「高齢化」とは?

関連ニュース

【悲報】寺「檀家やめるなら700万円払ってね」 高額な離檀料を求めるトラブル相次ぐ - 08月15日(水)23:08  poverty

少子高齢化による後継者の不在などが理由で墓を撤去し、寺などに遺骨の管理を任せる「永代供養」に切りかえる人が増えています。「墓じまい」ともいわれる動きが広がる中、新たなトラブルも起きています。  兵庫県姫路市にある「名古山霊苑」お盆に入り家族連れが訪れています。交通の便が良いこともあり人気を集めてきた霊園ですが、墓を返還する人が年々増加しています。 今月20日からは過去最多となる55区画の応募を受け付けることになりました。  「3年前くらいから増えてるんじゃないかと思うんですけど、今年度も既...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜアベノミクスが失敗したのか…その原因が判明! 世界中の知識人は同じ原因を指摘していた! - 08月15日(水)14:24  poverty

■野口悠紀雄 米国並みにまで生産性を高められると思う。 ただ、労働力人口が減ることによる成長率のマイナスを埋め合わせるほどの力はないだろう。 そう考えると移民の受け入れしかない ■竹中平蔵 移民を受け入れればいいんですよ。それで、普通はアメリカでも オーストラリアでも成長戦略を議論する場合には、必ず最初に移民の問題を議論するんです。 ■ケネス・ロゴフ 日本は移民労働者を受け入れる環境をもっと整備する必要がある。 2020年の東京五輪開催に迫られて、日本政府は海外から建設労働者を受け入れる際の障害を...
»続きを読む
カテゴリー:

AI、ついに医師に匹敵する精度へ 患者に最適な治療方針を正確に提案 - 08月15日(水)11:35  poverty

DeepMindのAI、50件超の眼病を診断--医師に匹敵する94%の精度を達成  Googleの親会社であるAlphabet傘下のDeepMindは、人工知能(AI)をヘルスケア分野に応用することの特効性に大きな重点を置いており、英国時間8月13日、AIを利用して眼疾患を診断する上での進歩を示す研究結果を発表した。  医学分野の学術誌「Nature Medicine」に掲載された研究報告によると、DeepMindは、ロンドンにあるムーアフィールド眼科病院と提携してアルゴリズムを訓練したところ、 失明のおそれがある50件超の疾患を検出し、専門臨床医と同じ精度...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】TOKIO城島茂、「五十肩」だけではない哀しき“老化現象” - 08月15日(水)10:34  mnewsplus

今年の11月に48歳になるTOKIOのリーダー・城島茂。そんな彼が“年齢”を痛感する出来事が、 8月7日に行われたオンラインバトルロイヤルゲーム「フォートナイト×TOKIO」の新CMプレス発表会で起きた。 「城島と長瀬智也はゲームキャラクターのコスチュームで登場。CMではゲーム内のダンスモーション『エモートダンス』を披露しているのですが、 長瀬が『弾けてしまえば、誰にでも出来てしまうレベルのダンス』と余裕を見せた一方、城島は『僕は結構この肩をあげなくてはいけなくて、 右肩が上がりにくくて…こっちは上がるんですけど』『...
»続きを読む
カテゴリー:

【倭寇に略奪された】国宝や重文含む文化財、115件が盗難 半数は行方不明 - 08月15日(水)05:41  newsplus

8/15 5:06 国宝や国の重要文化財(重文)、都道府県の文化財に指定された美術工芸品について、行政機関に盗難被害が届けられた件数が115件(国78件、18都道県計37件)にのぼることが朝日新聞の調べでわかった。そのうち半数余は行方が分からないままだ。未指定の仏像などを狙う窃盗も相次いでいる。信仰の対象や地域の宝とされてきた文化財が次々と失われている。 朝日新聞は有形文化財のうち美術工芸品(国、都道府県の指定はともに1万件余)に着目し、国と都道府県に取材した。国宝・重文では、仏像の花飾りが持ち去られ...
»続きを読む
カテゴリー:

金融庁:銀行の平日休業が可能に 16日に施行 - 08月15日(水)18:13 

銀行法施行令を改正  金融庁は15日、銀行や信用金庫といった金融機関が平日に休業できるよう改正した銀行法施行令などを16日に施行すると発表した。  地方銀行や信用金庫、信用組合などは少子高齢化で地域の店舗網の維持が難しくなっているが、隔日での営業も可能になり、少人数で店舗を運営できる。人件費などのコ
カテゴリー:

終戦の日:豊川空襲の悲劇、後世に 愛知・語り部を養成 - 08月15日(水)13:44 

 「東洋一の兵器工場」と呼ばれ、終戦直前の米軍空襲で2500人以上が犠牲となった旧豊川海軍工廠(こうしょう)(愛知県豊川市)。空襲体験者の高齢化が進む中、市は6月に跡地を平和公園として整備し、戦争を経験していない世代を語り継ぎガイドに養成して、不戦を願う思いを後世につなぐ。
カテゴリー:

まじめに日本の将来を語らないか?少子高齢化問題について。データ準備してるぞ - 08月15日(水)10:49  news4vip

まず、少子高齢化が具体的にどんな感じで数値で現れているか 人口に対する年齢層の推移のグラフがこちら 目に見えておかわりいただけるだろう ...
»続きを読む
カテゴリー:

戦争遺品公的保管に限界も 遺族高齢化増える寄贈 北九州市の博物館1100点超 - 08月15日(水)06:00 

戦後73年が経過し、全国の公的施設で戦没者の遺品の収蔵が増えている。遺族の高齢化が進んで遺品の保管に苦慮しての寄贈...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

日本の「海水浴離れ」が深刻化。それでも湘南・三浦が賑わう理由 - 08月15日(水)05:00 

いま、日本全国で海水浴客が激減しています。その数は、ピークだった33年前の2割にも満たないとのデータもあり、猛暑の続く日本の夏から「海水浴」という娯楽が消える日も遠くないのかもしれません。そんな状況にあって、徐々に客足を取り戻しつつあるのが神奈川の湘南・三浦半島の海水浴場です。新しい「海の家」、騒音問題の解決など、そこには並々ならぬ努力と苦悩、そして巧みな戦略がありました。フリー・エディター&ライターでビジネス分野のジャーナリストとして活躍中の長浜淳之介さんが、現地に直接足を運び、海人気「復活」の理由とその奮闘ぶりを詳しく分析しています。 日本の「海水浴離れ」が進む中、賑わいを取り戻した湘南・三浦半島の奮闘 夏のレジャーで海離れが進んでいる中、神奈川県の湘南から三浦半島の海水浴場は、家族で楽しめるファミリービーチとしての魅力アップをはかり、「去年の2割近く客数が増えている」(三浦海岸海水浴場組合)、「クラブ化問題の解決が進み基本的に昨年並み。昨年も梅雨明けが早く7月は良かった」(鎌倉市観光課、逗子市経済観光課)と前半戦は順調に集客している。特に三浦海岸は東京に近い立地を活かして、関東で最長の9月31日まで海開きを行い、攻めの姿勢で大幅な集客増を狙う。 関西最大の海水浴場、須磨海水浴場(神戸市須磨区)が昨年の6割程度の客数にとどまるなど、外出を控えるほどの猛暑の影響もあり、全国的に...more
カテゴリー:

もっと見る

「高齢化」の画像

もっと見る

「高齢化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる