「高梨沙羅」とは?

関連ニュース

【平昌五輪】日本、史上最多11個目のメダル獲得!団体追い抜きの金で98年長野大会を超える - 02月21日(水)22:49  mnewsplus

平昌五輪は21日、スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)が行われ、高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃、菊池彩花の日本チームが決勝で オランダを破り金メダルを獲得。2分53秒89は五輪新記録だった。日本勢今大会11個目となるメダルは、1998年の長野五輪の10個を越え、冬季五輪史上最多となった。  準決勝では高木美帆、高木菜那、菊池彩花の3選手で臨み、カナダに勝利。決勝では菊池を佐藤綾乃に変更した。序盤、リードを奪うも、中盤でオランダに 逆転を許す展開。ラスト1周でリードを奪い返すと、最後は1秒58差をつけ...
»続きを読む
カテゴリー:

2月21日(水)の平昌オリンピック テレビ中継 - 02月21日(水)07:00 

■ 『地上波』 【写真を見る】高梨沙羅、高木美帆、伊藤有希(写真左から) 朝9:30「フィギュアスケート女子シングル・ショートプログラム」NHK総合 朝9:30「スノーボード・男子ビッグエア予選」、「フリースタイルスキー男子スキークロス決勝」フジテレビ系 昼2:50「カーリング男子予選リーグ・日本×韓国」、「アルペンスキー女子滑降」NHK総合 夜7:00「スピードスケート・女子チームパシュート決勝、男子チームパシュート決勝」日本テレビ系 夜7:30「カーリング女子予選リーグ・日本×スイス」NHK総合 夜10:00「カーリング女子予選リーグ・日本×スイス」NHK総合 ■ 『NHKBS1』 朝8:55「カーリング女子予選リーグ」 昼0:10「スノーボード・男子ビッグエア予選」、「フリースタイルスキー男子スキークロス決勝」 昼3:00「アルペンスキー女子滑降」 昼4:50「クロスカントリー男女チームスプリント予選」 夜6:50「クロスカントリー男女チームスプリント決勝」 夜8:00「スピードスケート・男女チームパシュート決勝」 夜10:50「フィギュアスケート女子シングル・ショートプログラム」、「フリースタイルスキー男子スキークロス予選、決勝」(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・吉本実憂が冬季五輪フィギュアのメダル獲得に「プレッシャーの中で結果を残す選手がすごくカッコイイ」 ・浅田...more
カテゴリー:

高梨沙羅 銅メダルの追い風呼んだ「風の神への極秘参拝」 - 02月21日(水)06:00 

ジャンプ女子で銅メダルに輝いた高梨沙羅(21)。 “天才少女”として挑むも、まさかの失速となった14年のソチ五輪。あれから4年、高梨は“プレッシャーに弱い”という汚名を返上し、平昌の表彰台で輝く笑顔を見せた。 そんな彼女の大きな飛翔には、ある“追い風”があったという。 「昨年10月に高梨さんがお参りにきたので“本番で必要な風を吹かせてあげて下さい”とご祈祷しました」 と語るのは、風の神(風神)を祀ることで知られる「龍田大社」(奈良県三郷町)の宮司・上田安徳さんだ。 ジャンプは風に左右される競技。向かい風だと飛距離がのびて有利になる。ソチ五輪では、高梨が跳ぶときに限って不利な追い風になっていた。 「それでも負けたことを風のせいには一切せず、“まだまだ努力しないといけないけど、やれることはすべてやってきた”と語っていました。“今はすべてを平昌にかけています”と、相当な覚悟をもっていることがひしひしと伝わってきました」 平昌では、彼女が跳ぶ番になると、ジャンプに有利な向かい風が吹いた。 「不思議ですよね。風の神さまが、高梨さんのために風を吹かせて下さったのでしょう」(上田宮司)【関連記事】高梨沙羅も実践「横隔膜呼吸」で脂肪と肩こり...more
カテゴリー:

女子選手メダルラッシュも苦しい台所事情 冬季スポーツ経費は男子の2倍 競技が続けられない - 02月20日(火)07:46 

平昌五輪で女子選手たちが大活躍している。小平奈緒、高木美帆、高梨沙羅がメダルを獲得。「史上最強」の呼び声もある今回の日本選手団だが、夏季に比べると認知度が低い競技が多いのも事実。選手らを取り巻く環境を調べた。
カテゴリー:

W杯53勝、個人「金」ならず…他にも大事なものがある - 02月19日(月)18:34 

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が男女を通じたワールドカップ(W杯)単独最多勝記録を狙うたび、この名が浮かび上がる。通算53勝で並ぶグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア…
カテゴリー:

高梨沙羅に似合う車 - 02月21日(水)21:47  news

平昌五輪のジャンプ女子で銅メダルを獲得した高梨沙羅(21)=クラレ=が14日、帰国した。 羽田空港で大勢のファンに出迎えられた高梨は「北京オリンピックでは金メダルが取れるように、 ここから新しいスタートを切りたい」とすがすがしい表情で話した。 https://www.asahi.com/articles/ASL2G4VTKL2GUTQP026.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

高梨沙羅 祖母語る「美メイクの理由」と「亡き祖父との約束」 - 02月21日(水)06:00 

(写真:アフロ) 「“がんばれ”という言葉がかけられないほど、この4年間を悲痛なまでにジャンプに注ぎ込んでいました。そんな張り詰めた生活のなかで、お化粧は唯一の気分転換。10代のころは、化粧が嫌いでしたから……。お化粧で運を引き寄せたのかもしれませんね」 と語るのはジャンプ女子で銅メダルをとった高梨沙羅(21)の祖母で、北海道上川町に住む豊子さん(74)だ。 “天才少女”として挑んだ14年のソチ五輪ではまさかの失速──。あれから4年、高梨は“プレッシャーに弱い”という汚名を返上し、平昌の表彰台で輝く笑顔を見せた。 体ももちろん成長したが、いちばん変わったのは顔に施されたメークの美しさだ。20歳になる少し前から本格的にメークをするようになった高梨。“顔と心はつながっている”をモットーに、「開運メーク」を提唱するメークアップアーティストの大野裕美子さんはこう評する。 「高梨さんは、メークアップで、理想の自分を表現することで、自信と勇気を手に入れ、平常心で競技に打ち込められているようでした。眉毛の毛流を一定方向に整えて目尻を美しく仕上げ、目標を成し遂げる強い意志を表現。アイラインを上手に入れて大きくした目は、ビジョンに迷いなく向かうメッセージが込められてい...more
カテゴリー:

韓国美人はなぜ同じ顔?整形大国のルーツを高須院長が明かす - 02月20日(火)08:46 

 2月9日に開幕した平昌冬季五輪。選手たちの活躍もさることながら、注目を集めているのが北朝鮮の美女応援団。“整形天国”として知られる韓国美女たちを凌駕する美貌ぶりで、各国メディアをにぎわせています。  8日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、コメンテーターで医師の宋美玄氏が「韓国の美人と違ってナチュラルな美人っていうか」とコメント。  たしかに、“韓国の美人はみんな同じ顔”と話題になることもありますよね。なぜ、そうなるのでしょうか。韓国の美容整形事情にも詳しい、高須クリニック・高須克弥院長に聞きました。教えて、かっちゃん! ◆「ルーツは僕です」と高須院長 ――韓国は「美容整形大国」として知られています。その一方で“整形美女がみんなソックリ”とも言われるのはどうしてなんでしょう? 高須「以前は、僕が教えた『美人顔の黄金比率』を忠実に守ってるドクターがいっぱいいたからだと思うよ」 ――え? あの“整形美女”のルーツは高須院長なんですか。 高須「そうだよ。その昔、韓国のお医者さんたちにいろいろな美容整形技術を教えたのは僕なの。高須クリニックを開業したのは1976年。今から40年ちょっと前だけど、当時の韓国は軍事政権下にあって、美容整形をおおっぴらにできる状態じゃなかった。だから、お金持ちはみんな日本で施術を受けてたの。  でも、美容整形って一回手術をすれば終わりとい...more
カテゴリー:

【平昌五輪】試合の2日後には日本に 日本選手の帰国ラッシュ ★2 - 02月20日(火)06:30  mnewsplus

ピョンチャン大会も後半に突入した。羽生結弦と小平奈緒の連日の金メダルに現地の士気も高まっているに違いない。 一方で日本では戦い終えた選手の帰国ラッシュが続いている。ジャンプの高梨沙羅も伊藤有希も、スノーボードの平野歩夢も試合の2日後には日本にいた。 もう平昌にはいないだ。そう思うと何とももったいない気分になる。 五輪は4年に1度、競技の枠を超えて世界中の選手が集う祭典だ。競技力だけを競う世界選手権と違い、スポーツを通じた若者の交流が目的とされている。 選手村で他競技の選手と交友を深めたり、試合...
»続きを読む
カテゴリー:

【平昌五輪】試合の2日後には日本に 日本選手の帰国ラッシュ - 02月19日(月)16:42  mnewsplus

ピョンチャン大会も後半に突入した。羽生結弦と小平奈緒の連日の金メダルに現地の士気も高まっているに違いない。 一方で日本では戦い終えた選手の帰国ラッシュが続いている。ジャンプの高梨沙羅も伊藤有希も、スノーボードの平野歩夢も試合の2日後には日本にいた。 もう平昌にはいないだ。そう思うと何とももったいない気分になる。 五輪は4年に1度、競技の枠を超えて世界中の選手が集う祭典だ。競技力だけを競う世界選手権と違い、スポーツを通じた若者の交流が目的とされている。 選手村で他競技の選手と交友を深めたり、試合...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「高梨沙羅」の画像

もっと見る

「高梨沙羅」の動画

Wikipedia

高梨沙羅(たかなし さら、1996年10月8日 - )は、日本の女子スキージャンプ選手である。2014年ソチオリンピック日本代表。2013年世界選手権混合団体金メダリスト、個人銀メダリスト。スキージャンプ・ワールドカップで歴代最多タイの53勝、シーズン個人総合優勝4回。

経歴

北海道上川郡上川町出身。上川町立上川中学校から旭川市グレースマウンテンインターナショナルスクールに進み、2014年に日本体育大学に飛び入学の形で入学した。父は元ジャンプ選手の高梨寛也で、兄もジャンプ選手で2015年ユニバーシアード代表でTB...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる