「鹿賀丈史」とは?

関連ニュース

浅利慶太さん死去 鹿賀丈史、市村正親など、そうそうたる顔ぶれの弟子たち - 07月19日(木)22:00 

「劇団四季」創設メンバーで劇作家の浅利慶太さんが7月13日に亡くなっていたことが、18日にわかった。85歳だった。これを受け、同劇団出身の俳優の鹿賀丈史が記者会見を開き、「厳...
カテゴリー:

鹿賀丈史涙、市村正親誓った 愛弟子が浅利さん悼む - 07月19日(木)07:53 

 劇団四季の元代表で、「キャッツ」「ライオンキング」のミュージカルを手掛けた演出家の浅利慶太(あさり・けいた)さんが13日午後5時33分、悪性リンパ腫のため都内の病院で亡くなった。85歳だった。      ◇    ◇    ◇  浅利…
カテゴリー:

鹿賀丈史、浅利慶太さん訃報に涙「芝居を一から教えてもらった」 - 07月19日(木)04:14 

 劇団四季創設者の一人で劇団代表も務めた演出家・浅利慶太さんが13日、85歳で亡くなった。訃報が伝えられたきょう18日、都内で劇団四季出身の俳優・鹿賀丈史(67)が会見を行った。  鹿賀は1972年に劇団四季に入団。芸名...
カテゴリー:

青木崇高、「西郷どん」で慶喜演じる松田翔太との演技は『冷静さをかいたバチバチのやりとり』 - 07月15日(日)11:00 

鈴木亮平が主演を務める大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が7月15日(日)の放送から新たな局面を迎える。2度の島流しから帰ってきた主人公・吉之助(鈴木)が、ついに革命の表舞台へと上がっていくのだ。 【写真を見る】7月15日(日)放送回で、吉之助(鈴木亮平)と向き合う慶喜(松田翔太)/(C)NHK そんな吉之助に島流しの刑を下した張本人でありながら、呼び戻した人物でもあるのが国父の島津久光(青木崇高)である。 久光は、吉之助の“生涯の敵”と言われており、常に反発しあう間柄。クセの強いキャラクター・久光を演じる青木にインタビューを行い、久光の吉之助への思いや、撮影現場の雰囲気などを聞いた。 ■ 人間的なエピソードがたくさん残っている人 ――今回が3度目の大河ドラマ出演ですが、学ぶことは今でも多いんでしょうか? そうですね。スタッフさんたちが持っていらっしゃる技術や知識がとんでもない量なので、聞けば聞くほど勉強になります。 始めて参加した時は、あまり質問できずに「あ、そうなんだ!」と気付くことが多かったんです。でも今はスタッフさんに積極的にいろんなことを聞くようにしています。 衣装さんや美術さんなどに小物の色や身に着けるものについて相談して、そこからキャラクターを探っていくんです。 ずっと勉強し続けることができるので、他の作品に出る時でもこの現場に...more
カテゴリー:

浅利慶太さん死去… 鹿賀丈史号泣「先生がいなかったら今の僕はいない」 市村正親「後輩たちに語り継いでいく」 - 07月19日(木)11:30 

演劇界のカリスマが旅立った。13日、悪性リンパ腫のため85歳で死去した劇団四季の創設メンバーで演出家の浅利慶太さん。劇団四季出身で俳優の鹿賀丈史(67)と市村正…
カテゴリー:

鹿賀丈史さん涙「浅利先生がいなかったら僕はいない」 - 07月19日(木)05:10 

 劇団四季の創設者の一人で、演出家の浅利慶太さんが亡くなった。 かつて劇団四季にも所属していた俳優の鹿賀丈史さん(67)は、「1972年に四季の研究所に入って、一から育てていただきました。先生の40歳…
カテゴリー:

鹿賀丈史涙、芸名は浅利氏から「非常に魅力的な方」 - 07月18日(水)21:34 

 浅利慶太さんの訃報を受けて18日、劇団四季出身の俳優鹿賀丈史(67)が都内の所属事務所で会見を行った。  鹿賀は72年に劇団四季入りし、翌73年に「イエス・キリスト=スーパースター」で主役として舞台デビュー。以後、退団までの約8年、劇…
カテゴリー:

「鹿賀丈史」の画像

もっと見る

「鹿賀丈史」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる