年5月26日が対象。当日券600円の幼児・小学生のPARK PASS(入園・アトラクション利用)が無料になる。 東京ワンピースタワーは、2015年3月に東京タワーフットタウン内にオープンした全天候型の屋内テーマパーク。大人気漫画・アニメ「ONE PIECE」の世界観を体感できるアトラクションやライブショー、レストラン、オリジナルグッズが買えるショップなどが立ち並び、作品の魅力を堪能できる。 4年目に突入した2018年は、4月21日に5階てっぺんフロアにある3つのコンテンツをリニューアルし、さらに進化をとげている。「ルフィのエンドレスアドベンチャー」内の4D体感シアターは名称を「バトルシアター」に変えてリニューアル。東京ワンピースタワーでしか見ることのできない完全オリジナルストーリーを上映している。 プロジェクションマッピングや照明技術を駆使したライブ・エンターテインメントショー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION『PHANTOM』」では、登場キャラクターが一新し“麦わらの一味”との新たな闘いを繰り広げる。多数の原画イラストなどを展示する特別企画展「ログ ギャラリー」では、“敵(ライバル)...more
カテゴリー:

暗号の魅力 - 05月24日(木)05:43  news

暗号化/鍵管理市場は2022年まで年間平均3.5%で成長し161億円へ――IDC予測 https://enterprisezine.jp/article/detail/10763  彡⌒ミ   (・ω・)   0015 0901 2515 0021 0715 2601 0009 1301 1915   / し'⌒彡 解読できるかな?   \  ノ     YY     ^ ^ ...
»続きを読む
カテゴリー:

スターバックスのモバイル支払いサービス、Apple Payを微差でリード(米国内) - 05月23日(水)09:57 

誰もができるだけ早くコーヒーを飲みたがっている。Starbucks は独自のモバイル支払いサービスを2011年にスタートし、モバイル支払いユーザーの数ではApple Pay、Google Pay、Samsung Payを上回っている。今日(米国時間5/22)のeMarketerの最新レポートが報じた。しかし、StarbucksとApple Payとの差はごくわずかだ —— 2017年に同サービスの米国内ユーザーは2070万人で、対するApple Payは1970万人だった。その差は今年も小さいままで、Starbucksが2340万人、Apple Payの利用者は2200万人だ。 Starbucksのモバイル支払いが広く普及している理由は、このバーコードベースの支払いシステムが提供するスピードと利便性だけではない —— 支払いサービスが店への愛着と結びついているからであり、Starbucksアプリは顧客がカード残高と “star rewards” の確認と管理をする場になっている。さらにStarbucksには、全店舗を通じて一貫した支払いシステムを提供しているという強みがある —— 消費者はこの店でモバイル支払いサービスを利用できるかどうかを考える必要がない。使えることがわかっているから...more
カテゴリー:

国内ロボティックシステム市場、2022年に2兆8395億円規模へ拡大--IDC Japan予測 - 05月22日(火)13:57 

IDC Japanは、国内商用ロボティクス市場における産業分野別/ユースケース別支出額の予測を発表した。
カテゴリー:

堅調に成長する国内DLPと暗号化/鍵管理製品市場、2022年には合計222億円規模に――IDC Japanが予測 - 05月25日(金)13:00 

IDC Japanは、DLP(Data Loss Prevention)製品と暗号化/鍵管理製品の国内市場規模について、2018〜2022年の予測を発表した。DLPは、2017年の57億円から2022年は61億円に、暗号化/鍵管理は、同135億円から161億円に拡大すると予測する。
カテゴリー:

国内の情報保護対策背印市場は2022年に61億円へ拡大 - IDCが調査 - 05月24日(木)14:24 

IDC Japanは5月23日、国内のDLP(Data Loss Prevention)製品と暗号化/鍵管理製品の市場について2018年~2022年の予測を発表した。これによると、DLP市場は2017年の57億円から2022年には61億円に、暗号化/鍵管理市場は同135億円から161億円に、それぞれ拡大するという。
カテゴリー:

2017年の国内DLP市場は57億円、前年比2.0%増--IDC Japan - 05月23日(水)14:28 

IDC Japanは5月23日、情報保護対策製品であるデータ損失防止(DLP)製品と暗号化/鍵管理製品の国内市場について、2018~2022年の予測を発表した。
カテゴリー:

EUのエネルギー事情:原子力はフランス、天然ガスはイギリス、石炭はドイツ、風力・太陽光・バイオマスはドイツ・・・ - 05月23日(水)05:00 

イギリスのシンクタンク Sandbag とドイツのシンクタンク Agora Energiewende が今年1月30日に発表した “Energy Transition in the Power Sector in Europe : State of Affairs in 2017” によると、欧州連合(European Union(EU))28ヶ国全体での近年の主なエネルギー事情は、以下の通り。 最近特に、世界的にも“脱石炭”への動きが顕著になってきたと言われているが、EU各国の動きは決して統一的なものになっていない。 EUの統計上、石炭には無煙炭(Haed Coal)と褐炭(Lignite)がある。無煙炭発電量は減少傾向にあるが、褐炭発電量はほぼ横這い。無煙炭発電量と褐炭発電量、これらを合わせた石炭発電量のいずれも、ドイツが最大。<資料1> <資料1> “Energy Transition in the Power Sector in Europe : State of Affairs in 2017”石炭火力発電所の閉鎖を宣言している国・年は、イギリス2025年、フランス2022年、オランダ2030年、イタリア2025年、オーストリア2025年、ポルトガル2030年、スウェーデン2022年、フィンランド2030年など。ドイツ、スペインその他EUの諸国は宣言していない。<資料2>...more
カテゴリー:

国内ミドルウェア市場は2022年に6500億円超へ拡大 - IDC - 05月22日(火)09:31 

IDC Japanは5月21日、国内ミドルウェア市場を調査し、2022年までの同市場の予測を発表した。2017年における同市場の規模は、2016年比6.8%増の4604億5700万円だとなり、2022年まで年間平均成長率(CAGR) 7.3%で成長を続け、2022年における規模は6559億3800万円に拡大するという。
カテゴリー:

もっと見る

「2022年」の画像

もっと見る

「2022年」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる