「1990年代」とは?

関連ニュース

メディアの変化で「音楽コンテンツの命」はどう変わったのか (2/3) - ITmedia NEWS - 06月21日(木)19:03 

メディアの変化で「音楽コンテンツの命」はどう変わったのか (2/3) - ITmedia NEWS「メディアを入れ替えて再生」しなくなったことで「アルバム」は解体した ここに大きな変化が生まれるのは、2001年にアップルが「iPod」を発売した後のことである。1990年代末には、CDから楽曲をリッピングし、MP3などのファイルにして保存することが可能になっていた。そのため海賊版の問題も出ていたが、音楽市場に、...
カテゴリー:

徳永英明の声を聴き比べてみよう - 06月21日(木)12:22 

徳永英明が7月4日にリリースするセルフカバーベストアルバム『永遠の果てに~セルフカヴァー・ベストI~』の特設サイトがオープンした。本作には、1986年に発表したデビュー曲「レイニー ブルー」から1990年代前半まで...
カテゴリー:

【サッカー】日本人女性への侮辱、コロンビア元伝説的選手アスプリージャ氏が謝罪「日本の友よ…コロンビアを代表して謝罪します」 - 06月21日(木)10:52  mnewsplus

19日、ロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア対日本(1-2)の試合終了後、コロンビア人男性グループが日本人と思われる女性に対して侮辱的な言葉を誘導したことが問題となっている。 これを受けて1990年代にコロンビア代表の名ストライカーとして名を馳せたファウスティーノ・アスプリージャ氏が、同国人による日本人女性への侮辱行為について謝罪した。 SNS上で公開された動画には、コロンビア人男性が日本人とみられる女性にスペイン語で、「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」と試合結...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<日本人女性への侮辱問題>コロンビア政府が声明!元伝説的選手アスプリージャも謝罪「日本の友人たちよ…」 - 06月20日(水)20:22  mnewsplus

19日、ロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア対日本(1-2)の試合終了後、コロンビア人男性グループが日本人と思われる女性に対して侮辱的な言葉を誘導したことが問題となっている。 これを受けて1990年代にコロンビア代表の名ストライカーとして名を馳せたファウスティーノ・アスプリージャ氏が、同国人による日本人女性への侮辱行為について謝罪した。 SNS上で公開された動画には、コロンビア人男性が日本人とみられる女性にスペイン語で、「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」と試合結...
»続きを読む
カテゴリー:

パソナ 神戸市「留学生等合同企業説明会実施運営業務」を受託 日本での就職を希望している外国人留学生を対象にした就職イベント - 06月20日(水)14:30 

[株式会社パソナグループ] パソナでは1990年代から就職活動セミナーや合同企業説明会「JOB博」を通じて、外国人留学生の就職支援サービスを行ってきました。『国際都市KOBEで働こう!外国人のための合同企業説明会』では、これまで培った留...
カテゴリー:

【音楽】徳永英明、セルフカバーベストアルバムリリースで特設サイトオープン 収録曲とその原曲を聴き比べてみよう - 06月21日(木)13:11  mnewsplus

https://www.barks.jp/news/?id=1000156609 2018.6.21 12:22 徳永英明が7月4日にリリースするセルフカバーベストアルバム『永遠の果てに~セルフカヴァー・ベストI~』の特設サイトがオープンした。 本作には、1986年に発表したデビュー曲「レイニー ブルー」から1990年代前半までのヒット曲を全10曲収録。初回限定盤Bにのみボーナストラックとして「愛という名の真実」も収録される。 特設サイトではベストアルバム収録曲とその原曲を聴き比べることができるほか、コラムや楽曲解説などのコーナーが展開されているのでチェックし...
»続きを読む
カテゴリー:

アウディA6アヴァント──死角なしの万能プレイヤー - 06月21日(木)12:00 

フラッグシップの『A8』にステーションワゴンが設定されていないアウディにおいて、もっとも大きいワゴンとなるのが『A6アヴァント』だ。『A6』シリーズでは、『A6セダン』が先行してフルモデルチェンジを受けていたが、オーナーのあらゆるライフスタイルに寄り添う知的なオールラウンドプレイヤーというべき『A6アヴァント』にも新型車が登場した。アウディの最新のデザイン言語と最新テクノロジーが採用され、「今欲しいEセグメントワゴン」としての魅力が詰まった一台となっている。 かつての旗艦モデル、アウディ『100』から始まった『A6アヴァント』の歴史 カーガイなら、アウディ『100』というクルマを覚えているかもしれない。デビューは1968年。幾度かのモデルチェンジを経て、1990年代の終わりまで生産された当時のフラッグシップモデルだ。『A6』という車名は、じつは『100』が4代目へとマイナーチェンジした際に与えられた名前である。 『100』には、3世代目から「アヴァント」が登場しており、1984年には日本にも導入された。アウディの代名詞である4WDシステム「クワトロ」も選ぶことができ、当時のCMではスキージャンプ台の急勾配を駆け上がってそのパフォーマンスをアピールした。2005年には、3代目『A6アヴァント』のキャンペーンでリバイバルCMが放送されたので、目にした人も多いだろう。 このときから...more
カテゴリー:

【サッカー】<日本人女性への侮辱問題>コロンビア政府が声明!元伝説的選手アスプリージャも謝罪「日本の友人たちよ…」★2 - 06月21日(木)06:06  mnewsplus

19日、ロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア対日本(1-2)の試合終了後、コロンビア人男性グループが日本人と思われる女性に対して侮辱的な言葉を誘導したことが問題となっている。 これを受けて1990年代にコロンビア代表の名ストライカーとして名を馳せたファウスティーノ・アスプリージャ氏が、同国人による日本人女性への侮辱行為について謝罪した。 SNS上で公開された動画には、コロンビア人男性が日本人とみられる女性にスペイン語で、「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」と試合結...
»続きを読む
カテゴリー:

「位置情報3.0」時代を支えるデータ活用プラットフォームへ、クロスロケーションズが数億円を調達 - 06月20日(水)15:29 

位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」を開発するクロスロケーションズは6月20日、NTTドコモ・ベンチャーズ、アイリッジ、アドインテより資金調達を実施したことを明らかにした。具体的な調達額は非公開だが、数億円規模になるという。 今回調達した資金をもとにLocation AI Platformの開発体制を強化し、機能拡充や調達先各社との協業に向けたシステム開発を進める。 位置情報3.0時代へ 近年スマホを始めとする新しいデバイスやメディア、テクノロジーの登場によって、さまざまな領域でパラダイムシフトが起こり始めている。 クロスロケーションズが取り組む「位置情報データ」もまさにそのひとつ。同社で代表取締役を務める小尾一介氏は「世の中が『位置情報3.0時代』へと向かっている最中であり、全く新しいデータの世界へ突入しようとしている」という。 位置情報データがビジネスで活用される一例としてイメージしやすいのが、1990年代の後半から普及したGPS搭載のカーナビだ。小尾氏はこのような仕組みを位置情報1.0と説明する。その後スマホの普及で2.0の時代が到来。そして今、日本版GPS「みちびき」の本格運用や各種センサー、IoTデバイスなどの進化によって3.0時代を迎えようとしている。 1.0の時代は地図関係の情報などがメインで、そこに人の要...more
カテゴリー:

サイレントメビウス:新作「QD」が最終回 14年ぶり復活も話題に - 06月20日(水)10:30 

 1990年代にアニメ化されるなど人気を集めた麻宮騎亜さんのマンガ「サイレントメビウス」の新作「サイレントメビウスQD(クアドリガ)」が、20日発売のマンガ誌「月刊ヤングマガジン」(講談社)7月号で…
カテゴリー:

もっと見る

「1990年代」の画像

もっと見る

「1990年代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる